So-net無料ブログ作成
検索選択

「喜劇 負けてたまるか」 [映画]

kigekimaketetamaruka.jpg
〔1970年/日本〕


大学を中退し、就職もできず、
日々の暮らしに困っていた寺川友三(谷啓)は、
作詞家先生・奥田斗志夫に弟子入りすることになった。


しかし、奥田からはロクな扱いをしてもらえず、
さらに、
奥田の事務所で働く
寺川良子(浜美枝)と、
一線を越えてしまい、
強引に結婚させられる。


その後、奥田から破門を言い渡された友三は、
CM会社を作り、
これが軌道に乗る。
しかし、この会社は、
良子の元の夫に乗っ取られてしまう。


ひょんなことから、
深夜の生CMに出演した友三は、
アドリブが受け、
一躍大スターになるが・・・。





友人が送ってくださるDVDの中に、
クレージーキャッツの映画が沢山あり、
ここの所、立て続けに観ているわけだけれど、
その殆どが
植木等さん主演の、
出世もの。


それに対して、
本作は谷敬さん主演。


植木さんが、失敗も少なく、
とんとん拍子に出世街道を進んでゆくのに対して、
この映画の谷敬さんは、
失敗の連続。
上手くいきかけると、失敗、
そして、それをバネに成功して、また失敗、
の繰り返し。


でも、それがいい。
おしゃれでダンディな植木さんも大好きだけれど、
まん丸で、人の好さそうなお顔、
小太りな谷敬さんは、
植木さんより身近にいそうで、
親近感いっぱい。


それに、こんな彼でも、
結構女性にモテる。


浜美枝と、初めて一夜を明かした時、
谷敬さんは酔っぱらっていて、何も覚えていない。
で、恐る恐る、
「僕は昨日、失礼な事をしませんでしたか?」と
尋ねた時の、
浜さんのセリフが、
めっちゃ気に入った。


「据え膳食わぬは男の恥というけれど、
 お膳を据えたのに、食べてもらえないのは女の恥ですものね」と。


男の側からの「据え膳」云々は、
普通に聞く事だけど、
それを女の立場で言うのは、
初めて聞いたから。
「私に恥をかかせないで」くらいだったら、
よくあるけど、
ここでのキーワードは「膳」だから(笑)。


谷さんったら、
作詞家の嫁とも、
いい雰囲気になってるし(笑)。
ああいった容貌の男性には、
女もつい油断するのかもしれない(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(60)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「JKニンジャガールズ」 [映画]

JKninjagirls.jpg
〔2017年/日本〕


忍者の末裔で、現役女子高生の4人の少女たちは、
「JKニンジャガールズ」として、
日々、訓練に余念がない。


そんな中、関西から、
これまた忍者の末裔である、
4人のオッサンたち「忍者オヤジーズ」が、
やって来る。


「忍者オヤジーズ」は、
東京タワーを消滅させ、
首都を大阪にしようと計画している。
彼らは、一般の女子高生に憑依し、
「JKニンジャガールズ」と同じ高校に入ってくる。


本来は敵同士である、
「JKニンジャガールズ」と
「忍者オヤジーズ」だが、
それぞれのグループのメンバー、
霧隠ノエル(浜浦彩乃)と、
大野ノゾミ(井上玲音)が、
親友同士となってしまい・・・。





試写会で観た。


試写会でなかったら、
おそらく、TVで放映されても観なかったであろう(笑)。


しかも、劇場は銀座で、
土曜日で、
集合時間が朝の8時半。
普段の土日なら、朝ごはん食べたあと、
二度寝しようとしている時間だわ(笑)。
そんな早朝、銀座に行くなんて、
まずない事なので、
人や車の少ない通りが珍しくて、
なんだか楽しい体験だった。


主演の8人の女の子たちは、
「こぶしファクトリー」という、
ハロプロのグループなのだそうだ。


以前、つんく氏のファンだった頃、
私は「女のモーオタ」というくらい、
ハロプロのユニットには詳しかったけれど、
最近の事は全く分からない。
このグループも初めて知った。


ただ、
若い女の子たちが集団で何かするって、
やっぱり可愛いな、華やかだな、好きだな、と思う。
この映画も、
馬鹿馬鹿しいながらも、
飽きる事はなく、観てしまう。


