So-net無料ブログ作成

「アメリカン・アサシン」 [映画]

americanassassin.jpg
〔2017年/アメリカ〕


恋人とスペイン・イビサ島に出掛けた
ミッチ(ディラン・オブライエン)は、
ピーチでプロポーズし、幸せの絶頂へ。
しかし、直後、
テロ被害に遭い、
多くの犠牲者が出、
恋人も死ぬ。


激しい怒りに、
復讐に燃えるミッチは、
その能力を評価され、
CIAのスパイチームにスカウトされる。


厳しい教官・ハーリー(マイケル・キートン)のもと、
ハードな訓練をこなしたミッチは、
最前線に活躍できるまでに成長。


やがて、彼にミッションが下る。
ロシアから流出したプルトニウムで、
核兵器製造を目論むテロリストたちの
陰謀を阻止しろと・・・。





試写会で観た。


私にとって、
この映画は、
冒頭の15分が一番強烈で
全てな感じ。


なにせ、主人公のミッチは、
恋人と海外にバカンスに行き、
そこで、テロの被害に遭う。


そのテロというのが、
多くの人がくつろぐ浜辺で、
銃を乱射するという、
凄惨を極めたもので、
あんな場に自分がいたら、
撃たれてなくても、
撃たれたフリして横になって、
時間が過ぎるのを待つしかないな、という状況で。


そんな事で、
目の前で大切な人が殺されてしまったら、
その後の人生、
永遠に立ち直れないんじゃないかと
想像する。


ミッチも、それは同様だけど、
彼は凄いよ。


復讐を心に誓った彼は、
アラビアの言葉を習得したり、
銃や格闘技を学んだり、
見た目も、テロリストっぽくひげを伸ばしたりして、
ついに、単独で、
CIAでさえ突き止められなかった
テロリストとの接触に成功(笑)。


そんな事ってある?
CIAって、どんだけ能力低いの?(笑)
で、CIAは、
そんな彼の才能を買って、
CIAに入れって(笑)。


あとは、まぁ、
平凡なサスペンスかなぁ。


拷問の場面があるのだけれど、
これは直視できなかった。
思い出しても、ゾッとする。


評価 ★★★☆☆

nice!(52)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「セラヴィ!」 [映画]

cestlavie.jpg
〔2017年/フランス〕


ウエディングプランナー歴30年のマックスは、
これまで数えきれないほどの
結婚式をプロデュースしてきた。


今度の仕事は、
17世紀の城で行われる、
豪華な結婚式。


マックスはいつも通り、
パーフェクトな準備を進めていたはずなのだが、
当日やって来たスタッフは、
しわしわシャツに、ひげを伸ばしたウェイター、
新婦を口説き始めるスタッフ、
主役気取りのオーケストラ、
そして、つまみ食いばかりのカメラマンなどなど、
曲者揃い。


果たして式は成功できるのか・・・。





試写会で観た。


結婚式の映画という事からなのか、
今回の試写会は、
結婚式場で行われました。


今まで何度か試写会には行っていますが、
さすがに結婚式場というのは初めてで、
ドレスコードが気になります。


でも、特に注意書きもなかったので、
いつもの自分でいっか、と出掛けたら、
ジーンズのかたが沢山いて、ホッとしました。


上映されたのは、
実際、披露宴が行われるのであろう一部屋で、
スクリーンは、
おそらく、新郎新婦の幼い日を映すといった
演出に使われるであろうものが使われていました。


式場自体、とても綺麗で、
ヨーロッパのお城を模した作りなのだそうです。
ここに写真を掲載できればいいのですが、
すみません、撮影するのを忘れてしまいました。


せっかく場所をを提供してくださり、
映画を観させていただいたのですから、
式場の名前だけでも、書いておきます。
「アニヴェルセル 豊洲」です。
ご結婚の予定のある方がおられたら、
どうぞ、検索なさってみてください。


