So-net無料ブログ作成

「フェリシーと夢のトウシューズ」 [映画]

Feliciestoyumenotoeshoes.jpg
〔2016年/フランス〕


施設で暮らすフェリシーは、
明るく活発な女の子。
バレリーナを夢見る彼女は、
大親友の少年・ヴィクターと、
施設から逃げ出す事に成功する。


パリに着いた2人だが、
ヴィクターとはぐれてしまったフェリシーは、
一人、オペラ座に忍び込み、
本物のバレエを見て、
胸が高鳴る。


フェリシーは、掃除婦をしているオデットと知り合う。
オデットは、元バレリーナだが、
怪我で引退し、
もう踊れない体になっている。


オデットの雇い主・ルオー夫人と、
娘のカミーユは、
とても意地悪。
2人はフェリシーに対しても、
辛く当たる。


ある日、カミーユに届いた、
オペラ座の合格通知を盗んだフェリシーは、
カミーユになりすまし、
入団する・・・。





試写会で観た。


アニメの試写会だけあって、
いつもと違い、
会場には、幼い子供の姿が多数見られる。


しっかし、この映画、
子供に見せていいんだろうか。


いや、別に、エロシーンがあるわけでも、
暴力シーンがあるわけでもない。
元気な女の子・フェリシーが、
夢の成就のために努力する、
可愛い映画だとは思う。


ただ、全編を通して気になってしまう。


・パリで最初に知り合ったのが、才能ある元バレリーナで、
 彼女からレッスンを受ける事になる。
・他人に来た入学通知を盗んで、他人になりすましてオペラ座に入団する。
・遅刻は問題外の最終オーディションに遅刻するも、
 許される。
・一度でも転んだら失格の最終オーディションで、
 転んだのに、許される。


などなど、様々なエピソードが。


こんなものを子供が観たら、
「困っていると、必ず都合のいい人が目の前に現れる」とか、
「自分がしたい事のためなら、手段は選ばなくていい」とか、
「上の者に気に入られさえしていれば、遅刻も失敗も許される」、
なーんて、様々な事が自然に刷り込まれそうだ。


実際、とても驚いたのが、
私が、半月ほどまえ、
「自分の甘さを痛感した」と書いた、
「ブランカとギター弾き」のレビューでの、

http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2017-07-28
「普段、意地悪な人間も、いざとなれば助けてくれる」
の部分が、
そのまま再現された場面があった事。


フェリシーは、今まで意地悪だったある人物から、
途中、有り得ないような親切を受ける。
超意地悪だった人が、手のひらを返したような
いい人になる。
「ウソでしょ?」と言いたくなるような。


「ブランカ~」で書いたように、
私を含めた、多くの方は、
このような物語を見て育ち、
刷り込まれ、大人になってゆくのだろう。
そして、挫折した時、
「聞いてないよー」となるのだろう。


東日本大震災が起こった時、
ヒーローが現れない事に愕然としたと、
前に書いた事があったけど、
それも刷り込み、全てが刷り込み(笑)。


・・・って、こんな感想、駄目なんでしょうね。
子供が子供である間くらい、
夢見させてやれよって(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(56)  コメント(6) 
共通テーマ:映画