So-net無料ブログ作成
検索選択

「フリーキー・フライデー」 [映画]

freskyfriday.jpg
〔1976年/アメリカ〕


アナベル(ジョディ・フォスター)は
13歳の女の子。
ホッケーや水上スキーが大好きな
活発な女の子。


アナベルのママは、
主婦は大変だと言うけれど、
あんなもの、誰にでもできる。
食事の支度をして、
お掃除して、
洗濯して、
あとはテレビ見ながら、ポテチ食べてるだけじゃない?


ママは、アナベルの態度が悪く、
成績が下がってきた事が心配でならない。
勉強してほしいのに、
遊んでばかりいて、
忙しい大人と違って羨ましい。


「ママになりたい」
「アナベルになりたい」
2人が同時につぶやいた途端、
なんと不思議。
心が入れ替わってしまったではないか!


ママになったアナベルは、お洗濯を始め、
アナベルになったママは、
ホッケーの試合に出るけれど、
失敗ばかりで・・・。





今ではすっかり大御所の感さえある
ジョディ・フォスターが
子役だった頃に主演した映画。


ディズニーだけど、
日本では未公開だったらしい。


とにかく途中までつまらない(笑)。
母親と娘の心が入れ替わるのは
まぁ、いいとしても、
展開がありきたりすぎて、
飽きる。


2人が、
心が入れ替わってしまった事について、
何の疑問もなければ、
元に戻そうと焦る様子を見せないのも変。
完全に受け入れちゃってるじゃん(笑)。


この流れだと、
「主婦業って」、「子供って」、
「意外と大変」って所に落ち着くのが見え見えで、
何の捻りもなく、
むしろ、いくら13歳だって、
洗濯機の常識的な使い方くらい知ってるだろうと、
そのわざとらしさが鼻につく。


ところが、
ラストのドタバタになると、
可笑しくて可笑しくて、
あはははは~と、
何度も声をあげて笑ってしまう。


さすがディズニー、
つまらないと思わせて、
ちゃんと面白い場面を用意しているのね。
やっぱり映画はきっちり最後まで観ないと駄目だ。


ジェイミー・リー・カーティスとリンジー・ローハンの、
「フォーチューン・クッキー」という映画の
タイトルだけは知っていたけど、
それがこの「フリーキー・フライデー」の
リメイクだと、今、初めて知った。


気になる。
近いうちに観てみなければ。


評価 ★★★☆☆

nice!(41)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「父の秘密」 [映画]

chichinohimitsu.jpg
〔2012年/メキシコ〕


ロベルト(ヘンナン・メンドーサ)は最愛の妻を交通事故で亡くし、
心機一転するため、
娘のアレハンドラ(テッサ・イア)と、
メキシコシティに引っ越す。


アレハンドラは新しい学校で友達もでき、
楽しそうにしている。
しかしロベルトは、妻を失ったショックから、
なかなか立ち直れていない。


友達の別荘に泊まりがけで遊びに行ったアレハンドラは、
そこでボーイフレンドのホセと性行為に及び、
その様子をホセのケータイで撮影する。


ところがホセがその動画をネットにアップし、
学校中が噂で持ちきりとなる。
そしてアレハンドラは、それがきっかけで、
壮絶なイジメの対象となってゆく。


修学旅行に出かけた先でも
激しいイジメに遭い、
アレハンドラは、そのまま姿を消す。
学校は彼女が死んだものと大騒ぎとなり、
イジメが発覚、
ロベルトの怒りは頂点に達し・・・。





辛くて辛くて、観ていられないほど辛い。
どこの国でもイジメはあるのだと、
分かってはいるけれど、
ここに出てくる少年少女たちのしている事は、
イジメではなく犯罪じゃないか。


主人公のアレハンドラは、
ボーイフレンドが撮影した性行為の動画がきっかけとなって、
イジメを受けるのだけれど、
トイレに男子生徒が入って来てセクハラされたり、
女生徒が作った、怪しげなケーキを無理矢理食べさせられたり、
地獄としか言いようがない。


修学旅行先でおこった事は、
酷すぎて、体に力が入ってしまう。
アレハンドラは、生徒たちから、
バスルームに閉じ込められ、
旅行の間じゅう、そこで寝泊まりする。
そして、入ってきた男子生徒に凌辱までされてしまう。


動画が出回ってしまったせいで、
生徒たちは、彼女には、
何をしてもいいみたいな雰囲気が蔓延してしまっている。


私は声を大にして言いたい。
特に若い女の子に。


今、どんなに好きな恋人がいたとしても、
絶対に、絶対に、
性的な動画や写真を撮らせてはいけない。


恋愛に夢中な最中は、
「この恋は永遠」と思うだろう。
その気持ちは分かる。
でも、いつしか熱情が冷め、
女の方からか、
男の方からか、
どちらかが別れを切り出した時、
相手が逆上しないという保証はない。


