So-net無料ブログ作成

「少女ファニーと運命の旅」 [映画]

shoujofannytounmeinotabi.jpg
〔2016年/フランス〕


1943年、フランス。
13歳の少女・ファニーは、
両親と別れ、
ユダヤ人の子供たちを匿う施設に預けられていた。


ところが、密告者のせいで、
施設を出ざるを得なくなり、
別の施設に行くも、そこの居場所も分かってしまう。


スイスに行く以外、生き延びる道はない。
ファニーたち、9人の子供は、
列車に乗ろうとするが、
引率の女性とはぐれてしまい、
子供だけで、越境しなければならなくなる。


様々な困難を乗り越えながら、
ファニーらは、
スイスまでたどり着けるのか・・・。





試写会で観た。


実話だそうだ。


最初から最後まで、
緊張感が続く。
ユダヤ人という理由だけで、
逃げ回ざるを得ない子供たち。


引率の女性から、
「今日からあなたがリーダーとして、
 皆を引っ張って」と指名され、
戸惑う少女ファニー。
「自分より年上の子もいるではないか」と。


でも、そういう事って、
年齢ではないと思う。
強い精神力と、
的確な判断能力。
それがファニーにあったからこそ、
女性は、全てを彼女に託したのでしょうし。


そして、女性の期待通り、
頑張るファニー。


子供たちがドイツ兵に捕まり、
監禁される場面がある。
観ているこちらにしたら、
このドイツ兵たち、子供相手に、
本当に大人げないと思ったけれど、
彼らは彼らで任務を全うしなければ、
自分の命が危ない、
好きでやってるわけじゃないんだ、と思い直す。


森の中で暮らす、
親切な男性の世話になる場面もある。
けれど、そこにもドイツ兵の追手が。
ユダヤ人を匿えば、
匿った者も罪を問われる。


私には、ここが一番辛い場面だった。
自分の存在のせいで、
他人に迷惑を掛けるなんて、
人として一番嫌な事ではないか。
ユダヤ人に生まれた事は
ファニーたちのせいじゃないのに、
なんで、こんな目に遭わなければいけないんだ。


爆撃や死体の無い反戦映画。
子供たちだけの逃避行が、
心に沁みる。


評価 ★★★☆☆

nice!(76)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画