So-net無料ブログ作成

「幼な子われらに生まれ」 [映画]

osanagowareraniumare1.jpg
〔2017年/日本〕


信(浅野忠信)と奈苗(田中麗奈)は、
再婚同士の夫婦。
奈苗の連れ子の女児2人との
4人暮らし。


信は、元嫁(寺島しのぶ)が育てている実子と、
年に4回の面会が許されている。
信はその日を楽しみにしている。
しかし、奈苗はその事を、
快くは思っていない。


奈苗は、元夫(宮藤官九郎)から、
DVを受けた挙句、離婚した。
元夫の事など、
これっぽちも思い出さないし、
興味もない。


ところが、
奈苗が妊娠し、それを娘たちに告げたところ、
小6の長女が、
突然反抗的になり、
「本当の父親に会いたい」と言い出す・・・。





試写会で観た。


上映前に、
三島有紀子監督、浅野忠信さん、
田中麗奈さん、宮藤官九郎さん、
そして、子役の女の子たちの舞台挨拶。

osanagowareraniumare2.jpg

浅野さんは、とてもシャイで、
「俺はスターだぜ」みたいな驕った様子がまるで感じられない、
素敵なかただった。


田中麗奈さんは、映像で観るよりずっと綺麗。
黒いドレスがめっちゃ似合ってる。


宮藤官九郎さんは、いつも通り(笑)。
ビーサンのようなものを履いているのが可笑しい。
「クズ男の役ですけど、嫌いにならないでね」、と仰り、
笑いを誘う。


皆さんのお話によると、
リアルで自然な感じを出すために、
必ずしも脚本通りにセリフを言わなくてもいいし、
脚本にない動きをしてもいいという事で、
撮影が進められたそうだ。


で、感想。


「どうすりゃいいんだ」という言葉が何度も頭の中を去来する。
再婚同士の夫婦に子供ができた途端、
水面に石を投げたように、
広がる波紋。
特に、思春期に差し掛かった長女のショックは大きく、
その反抗っぷりには、
観ているこちらも戸惑い、
どう手を付けていいのか分からない。


長女にしてみたら、
母と、義父の間に子供が生まれてしまったら、
義父と血の繋がらない自分の存在はどうなるのか、
不安でいっぱいな気持ちなのだろう。
それも分からなくはない。


でも、反抗される義父にしたら、
たまったものではない。
「こんな家、嫌だ」
「あんたは私のお父さんじゃない」
「あんただって、実子と会ってるじゃん」
「部屋に鍵を付けて」などなど、
毎日、そんな言葉を浴びせられたら、
子供の言う事とはいえ、
次第に神経が擦り減っていっても仕方がない。


ところで、浅野忠信演じる、
この夫は、
妻が妊娠した事に戸惑い、
「堕胎」も選択肢の一つだと考えている。


なんだかなぁ。
なんか、勝手。
再婚同士の夫婦が、
子供について話し合う事はなかったのだろうか。
長女の反抗は想定外としても、
将来のビジョンも何も無いまま、
ただ情熱に任せて、だったのだろうか。
若いカップルじゃあるまいし。


それから、どうしても説得力に欠けるのが、
宮藤官九郎のキャラクター。


彼は自分のDVのせいで、
田中麗奈と離婚した過去があるわけだけど、


この手の話しで
一番怖いのは、
そういう男が、
ストーカー化する事じゃない?


でも彼は、
「自分は結婚はもう真っ平。
 婚姻中は、田中麗奈の存在が鬱陶しくてたまらなかった。
 だから彼女に嫌われる事なら何でもした」
と言う。


そんなキャラ設定だから、
彼の存在は脅威になるわけでもなく、
なんか拍子抜け。
結構いい人じゃん、と思える場面すらある。
現実の事は分からないけど、
これは映画なのだから、
もう少し、捻りがほしい所だ。


「田中麗奈が重い」という事だけど、
私から見たら、
普通の専業主婦。
特別、夫に依存しているようにも見えない。
鬱陶しいと言われるほどの事はしていない。


あと一歩、惜しい感じ・・・って、エラソーね(笑)。
おそらく、世間の評価は
高いんだろうなぁとは思う。
いい映画「っぽい」雰囲気。


もちろん、悪くはないです。
色々、考えさせられます。


評価 ★★★☆☆

nice!(56)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画