So-net無料ブログ作成
検索選択

「新しい人生のはじめかた」 [映画]

image.jpg
〔2008年/アメリカ〕


CMの作曲家・ダスティン・ホフマンは、
娘の結婚式に出席する為、
ニューヨークからロンドン行きの飛行機に乗る。


ホフマンは、ヒースロー空港で、
統計課の女性・エマ・トンプソンから、
アンケートに答えてほしいと声を掛けられるが、
「急ぐから」とつれなく断り、ロンドン市内へ。


結婚式の前夜祭に出席したホフマンは、
娘と元妻、元妻の現夫、その他の親族たちが、
和気藹々としているのを見て、強い疎外感を覚える。


一方、トンプソンは、
友人に男性を紹介されるが、
偶然の出来事から、
強い孤独を感じてしまう。
そして、そんな間にも、
面倒をみている母親から、ひっきりなしに電話がかかって来る。


翌日、帰りの飛行機に乗り遅れたホフマンが、
店で酒を飲んでいると、
昨日、アンケートを断ったトンプソンが
一人本を読みながら食事をしている事に気付き・・・。





孤独な中年の男女が出会って恋に落ちる・・・
まぁ、そのあたりは、
ありきたりといえば、ありきたりだけれど、


それより何より、
「大勢の人と一緒にいるからこそ感じる孤独」の描き方が上手くて、
「分かるー」という思いで観ていた。


まず、エマ・トンプソン。
彼女は、友人に男性を紹介してもらうために、
あるバーに行くのだけれど、
そこで、偶然居合わせた、
男性の友人たちが同席する事になる。


自分以外は、全員、知り合い。
みんなが笑っている話題でも、
自分にはさっぱり理解ができない。


そんな時のいたたまれなさ、
かといって、大の大人が不機嫌な顔もできず、
笑顔でいるしかない時の辛さ、
この世に自分はたった一人ぼっちなんじゃないかと
大げさかもしれないが、
そんな風にまで感じてしまう悲しさって、
おそらく多くの方が体験した事があるんじゃないだろうか。


ダスティン・ホフマンはもっと悲しい。


離婚した妻や、愛する娘は、
もうとっくに新しい家族を築いていて、
それは、自分の時よりも、
ずっと絆が強そうだ。


さらに彼は、娘から、ヴァージンロードは、
義理父と歩くと言われ、完全に打ちのめされる。


離婚した時点で、
そんな事は想定内、と言ってしまえばそれまでだけど、
そんなに強い人ばかりじゃない。
当たり前だと思っている事に、
傷つく事だってある。


そんな2人が出会って、
次第に仲良くなっていく様子に、
観ているこちらもホッとできる。


評価 ★★★☆☆

nice!(60)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画