So-net無料ブログ作成

「ナラタージュ」 [映画]

narratage.jpg
〔2017年/日本〕


大学2年生の泉(有村架純)に、
高校時代の演劇部の顧問・葉山(松本潤)から
ある日、連絡が来た。
部員が少ないので、
卒業公演を手伝ってくれないか、と。


泉は、高校時代の自分を思い出す。
葉山に恋していた、
あの切ない日々を。


母校で葉山と再会した泉は、
胸の奥にしまっていた恋心が、
再び動き出したのを感じる。


そんな中、彼女は、
大学の同級生・小野(坂口健太郎)から
愛を告白され、
葉山への思いを断ち切るように、
交際を始めるが・・・。





懸賞でいただいたチケットで観た。
そんな事でもなかったら、
劇場で観ようとは思わなかっただろうけど、
私はどんな映画でも、
観られれば嬉しいので、
とてもありがたい。


それに、松潤の映画のチケットって、
相当な倍率だったのではないかと想像する。
ジャニーズが絡むのイベントの懸賞は、
ほぼ当たらないと考えた方がいい。
なので、とてもラッキーだ。
当選させていただけた事に感謝します。


で、映画。


出てくる人出てくる人、
みんなが苦しそうで、
辛い。


全員が、報われない恋に悩んでいる。
全員が、両思いのようで、片思いのようで。


でも、どんな恋でも、
しないよりはマシだと、
私は、いつもそう思ってる。


たとえ報われなくても、
その恋が、
一瞬でも人生に彩りを与えてくれたのなら、
それはとても幸せではないかと。


まして、この映画のキャッチコピー、
「壊れるくらい、あなたが好きでした」
という経験は、
誰もができるわけじゃない。


色々、思うところはあるけど、
無粋な事は言うまい。
「壊れるくらい、あなたが好きでした」
とまで言う恋に、
他人が口出しできるわけがない。


評価 ★★★☆☆

nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「怪談おとし穴」 [映画]

kaidanotoshiana.jpg
〔1968/日本〕


倉本治夫(成田三樹夫)は、
貿易会社の社長秘書。
頭脳明晰で、行動力も度胸もある彼は、
社長から、全幅の信頼を寄せられている。


社長の娘・みどりは、
そんな倉本に惚れ、
社長に、倉本をねだる。
娘を溺愛する社長は言った。
「みどりと結婚して、いずれは会社を継いでほしい」と。


巨万の富。
約束された未来。
貧乏だった自分にとって、
これは千載一遇のチャンスだ。
今まで自分を馬鹿にしてきた者を見返してやる。


しかし、倉本には秘密があった。
彼は、会社のタイピスト・悦子と、
肉体関係にあるのだ。
しかも、彼女は妊娠したと言う。


倉本とみどりの噂を聞いた悦子は逆上。
全てを社長に言い付けると言い出した。
そんな事をされては身の破滅。
倉本は悦子の首を絞め・・・。





男が出世のために、
今まで尽くしてくれた女を捨てる。
確かにそれはよくある話だ。


例えば、
モンゴメリー・クリフトとエリザベス・テーラーの
「陽のあたる場所」などは、
この映画のストーリーとほぼ同じだし、
四谷怪談だって、
そんなものだろう。


そして、どれも面白い。
なんだろう、
男の見る夢と、
女の見る夢の違いなのか。


特にこの映画、
成田三樹夫の、
冷徹で、打算的な演技が、
めっちゃ生きている。


彼は、タイピスト・悦子の体を、
思うままにしている。
どう見ても、そこに愛はない。
いわば、性欲の解消の道具と言っていい。


けれど、悦子は彼に惚れている。
もちろん、多少の計算はあろうが、
彼と結婚したいと思ってる。


しかもだ。


悦子は、成田に頼まれ、
外国人バイヤーと一夜を共にし、
成田は、そのおかげで契約が取れ、
社長から、その実力を認められたという経緯がある。
社長は言う。
「どんな手を使ったのかは分からぬが、凄い男だ」と。


