So-net無料ブログ作成

「ハイドリヒを撃て! 『ナチの野獣』暗殺計画」 [映画]

Heydrichwoute.jpg
〔2016年/チェコ〕


1941年。
ヨーロッパの、ほぼ全域が、
ナチスドイツに占拠されている時代。


ヒトラーの後継者と呼ばれ、
ナチスナンバー3の実力者である、
ラインハルト・ハイドリヒの暗殺計画が、
イギリス政府と、チェコスロバキア政府の中で
企てられる。


ヨゼフ(キリアン・マーフィー)、
ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら、
7人の兵士が、
パラシュートで、チェコに送り込まれる。


彼らは、着々と暗殺計画を進め、
それを実行するまでに至る。
ところが、
ハイドリヒ殺害に怒ったナチスが
壮絶な復讐を・・・。





試写会で観た。


映画の前に、
ゲストの海老名香葉子さんが登壇され、
ご自身の戦争体験を語られた。

Heydrichwoute2.JPG

東京大空襲で、
家族全員を失われた海老名さんはしかし、
家族のご遺体が見つからないという理由で、
戦災孤児認定が受けられず、
国から配給される食べ物も貰えなかったそうだ。


国にしてみたら、
親がいるのに、食べ物をもらいに来る子供がいる事を
懸念しての事なのだろうが、
そこに、法律の限界を感じる。
そういった事って、現在の社会でも、
無数にある。


ところで、そんな戦争体験のお話を聞く中、
もう、めちゃくちゃ不謹慎すぎる事なのですが、
海老名さんというと、
今、発売されている週刊誌の事が、
私の頭の中をよぎってしまう。


海老名さんの次女さんが、
何か大変な話題になりそうなお写真をご披露されたとか。


私ったら、すごいタイミングだわ、と、
ミーハーな事になると、
割と運のいい(?)自分が可笑しい・・・
・・・って、すみません、書かなくてもいい事を。
ブログという性質上、
時事問題(なのか?(笑))にも触れておいた方がいいかな、と。


で、映画。


この、ラインハルト・ハイドリヒ暗殺事件は、
実際にあった歴史上の事件で、
「エンスラポイド作戦」というコードネームだったそうだ。


物語は、
ハイドリヒ自身の存在に重きは置かれず、
それを実行した、
ヨゼフとヤンの私生活が描かれる。


2人は、暗殺計画を練るうちに、
それぞれ、
女性と知り合い、恋に落ちる。


そんな切羽詰まった時に、と思うけれど、
切羽詰まっているからこそ、
そのような気持ちになったのかもしれないし、
恋をするのに、
時も場所もない、という事なのかもしれないし。


ハイドリヒの暗殺場面もハラハラするけれど、
その後のラスト30分が壮絶。
ナチスの冷酷さ、
戦争の悲惨さに、
呆れたり、悲しくなるばかり。


ただ、以前観た、トム・クルーズの、
「ワルキューレ」よりは納得がいった。


「ワルキューレ」の、
ヒトラー暗殺計画は、
失敗すると最初から知っているだけに、
観ていて、空しいだけだったから。


この事件を扱った映画は、
今まで2本、
「死刑執行人もまた死す」と、
「暁の七人」がある。
どちらもタイトルだけは知っていたけど、未見。
そのうち、観てみようと思う。


評価 ★★★☆☆

nice!(62)  コメント(9) 
共通テーマ:映画