So-net無料ブログ作成

浦沢直樹 手塚治虫を語る [美術]

urasawanaokitedukaosamuwokataru.jpg


8月20日。
池袋の自由学園で行われた、
「浦沢直樹 手塚治虫を語る」の
講演会に行ってきました。


浦沢直樹さんといえば、
「20世紀少年」や
「YARAWA!」などで知られる、
当代きっての人気漫画家さんであり、
手塚治虫フリークとしても
知られているという事で、
20日をとても楽しみにしていました。




1時間半ほどの講演は、
会場から何度も笑いが起こるほど面白く、
その時私が取っていたメモを読み返してみても、
ここには書ききれないくらいの、
手塚治虫さんのエピソードでいっぱいです。


私が強く印象に残ったのは、
手塚治虫さんの、
それはもう、異様とも言えるような
負けず嫌いだったというエピソードの数々。


例えば、70年代、
手塚漫画が低調と言われるその時期に、
台頭してきたのが、
梶原一騎さんに代表されるような、
数々のスポ根もの。


手塚さんは、アシスタントさんの机にあった、
その類を本を見つけると、
目に涙を浮かべて、
床に叩きつけ、
「こんなものの、どこが面白いんだ!」と叫ばれたそうだ。


そして、スポーツで表現される根性なんて、
根性でもなんでもない、と言わんばかりに、
別の形で、
もっと壮絶な根性を
漫画にしてみせたのだという。


私が、以前に、
手塚さんの、負けず嫌いなご性格や、
激しい嫉妬心の持ち主だったと知った時は、
あのような神様とも言えるようなお方にも、
そのような黒い心があるのかと、
とても驚いた事を覚えているのですが、


そういう部分があったからこそ、
凄い作品が生み出されたのだと、
浦沢さんのお話から、
それを強く感じましたし、
手塚さんも人間だったのだなぁと、
この年になってみると、
少し安心したりもして(笑)。





ステージに置かれた机の上には、
浦沢さんの手元が、
そのままスクリーンに映し出される機械が設置されていたのですが、
手塚さんの絵の特徴を説明されるために、
マジックで紙に絵を描かれたことに、
「うわっ☆」と、私の中で衝撃が。


浦沢さんほどの人気漫画家さんが、
今、目の前で絵を描いておられる。
その、「点の1つ」「線の1本」から、
自分はリアルで見ているんだ思うと、
言いようのない感動で胸がいっぱいで。





それから、1つ。


私がこの講演に出席できましたのは、
お友達のAさんがお誘いくださったおかげなのを、
ここに記しておきたいと思います。


このような個人的なメッセージは、
いつもはメールでするようにしているのですが、
諸事情により、
Aさんは、ご参加が適わなくなってしまい、
「内容については、ブログに書きますね」と
約束していたので、
書かせていただきました。


Aさんが誘ってくださったおかげで、
貴重な体験ができた事、
感謝しています。
Aさん、本当にありがとうございました。

nice!(66)  コメント(14) 
共通テーマ:映画

種村有菜 原画展 ~20th anniversary~ [美術]

tanemura3.jpg

現在、池袋の西武百貨店で開催されている、
漫画家・種村有菜さんの原画展に行ってきました。


誘ってくださった友人も、私も、
種村有菜さんの漫画は読んだことがなく、
知っている事といえば、
種村さん原作の「神風怪盗ジャンヌ」が
アニメになっているという事くらい。


でも、漫画を知らなくても、
友人も私も、
原画を見るのがとても好きなので、
喜んでお誘いをお受けしたというわけです。


会場に入ると、
お客様たちが、盛んに写真を撮っておられてビックリ。
知らなかったのですが、
この原画展は、
写真撮影OKなのだそうです。

tanemura2.JPG

それなら、と、
私も数枚撮らせていただきました。


漫画の原画展には何度か行っていますが、
毎回、その美しさには酔ってしまいます。

tanemura1.JPG

種村さんの絵も、
本当に綺麗でした。
全体的に、黒の服を着た女の子の絵が印象的。


今度、漫画を読んでみたいと思っています。

nice!(61)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

山岸凉子展「光-てらす-」メタモルフォーゼの世界 [美術]

yamagishi1.jpg


先日、友人と、
弥生美術館で開催されている
「山岸凉子展」に行ってきました。

yamagishi2.JPG


山岸さんの代表作といえば、
やはり「日出処の天子」。


ポスターにも、
「日出処の天子」の主人公・厩戸王子(のちの聖徳太子)が
描かれています。

-------

飛鳥時代。
天女と見紛うほどに美しい厩戸王子は、
人智を超えた不思議な能力を持っているが、
それ故、
実の母からも恐れられ、
深い孤独の中で生きている。


王子は、臣下・蘇我毛人を深く愛するが、
真面目な毛人は、
王子に尊敬の念を抱きながらも、
その気持ちを受け入れる事は出来ない。


毛人は、巫女の布都姫と愛し合うようになるが、
それを知った王子は、
激しい嫉妬に苛まれ・・・

-------

まったく、こんな粗筋しか書けない自分が
情けなくなりますが、
実際は、若い頃の聖徳太子の愛と苦悩を描いた、
傑作漫画です。


私は、この「日出処の天子」が
人生の漫画オールタイムベスト10に入るくらい大好きで、
何度読んでも、
そのストーリー構成と、
繊細な絵に引き込まれてしまいます。
(ちなみに他は、「愛と誠」と「こち亀」。
 それから、「5愛のルール」と「ふたりの童話」。
 あとの5本は決まっていない(笑))