いや、もしかしたら、
その恋は永遠かもしれない。
2人はいつまでも仲良く、
撮った動画や写真は、
素敵な思い出になる事もあろう。


でも、それらを保存してるPCやケータイがウィルスに感染したら?
盗まれたら?
落したら?
あっと言う間に動画は流出し、
世界の裏側まで出回ってしまう。


私のような、いい年をした大人が
こんな事を言ったって、
小うるさいだけだろうけれど、
傷つく可能性のある行為は、
極力しない方がいいという、大人の分別。


これからの家庭や学校は、
そういった教育も必要だと思うなぁ。


評価 ★★★☆☆

nice!(59)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「猫と鰹節 ある詐話師の物語」 [映画]

nekotokatuobushi.jpg
〔1961年/日本〕


白神善六(森繁久彌)は、天才詐欺師。
4人の仲間(ミッキー・カーティス、三木のり平、森川信、千葉信男)と組んで、
今日も、カモを見つけ、
金を巻き上げる。


そんなある日、
善六は、店を買い替えたいというバーのマダム(草笛光子)の
存在を知り、
彼女が金を欲している事に付け込み、
200万円を騙し取った上に、
体までいただいてしまう。


騙されたと気付いたマダムは、
怒り狂い、
金を取り返すべく、
善六と組んで、盛大な賭場を開く。


ところが、
善六とマダムの仲に嫉妬した善六の妻が、
警察に密告し・・・。





ここの所、
植木等さんが詐欺師まがいの男を演じる映画を
立て続けに観ているけれど、
この映画の主演は森繁久彌さん。


同じコメディでも、
植木さんとはまた違った風情で楽しい。


まぁ、とにかく金金金。
世の中、それしかないのかというくらい
(ないんだろう(笑))
札束の山が、何度も何度も映し出される。


私は偽善者ではないので、
正直に書くけど、
やっぱり羨ましい。
テーブルに積まれたり、
鞄に入りきれないくらいの札束の、
全部とは言わないけど、
あの半分でももらえたら、
あれもしよう、これもしようと、
妄想は膨らむばかり。


そんな観る者の気持ちを代弁するかのような、
草笛光子さんの演技が秀逸。
彼女は、バーを買い替えたいという目標がある上に、
それが全くの夢物語ではないせいで、
余計に金を欲している。


で、札束を見る時、
瞳がキラっと光る。
あんなに綺麗な草笛さんが、
そこまで金に執着するというギャップ、
そして、金を失った時の号泣する様子に、
こちらは本気で感情移入してしまう。


そして、当然の事だけど、
森繁さんが上手すぎ。
この人、俳優じゃなかったら、
詐欺師になればいいのに、と思うくらい、
役にハマっている。


そして、好色なのもいつも通り(笑)。
そんな森繁さんの浮気癖に、
いつも目を光らせている妻を演じるのが、
乙羽信子さん。
彼女の演技が、また最高。


最後まで、どんでん返しで目が離せない。
詐欺師ものって面白い。


評価 ★★★★☆

nice!(62)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「プーサン」 [映画]

poosan.jpg
〔1953年/日本〕


予備校教師の野呂(伊藤雄之助)は、
冴えない中年男。
彼は、税務署員・金森風吉(藤原釜足)の家に
間借りしている。


予備校では、威張りくさった経営者から、
昼間だけでなく、
夜の授業まで押し付けられ、
生徒からは軽んじられ、
それでも、何も言えない。


野呂は、金森の娘で銀行員のカン子(越路吹雪)に
片思いしている。
何とか彼女と結婚できないかと、
あれこれ画策する。


ある日、野呂は、
学生に誘われ、
デモに参加するが、
その姿が新聞に大きく載ってしまい、
予備校をクビになる・・・。





伊藤雄之助演じる、
冴えない中年男の日常を描いた物語だけれど、
これが、何とも不思議な味わいで、
どう説明したらいいのか分からないけど、
面白い。


元々は、
毎日新聞に連載されていた、
横山泰三さんの4コマ漫画「プーサン」を
市川崑監督が映画化したのだそうだ。


伊藤雄之助さんも、とっても良いのだけれど、
私の一押しは、
越路吹雪さん演じるカン子。
素晴らしすぎる。


と思っていたら、
この映画、
「プーサン」だけでなく、
同じ横山さんの漫画、
「ミス・ガンコ」のエピソードも加えられているそうだ。
やっぱり(笑)。


この、カン子、
お世辞にも美しいとは言えず(ごめんなさい(笑))、
ガサツで、
ガンコで、
めっちゃ変わってる。


銀行の勤めを終えて、
帰ってくるのが、毎晩22時過ぎ。
母親が心配して、色々尋ねると、
どうやら、もう一人残業している人と張り合っていて、
「負けるのが癪だから、1分でもあとから職場を出る」んだと。