そうか、
関西のオッサンたちは、
関東に嫌がらせにやって来るのか。
なるほど(笑)。


しかも、オッサンのくせに、
JKに憑依するとは図々しい(笑)。
「JKニンジャガールズ」に近づくにしたって、
教師とか、用務員さんとか、
他に、何にだってなりようがあろう。


「JKニンジャガールズ」の総監督みたいな役を、
浅野ゆう子が演じているのだけれど、
役名が、「ユリちゃん」(笑)。
緑色の服着て、
都民ファーストだと。
苗字は小池か?(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(59)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「夜のバラを消せ」 [映画]

yorunobarawokese.jpg
〔1966年/日本〕


オープンカーを飛ばし、
出会った女を全て虜にしてしまう、
徳川新六(石原裕次郎)。


彼は、政界を陰で牛耳る千成(東野英治郎)の指示で、
日本をダメにする大物たちに、
天誅を加えて回っているのだ。


現在のターゲットは、
政治家・津守(三島雅夫)、
洋品店主・中戸川(永井秀明)、
麻薬王・田門(清水将夫)。


新六は、まず、
津守の妻・高子(宮城千賀子)や、
中戸川の情婦・ゆかり(由美かおる)を篭絡し、
手懐ける。


その後、仕事は順調に進んだかに思えたが、
実はそこには罠があり・・・。





石原裕次郎がスポーツカーを操り、
モテモテで、
女の方から体を投げ出す役を
颯爽を演じている・・・のだけれど、


なんだかちょっと締まらない感じ。
体がモタモタしていて、
あまりカッコよく見えないからかもしれない(笑)。


ただ、言う事はご立派。
例えば、
モノにした高子が、
念を押すように、
「一夜限りの関係よ」みたいな事を言ったら、
「あなたの方が、僕を忘れられなくなったらどうします?」だと(笑)。


女にとって、
そこまで自信たっぷりな男って、どうなんでしょ?(笑)
「あなたが自分で思っているほど・・・」
という事にはならないのかしら?
想像するしかできないけど。


さらに、裕次郎さんは、
眠っている彼女の体に、
勝手に自分のイニシャルの刺青(?)を入れてしまう。
ひゃ~、
そんな事されたら、
今後の彼女の人生、めちゃくちゃだわ(笑)。


そんな裕次郎さんより、
女性たちの方が魅力的。


由美かおるさんは、
まだとっても若くて、
元気で、
小悪魔な感じがいい。


そして、素晴らしいのが芦川いづみさん。
全編、ほぼセリフ無しなのだけれど、
凄い存在感。
ラストの彼女は壮絶。


評価 ★★★☆☆

nice!(57)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「谷崎潤一郎『痴人の愛』より ナオミ 」 [映画]

chijinnoaiyorinaomi.jpg
〔1980年/日本〕


貿易会社を経営する河合譲治(斉藤真)が、
ナオミ(水原ゆう紀)と出会ったのは、
彼の行きつけのスナックだった。
アルバイトとして働き始めたナオミを
譲治は一目で気に入り、
デートに誘い出す。


同棲を始めた譲治とナオミだが、
最初の一年間、
2人は一線を越える事はなく、
譲治はナオミを理想の女性にするべく、
大切に育てる。


一年目に二人は結ばれるが、
ある日、譲治は、
家の前で、ナオミが若い男・浜田と
一緒にいるのを見てしまう。


「浜田はテニスクラブのお友達」。
そう言い張るナオミの言葉を信じるしかない譲治だったが、
その後、ナオミが不特定多数の男たちと
関係を持っているとの噂を聞き・・・。





先日、
叶順子さんの「痴人の愛」のレビューの中で、
「谷崎潤一郎『痴人の愛』より ナオミ 」という映画があるらしいと
書いたのだけれど、
やっぱり気になってレンタルしてしまった。


今まで観てきた、
古い3本の「痴人の愛」のナオミが、
登場した時から、
譲治を翻弄していたのに対して、
この映画の彼女は、
最初は意外としおらしい。


なにせ、譲治が服を買ってあげると、
ショップに行った際、
言いにくそうに、
「欲しい服が2着あるのだけれど、 
 2着とも買っていいでしょうか」
みたいな事を聞く。
これが叶順子だったら、
そんな事確認もせずに、とっとと買っていただろう(笑)。


そう、この映画のナオミは、
最初はとっても可愛い子ぶりっ子(死語?(笑))だ。
1980年といえば、
可愛い子ぶりっ子の代表格・松田聖子がデビューした年か。
何となく、世の中に、
そういった女の子が受けるみたいな風潮があったのだろうか。


そんなナオミを、
理想の女に育てようと、
調教する譲治なんだけど、
なんだか、理想の女と逆の方向に行っちゃってる気が。


しおらしかったナオミは、
どんどん淫蕩で我儘で蓮っ葉な女になっていくじゃないの。
この教育は失敗じゃない?(笑)


最初は、服を2着買う事さえ遠慮していた彼女の
浪費っぷりも凄い事になる。
譲治が朝、生活費として40万を渡すと、
なんと彼女は、一日でそれを使い切る。
譲治のセリフによると、
「今月だけで、もう200万も使っている」らしい。


羨ましいような話だわ(笑)。
たとえ、1日で40万を使えと言われたとしても、
貧乏性の私には、恐ろしくてできない(笑)。
そんな事がいとも簡単にできる女だからこそ、
魔性の女なのでしょうね。


そしてそれは、
他の映画と違って、
譲治が結構金持ちっぽい設定だから、
そんな場面が成立するのかも。


彼がナオミと暮らすために買った家も、
めっちゃ豪邸。
私は一日40万円を使う事はできないけど、
豪邸は大好き(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(60)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「だまされて貰います」 [映画]

damasaretemoraimasu.jpg
〔1971年日本〕


東北のある村に、伊賀良太郎(植木等)という男がやって来た。
政治家の秘書を名乗る良太郎は、
村の男・忠作(加藤茶)と、
忠作が惚れているハーフの娘・花子(小山ルミ)に、
「ここの村に、近いうちに新幹線が通る」と言い、
さらに、村人全員もそれを信じる。


良太郎が東京に帰った後、
騙されている事に気付いた村人たち。
しかも彼は、花子に、
「一緒に父親を捜してやる」と言い、
連れていってしまう。
忠作は怒り、2人を追いかけて、
自分も東京へ行く。


良太郎は、発明家・早川源内(谷啓)と知り合い、
源内が、
「ガソリンによる公害をなくす薬」の
研究をしている事を知る。
良太郎は、それを、
「水をガソリンに変える薬」だと勝手に吹聴し、
それを聞きつけたアメリカの企業から、
契約の話が持ち上がる。


アメリカに飛んだ良太郎、
アメリカに父を捜しに行った花子、
花子を追いかけて、これまたアメリカに行った忠作。
ハワイ、ニューヨークを舞台に、
ドタバタドタバタ・・・。





クレージーキャッツの映画も、
後半になると、
植木等さんが主役なのは変わらないけど、
もれなく加藤茶が準主役で出てくるという、
クレージーからドリフへシフトしようとする、
時代の流れ(単にナベプロの思惑か(笑))がよくわかる。


ただ、植木さんが、どんなに過剰な演技をしても、
どこかスマートに見えるのに対して、
加藤茶の演技は、ひたすらくどい(笑)。
世間がそういうものを求めた時代だったのか。
2人の質感が違うので、
同じ画面に収まっていても、
ピッタリ息が合っている・・・というほどではない。


他の、植木・加藤のコンビ映画では、
加藤が故郷を捨て、上京し、
植木さんがそれを追いかけるといったパターンが多いけど、
本作では逆。


さらに、物語は進んで、
ハワイ→ニューヨーク→ラスベガスへ。
本当に当時のナベプロは勢いがあったのね。
めっちゃ贅沢。


そして、広いアメリカで、
加藤茶は、
探している植木さんを必ず見つけるという(笑)。
有り得ないけど、
まぁ、こちらも、最初からそんなものだと思っているので、
特に文句はない(笑)。


加藤茶は、恋焦がれている小山ルミとも、
ニューヨークの公園でバッタリ再会。
その後、互いの気持ちを確認し合った2人が可愛かった。


クレージーキャッツの映画を観るようになった時、
個人的に、
メンバーの中で石橋エータローさんが一番気に入って、
彼を観るのが楽しみだったのだけれど、
70年に脱退してしまったのが残念。
喧嘩別れなどではなく、
病気が理由だそうだ。


評価 ★★★☆☆

nice!(62)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画