成田は、悦子を殺すしかないと、
何度も頭の中でシミュレーションする。


で、その計画通りに殺される悦子。
あとはもう・・・怖い怖い。


評価 ★★★★☆

nice!(43)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」 [映画]

8nengoshinohanayome.jpg
〔2017年/日本〕


合コンで知り合った、
尚志(佐藤健)と麻衣(土屋太鳳)は、
愛を深め、
結婚の約束をする。


ところが、結婚式を間近に控えたある日、
麻衣が突然、
抗NMDA受容体脳炎という難病を発症、
意識不明の重体になってしまう。


何とか一命は取り留めたものの、
昏睡状態が続き、
尚志は、麻衣の両親から、
「婚約はなかった事に」と言われる。
しかし尚志は諦めず、
見舞いを欠かさない。


6年もの月日が経ったある日、
麻衣が目を覚ました。
その後は、順調に回復し、
車椅子を動かせるまでになるのだが・・・。





試写会で観た。


正直、最初は、
色々鼻について、
自分には合わないかも、と思いながら観ていた。


土屋太鳳演じる、主人公・麻衣が面倒くさい。
合コンで出会った佐藤健演じる、尚志に、
いきなり怒鳴りつけたり、
「あ・・・こういう女の子、ちょっと苦手かも・・・」と。


尚志も、同じくちょっと面倒くさい。
プロポーズの場面とか。
あーあ、私が10代だったら、
もっと感動したのかしら。
すっかり汚れちまって、
もう、この汚れは落ちないだろうなぁ(笑)。


そして、その後、
麻衣が難病に倒れるわけだけど、


ある日、麻衣が昏睡状態のまま、
手術を受ける事になり、
尚志が、彼女の両親に、
「大丈夫です、成功しますよ」みたいな事を言った時、
母親が、
「あなたは家族じゃないから、そんな事が言えるのよ!」って。


え?・・・何それ・・・。
確かに家族じゃないよ、
家族じゃないのに、
まだ嫁でもないのに、
あんなに献身的に尽くしてくれる尚志に向かって、
その言葉って・・・。
まぁ、母も、
心配が高じて、つい言ってしまったんだろうけど、
なんだかなぁ、って。


とにかく、そんなこんな、色々あるけど、
麻衣の意識が戻ってからの後半は、
それなりに感動できる。


少しずつ、少しずつ、
色々な事が出来るようになってゆく麻衣を観ていると、
良かったね、本当に良かったねと
心から安堵する。


脳って不思議だ。
ある人の事は覚えているのに、
別のある人の事は全く思い出せないとか、
そういう話って、よく聞く。


例えば、認知症の親が、
他人の事は覚えているのに、
実の子供の事を忘れてしまって、
子供がショックを受けた、とか。


いつか脳のメカニズムが解明されて、
そういった症状に対する治療方法が
見つかればいいのになぁと、本気で思う。


評価 ★★★☆☆

nice!(59)  コメント(3) 
共通テーマ:映画

「ローガン・ラッキー」 [映画]

loganlucky.jpg
〔2017年/アメリカ〕


ローガン家の人々は、
全員が運に見放されたように、
アンラッキーな事ばかりが起こる。


長男のジミー(チャニング・テイタム)は、
足が不自由なせいで仕事を失い、
妻は娘を連れて出て行った。
弟のクライド(アダム・ドライヴァー)は、
イラク戦争で片腕を無くし、
妹も冴えない美容師だ。


どん底の生活から抜け出したいと、
ジミーが考えたのが、
全米最大のカーレースの最中に、
会場から金を盗むという計画。


仲間が弟と妹だけでは心許無いと、
現在服役中の爆弾魔・ジョー(ダニエル・クレイグ)に
協力を仰ぐ。


ジミーは、ジョーを脱獄させ、
金を奪ったあと、
また刑務所に戻すという、
無謀とも思える計画を練り・・・。





試写会で観た。


これは中々面白い。
今まで、イケメン役の多かった、
チャニング・テイタムが、
不幸続きの男を演じ、


さらに、クールなジェームズ・ボンドのイメージが
定着しつつある、ダニエル・クレイグが、
才能が有るんだか無いんだか、
よく分からない爆弾魔を演じてる。


すっとぼけたセリフの応酬で、
劇場内からは、時折、笑い声が聞こえる。
犯罪物だけど、
コメディテイストというのがいい。


物語は、チャニング・テイタムがリーダー格となって、
レース中の会場で、
金を盗むわけだけど、


テンポがいい上に、
あぁ、もう駄目、見つかる・・・と思う場面も、
上手く切り抜け、
金を外へ持ち出す事に成功する。


しかも、その金の量がハンパない。
ゴミ袋いっぱいの金が、
一体、何袋あるんだってくらい、ある。
あの袋を一つ分けてほしい。
いや、あの袋の中の半分でもいいから(笑)。


それから、
犯罪の場面ではないけれど、
チャニング・テイタムには6歳くらいの娘がいて、
美少女コンテストのようなものに出場する。


それは、
”あの”ジョンベネちゃんが出ていたような
コンテストなんだけど、
娘は、当初、歌う予定の曲を勝手に変更し、
父のために、
「カントリーロード」を歌う。


すると、会場にいる人々みんなが、
声を合わせて歌い始めて、
それは、涙が出るくらい、良い場面だった。


物語が進み、
一息ついた頃に、
ヒラリー・スワンクが登場して、
「あ、そうだった」と思い出す。
彼女の名前もクレジットされてたっけ、と。


出番は短いけど、
カッコいい、存在感のある役だった。
やっぱり彼女は、
ああいった、
男っぽい役がよく似合う。


評価 ★★★★☆

nice!(61)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」 [映画]

kubo.jpg
〔2016年/アメリカ〕


幼い頃、父を殺され、
今は、母と2人でひっそりと暮らす、
少年・クボ。


クボが三味線を弾くと、
その音色で、折り紙が自在に動き出す。
そんな不思議な力を
人々に披露しては、
金を稼ぎ、母を養う日々。


ある日、
遂に追っ手に見つかってしまったクボ。
クボを助けようとした母が死に、
遂に彼は独りぼっちに。


そんな彼の前に、
世話好きなサルと、陽気なクワガタが現れ、
クボと一緒に旅に出る。
両親の仇を討つために・・・。





試写会で観た。


アメリカのアニメだけれど、
なぜか日本が舞台の、
日本の少年が主人公。


しかも、声優陣が凄い。
シャーリーズ・セロン、
レイフ・ファインズ、
ルーニー・マーラ、
マシュー・マコノヒーら、
現代ハリウッドを代表するような
俳優さんがメインキャラを担当。


そんな豪勢な皆様が束になって、
英語とはいえ、
日本人になりきって、
日本を描いてくださる。
何て嬉しい事だ。


日本人である事は誇りだ。
美しい日本。
人々が秩序を守って暮らす日本。
トランプ大統領が2泊した日本。
私は日本が大好きだ。


お話しは、
「こんなの日本じゃねーよ」的な、
違和感はそれほどない。
少年が主人公の時代劇だと思えば、
まぁ、有りかなという感じ。


そして、クボの敵が肉親というのも、
なかなかの肝だ。


クボにつきまとう2人の幽霊は叔母だし、
ラスボスは祖父。
肉親同士が一度揉め出すと、
赤の他人よりえげつないのは、
よくある事。
その辺も、面白く描かれる。


とても興味深く思ったのは、
お話は違和感がなくても、
登場人物たちの、ちょっとした仕草、
首を傾げるなどの動きが、
いかにもアメリカ人っぽい事。


日本人は、
ああいう時、
そういう動きはしないよなー、と思う場面多数。


上手く説明できなけれど、
見た目は日本の時代劇、
仕草はアメリカ人という感じで、
たとえアニメであっても、
そういったものが滲み出てしまうんだなぁと思うと、
なんだか可笑しい。


評価 ★★★☆☆

nice!(71)  コメント(12) 
共通テーマ:映画