展示されていたのは、
やはり「日出処の天子」が中心で、
さらにその中でも、
当然の事ながら、
美しい厩戸王子がメイン。


特に、
原画を壁一面に大きく引き伸ばしたものの
前に立った時は、
圧倒され、
涙ぐんでしまいました。


それは、
「賭弓の儀(のりゆみのぎ)」の際、
崇峻天皇から挑発された王子が、
群臣が固唾を飲んで見守る中、弓を射る場面。


yamagishi3.jpg


王子の能力を示す場面は多々ありますが、
これも最大の見せ場の一つ。
その場にいた額田部女王の
「要 要をピシッと決めるところは、
 さすが天才の名に恥じぬ」の言葉が
全てを表していると言っていい。


それからこれは、
壮絶な片思いの物語でもあります。


王子が、
焦がれて焦がれて、
心が壊れそうなほど恋する相手、蘇我毛人は
決して王子のものにはならず、
一番欲しいものが手に入らないのでは、
自分の能力など何の意味があろうかと。
なんて心の痛いお話なんだ。


なんだかすっかり「日出処の天子」の解説のように
なってしまいましたが、
展覧会は、
他にも山岸凉子さんの作品が
多数展示されていました。
私は山岸さんの漫画は、
短編集は結構読んでいるのすが、
長編は「日出処の天子」だけです。
これを機会に、色々読んでみようと思い、
早速図書館に「アラベスク」の予約を入れました。


漫画系の原画展に行ったのは、
今年に入って4度目ですが、
ブログに書いたのは「こち亀展」のみで、
「大和和紀原画展」と、
「LaLa原画展」は、
書きませんでした。
(なにせ気まぐれ、その日のノリだけで生きる女(笑))


上記の3回の原画展は、
デパートでの開催のせいか、
「ついでに」とか「とりあえず」のお客さんもおられるようで、
大変に混んでいたのですが、
この「山岸凉子展」は、
わざわざ行かなけばならない美術館のせいか、
人も少なく、ゆっくりとした気持ちで
展示物を観る事ができ、
満たされた思いがいたしました。


山岸さんのファンの方なら、
満足できる内容だと思います。

nice!(68)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

◎春画展◎ [美術]

昨日、話題の春画展に行ってきました。

image.jpg


平日の午後なら、それほど混んでいないだろうと思い、
ちょうど仕事が休みの昨日、ブラっと行ってみたのですが、
考えが甘かったようです。

shunga2.jpeg


ずいぶん沢山の方が来られている上に、
大変な熱気です。
今まで行った事のある絵画展で、
来場者がこれほど、
一つ一つの絵を時間をかけて、
真剣に見入っているのを見たのは、
初めてな気がします(笑)。


このような絵を、
大っぴらに見られる機会はあまりないし、
やっぱり多くの人は、
普段は口にはしないだけで、
色々、関心があるのだろうと思います。


まぁ、そうでなきゃ、人類は滅亡しちゃうものね(笑)。





ヨーロッパで春画展に行ったという、
岡本夏生さんが、
MXテレビの「5時に夢中」で、
ここにはとても書けないような事を、
大胆発言していましたが、
彼女の仰りたい事がよく分かりました(笑)。


日本人は、西洋人に比べて、
草食系というか、
性欲が弱く、性行為の回数も格段に少ないとのデータもあるようですが、
こういった絵を見ていると、
昔は今よりずっと大らかだったんじゃないか、と感じました。

nice!(80)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

◎藤城清治 自宅スタジオ展◎ [美術]

fujishiroseiji1.JPG

藤城清治さん。
その名前を聞いて、ピンとこない方はいても、
藤城さんの影絵を見れば、「ああ、これか」と思う方は多いのではないでしょうか。


藤城さんは現在87歳ですが、
まだまだ精力的にお仕事をこなしておられるそうで、
昨年出版された、爆笑問題の太田光氏の「マボロシの鳥」の
絵本版の挿絵を手掛けた事でも話題になりました。
(太田氏は藤城さんの大ファンだそうです)。


「藤城清治 自宅スタジオ展」は、
藤城さんのご自宅をそのまま開放し、
沢山の影絵が展示されてありましたが、
どれも本当に美しく、繊細で、
心洗われるような作品ばかりです。


鏡を上手く利用して、
影絵が無限に続くように見える展示など、
ただ見せるだけでなく、工夫もこらされておりました。


幻想的な作品の他にも、
広島の原爆ドームや、軍艦島を描かれた力作もあり、
しかも、それらは最近の作品だというのですから、
その衰えを知らない制作意欲には圧倒されます。

fujishiroseiji2.jpg

会場内は、写真撮影が許可されており、
そんな所にも、とても自由な空気が感じられました。
私はケータイで写真を撮るのがとても苦手で、
写したのはこれ一枚だけでしたが、
珍しくブレずに撮れていたので、嬉しく思いました。


藤城さんには、
これからもずっと、素晴らしい作品を作り出してほしいと願っています。
あの影絵の質感は、
世界でたった一つの宝だと思っています。

nice!(13)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート