So-net無料ブログ作成

「夜はいじわる」 [映画]

yoruhaijiwaru.jpg
〔1961年/日本〕


日本橋の鰹節問屋・土佐久は、
女傑の会長・てつ(北林谷栄)が実権の握っており、
誰も逆らえない。


しかし、婿養子の梅二郎(中村鴈治郎)が
ついに反旗を翻し、
出て行ってしまい、
そんなこんなで、てつも体調を崩し、
別荘に静養に。


残された梅二郎の長女・桂子(山本富士子)が
社長代理として店を切り盛りすることになるが、
融資を受けた会社から、
経営状況を見るという名目で、
大熊修吉(船越英二)が送り込まれてくる。


桂子は、大熊の口出しに反発し、
2人はどうにも、
ソリが合わない。


そんな2人を、
店の番頭・山中芳一(川崎敬三)が
気にかけ・・・。





山本富士子さんが、
老舗の鰹節問屋の経営を任され、
女だてらに奮闘する物語。


山本さん演じる桂子は、
老舗の長女としての自負があり、
なので、
いきなり派遣されてきた、
大熊という男と、
反目し合う。


元々、おっとり系の山本さんなので、
丁々発止というほどではないけれど、
大熊が提案する、
経営の見直しに、
「あなたに何が分かるの!」と、
絶対従おうとしない。
なんか笑える。


それでも、大熊のおかげで、
店に大きな注文が入り、
次第に彼の力量を認めてゆく山本さん。


ただ、私は、
船越英二さんより、川崎敬三さんが好きなので、
山本さんは川崎さんと結ばれてくれないかなーと
勝手に思っていた(笑)。
私がそんな事願ったって、
仕方ないけど。


それから、1961年当時の、
古い結婚観が分かるのも興味深い。


山本さんには、
水谷良重さん演じる妹がいて、
この妹は、
明日にでも恋人と結婚したいと望んでいる。


でも、
「姉より先に結婚するなど、とんでもない」と、
祖母は大反対。
周囲が、今どきそんなのは古いと言っても、
全然聞く耳を持たない。


山本富士子さんの祖母というのだから、
明治生まれであろうか。
当時はまだ、
こんなものだったのね。


どっちが先でも、
好きにさせてやりなよ、と、
スクリーンに向かって言いたくなった場面(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(65)  コメント(4) 
共通テーマ:映画