ひゃ~、信じらんない(笑)。
しかも、手当はうどん一杯だけだという。
私も会社は大好きだけど、
いくら好きでも、
帰りにグズグズするのは嫌だよ。
時間になったら、とっとと帰りたい(笑)。


で、母親に頼まれた野呂が、
様子を見に行くと、
蛍光灯だけの、暗い銀行内で、
カン子と、もう一人の行員が、
相手の様子を伺いながら、
無理に仕事を作って、残業している。
そのシュールな絵面ったらない(笑)。


カン子と野呂が、
デートする場面がある。
行き先は、ストリップ。
しかもそれは、カン子の希望。


カン子は、無心にお菓子を食べながら(←ここが重要(笑))、
食い入るようにステージを観ている。
むしろ、男性の野呂の方が、
困っているようで、
周囲をキョロキョロと見回している。


50年代の風俗はよく分からないけど、
カップルで来ているのは
彼らだけでなく、他にも何組もいる。
ただし、カン子たちと違うのは、
他のカップルはピッタリと体を寄せ、
ストリップを媚薬にしているように、
見受けられる。
恋人同士ですらないカン子と野呂だけが、
場内でも浮いている・・・。


あぁ、この感じ。
私の文章力では表現できない面白さ。
どう書きゃいいんだ、
と思うけど、まぁ、仕方ない。
これが限界だぜ(と開き直る(笑))。


できれば、
カン子を主人公に一本映画を撮って欲しかった。
もちろん、カン子役はそのまま越路吹雪さんで。


あれ、主演の伊藤雄之助さんでなく、
越路さんの事だけで、
原稿用紙が終わってしまった(笑)。


評価 ★★★★☆

nice!(67)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「喜劇 泥棒大家族 天下を盗る」 [映画]

kigekidorobodaikazoku.jpg
〔1972年/日本〕


福岡の筑豊炭田のある集落。
貧しそうに見えるその村だが、
人々の生活はなぜか豊か。


それもそのはず、
この村は、
親分・猪狩時之助(植木等)を頭に、
全員が強い絆で結ばれた、万引き集団。
定期的に、全国の有名デパート行脚をし、
商品を大量に盗み出す。


村の入り口には、
交番があり、
若い巡査・藤山(米倉斉加年)は、
彼らを逮捕しない上層部に
苛立ちを募らせるが、
老巡査・森川(伴淳三郎)は、
「万引きは現行犯が全て。どうする事もできない」と言う。


しかし、森川も何もしていないわけではない。
あるきっかけで、
村人全員の集合写真を撮った彼は、
それを全てのデパートに送っていたのだ・・・。





何だかどこかで観たような話だな、と思っていたら、
以前に観た、
「白昼堂々」という、
渥美清さん主演の映画と同じネタなのだそうだ。


しかし、なぜだろう、
この「泥棒大家族」は結構面白く観たのに、
「白昼堂々」の方は、
よく覚えていない。
ネットの評価も悪くはないので、
悪い映画ではないと思うのだけれど、
私には合わなかったのだろうか。


まぁ、「白昼堂々」はさておき、
この映画、
集落の全員が泥棒という大変な村が舞台。
なんと、実話だというから驚く。


いかにも貧しそうな家々が並び、
全員が生活保護を受けているというのだけれど、
家の中はビックリ。
当時としては、
豪華な家電やベッドがあり、
とても金が無いとは思えない生活っぷり。


そりゃそうだ。
それもこれも全部、
村人が万引きをして、
それを売って稼いだ金で買ったものだもの。
その収益を税務署に届けるわけがないものね(笑)。


そして、警察や民生委員が村に入ってくると、大変。
各家の中には、
歯車があり、
それを動かすと、壁が回って、
家電やソファーが隠れ、
貧しそうな、家具が現れるという仕組み。
からくり屋敷みたいでワクワクする。


っていうか、
派手な家電なんかより、
古い家具の方が、
21世紀のこの時代、
レトロモダンで、
私にはずっと素敵に思えるんだけど(笑)。


それから、村人たちの、
万引きのテクニックが凄い。
連係プレーとは、この事か、と。
どんな犯罪も、共犯者が多ければ多いほど破綻しやすいと、
今まで思ってきたけれど、
彼らの絆は、
共犯者などという言葉では片付けられない。
村全員の問題なので、
チャッチャと事が運ぶ。


狭い集落にありがちな、
男女問題の複雑さも、
またすごい。


現在ムショに入っている犬塚弘さんが出所するまで、
嫁にあてがう男を選ぶというのだが、
犬塚さんが、
ある条件を出し(どんな条件かは私には書けない(笑))、
それに従って、
あるものの品評会が行われる(それが何かも私には書けない(笑))。
村中が兄弟姉妹かよって(笑)。


ラストもシャレている。


評価 ★★★★☆

nice!(69)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画