映画も、
フランスらしいコメディで面白かったです。


結婚式の映画というと、
新郎新婦の目線で描いたものが
多いかと思うのですが、


初老のウェディングプランナーの目線というのが、
なんだか可笑しく、
しかも、品が悪くならない程度に、
ドタバタ続き。


フランスには、
結婚式専門の式場というものがないそうで、
お城や、レストランや、自宅で行われ、
そのため、
ウェイターやカメラマンやオーケストラも、
全てプランナーさんが用意せねばならず、
だから、このような映画が作れるのですね。


新郎新婦は脇役のような映画ですが、
途中で、
新郎に、とんでもない出来事があり、
「えー!?」と思いながら、
口をポカンと開けて、見守ってしまう場面がありました。(笑)。


タイトルの「セラヴィ」とは、
「人生、こんなものさ」という意味のようです。


評価 ★★★☆☆

nice!(44)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

「ガザの美容室」 [映画]

Ghazzahnobiyoshitsu.jpg
〔2015年/パレスチナ〕


クリスティンは、
パレスチナ地区のガザで、
美容院を経営している。


そこには、
様々な女性が集ってくる。
離婚調停中の主婦、
結婚を控えた娘、
出産間近の女性・・・。


通りの向こうで
発砲音が聞こえ、
美容院の中でも、
軽い諍いが起こる。


けれど、女の一人が言う。
「戦争を始めるのは、いつも男。
 私たちが争ったら、それは男と同じになってしまう」と・・・。





試写会で観た。


もう全く、
私たち日本人にとっては、
ニュースの中でしか知らない、
非日常な世界が、


この映画の登場人物たちにとっては、
日常の出来事で、
このような国に生まれていたら、
そりゃあ、
人生も全然違っただろうというのが、
最初の感想。


美容室の中には女性しかいないけれど、
外では普通に、
銃撃音が聞こえているし、


それから、ビックリしたのが、
ライオンを連れた男が普通にいる事。


その男が、
嫌がらせのように、
美容院の前にライオンを座らせる。


日本でそんな事があったら、
街中がパニックになり、
大変なニュースになるだろう。


面白く思ったのは、
日本でも、
江戸時代、
床屋さんは、人が集まる交流の場所だったそうだけど、
こんなに文化が違う場所でも、
それは同じなんだなぁ、って事。


なんだろう、
髪をいじられる場所って、
人を開放的にするんだろうか。


とはいえ、
私は、ここ20年くらい、
美容院に行った事がなく、
髪はいつも自分で切っている。


別に美容院が嫌いなわけではないのだけれど、
行くのが面倒くさい(笑)。
だから、美容院をサロンのように思った事はないのだけれど。


・・・と、ここまで書いて思い出した。
美容院に行った事、
あるではないか。
ブログにも書いたんだ。


それはカンボジアに行った時。

http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2011-11-11-2

あれは楽しい体験だった。


評価 ★★★☆☆

nice!(50) 
共通テーマ:映画

「キスできる餃子」 [映画]

kissdekirugyoza.jpg
〔2018年/日本〕


イケメン大好き藤田陽子(足立梨花)は、
顔だけで選んだ夫に捨てられ、
幼い娘を連れて、
宇都宮の実家に帰る。


実家の餃子屋を継げばいいや、と、
考えていた陽子だったが、
実家に着いて愕然。
腰を悪くした父は、
もうとっくに、店をたたんでいたのだ。


陽子は、店を再開させようとするが、
陽子の結婚に猛反対だった父は、
出戻ってきた彼女に、
「自分は絶対手伝わない」と宣言。


陽子は、
自力で美味しい餃子の開発を始めるが、
中々うまくはいかない。


そんなある日、
新聞配達員・亮(田村侑久)に出会った陽子は、
またまた、イケメン好きの虫がムズムズと。
しかし、実は彼の正体は、
スランプで苦しむプロゴルファーだったのだ・・・。





試写会で観た。


夫に捨てられたシングルマザーが、
実家の宇都宮に帰って、
餃子店の再開に奮闘し、
さらに、恋をする、という物語。


「ご当地映画」と、
ホリプロのコラボと考えれば
いいのだろうか。
特に大きな矛盾点もないので、
ツッコミどころもなく、
気楽に観られる。


まぁ、現実離れしているとするなら、
恋に落ちる青年が、
実は、有名なプロゴルファーだったって部分。


ただ、そこも、
分からなくもない。
私も、ゴルフは全く知らないし、
有名なプレイヤーさんが目の前にいたとしても、
全く気付かないだろうから。


タイトル通り、
餃子が何度も出てくる。
餃子は大好きなので、
人物より、
そちらが気になる。
空腹の時、
観ない方がいいかも(笑)。


タイトルの、
「キスできる餃子」とは、
にんにくなどが入っていない餃子の事で、
主人公が考え出した、
乙女な(?)餃子の事らしいけど、


やっぱり、餃子には、
にんにくがいっぱい入っていた方が、
美味しい気がする。


デートの時は、2人で、
同じにんにくの入った餃子を食べればよろしい、
と思うのは、
私が、乙女でないからか(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(60)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

「サラエボの叫び」 [映画]

sarajevonosakebi.jpg
〔2017年/ボスニア・ヘルツェゴヴィナ〕


試写会で観た。


ヘヴィメタルバンド、アイアン・メイデンのボーカル、
ブルース・ディッキンソンが、
1994年に、
当時、戦時下にあったサラエボで、
ライブを行った時の様子を描いたドキュメンタリー。


時々書いているけれど、
私はヘヴィメタやハードロックが大好きなので、
この試写会に行ける事になって、
とても嬉しかったし、楽しみだった。
もちろん、アイアン・メイデンも好きなバンドの一つだ。


ただ正直、このような試写会に、
観客が来るのかという思いで、
劇場に向かったのだけれど、
なんと、超満員でビックリした。


しかも、
アイアン・メイデンのTシャツ着用率めっちゃ高し(笑)。
ヘヴィメタ、ハードロックのファンは、
まだまだ沢山いる。
そういえば、去年行った、
ナイトレンジャーのライブも満員だった。
 ↓
http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2017-10-11
なんか、嬉しい(笑)。



映像は、
いわゆる戦場カメラマンのような、
戦争に慣れているかたが撮っているのではないようで、
その分、とても生々しい。


カメラの目の前で、
幼い少年が、
頭を撃ち抜かれて死ぬ場面まである。
かなりの緊迫感。


映画の中でも言われる事だけど、
サラエボといえば、
1984年に、冬季オリンピックが行われた地だ。


オリンピックといえば、
平和と豊かさの象徴だと思うのだけれど、
(イメージだけかもしれぬが)
たった10年で、
一体何があって、内戦などという事態に陥ったのか。


けれど、そんな中でも、
ブルースは、ライブを敢行し、
人々は熱狂する。


やっぱり音楽はいい。
たとえ戦時下にあっても、
音楽を愛する心を、
人々は忘れてはいない。




映画の前に、
ハードロック評論家の伊藤政則さんが登壇され、
映画の解説をしてくださったのだけれど、


私は、10年ほど前、
イベントで伊藤さんと、
ほんのちょっとだけ会話した事があって、
1人勝手に、懐かしさを感じてしまった。


というのも、
大好きだった、あるドイツ人の女性ロッカーが来日した際、
30人ほどの小さなイベントに行ったのだけれど、
開催前に、
その女性ロッカーへの質問を書く紙を渡された。


憧れのロッカーと、
通訳さんを介してでも会話をするためには、
何とかして、質問を読んでもらわなくてはならない。
そのためには、
人と違う事を聞かなくては駄目だと考え、
「〇〇さんは、とてもお綺麗ですが、
 お化粧品はなにを使っているのですか?」と書いて出した。


すると、やった!(笑)
司会をされていた伊藤さんが、
私の質問を読んでくださったのだ(笑)。


その時、
ちょっとだけ、会話した、というわけで。
もちろん、女性ロッカーも、
私の質問に、
とても丁寧に答えてくださり、
嬉しかった事を思い出す。


すみません、
映画とは何の関係もない、
つまらない思い出話でした(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(59)  コメント(4) 
共通テーマ:映画