So-net無料ブログ作成
検索選択

「プーサン」 [映画]

poosan.jpg
〔1953年/日本〕


予備校教師の野呂(伊藤雄之助)は、
冴えない中年男。
彼は、税務署員・金森風吉(藤原釜足)の家に
間借りしている。


予備校では、威張りくさった経営者から、
昼間だけでなく、
夜の授業まで押し付けられ、
生徒からは軽んじられ、
それでも、何も言えない。


野呂は、金森の娘で銀行員のカン子(越路吹雪)に
片思いしている。
何とか彼女と結婚できないかと、
あれこれ画策する。


ある日、野呂は、
学生に誘われ、
デモに参加するが、
その姿が新聞に大きく載ってしまい、
予備校をクビになる・・・。





伊藤雄之助演じる、
冴えない中年男の日常を描いた物語だけれど、
これが、何とも不思議な味わいで、
どう説明したらいいのか分からないけど、
面白い。


元々は、
毎日新聞に連載されていた、
横山泰三さんの4コマ漫画「プーサン」を
市川崑監督が映画化したのだそうだ。


伊藤雄之助さんも、とっても良いのだけれど、
私の一押しは、
越路吹雪さん演じるカン子。
素晴らしすぎる。


と思っていたら、
この映画、
「プーサン」だけでなく、
同じ横山さんの漫画、
「ミス・ガンコ」のエピソードも加えられているそうだ。
やっぱり(笑)。


この、カン子、
お世辞にも美しいとは言えず(ごめんなさい(笑))、
ガサツで、
ガンコで、
めっちゃ変わってる。


銀行の勤めを終えて、
帰ってくるのが、毎晩22時過ぎ。
母親が心配して、色々尋ねると、
どうやら、もう一人残業している人と張り合っていて、
「負けるのが癪だから、1分でもあとから職場を出る」んだと。


ひゃ~、信じらんない(笑)。
しかも、手当はうどん一杯だけだという。
私も会社は大好きだけど、
いくら好きでも、
帰りにグズグズするのは嫌だよ。
時間になったら、とっとと帰りたい(笑)。


で、母親に頼まれた野呂が、
様子を見に行くと、
蛍光灯だけの、暗い銀行内で、
カン子と、もう一人の行員が、
相手の様子を伺いながら、
無理に仕事を作って、残業している。
そのシュールな絵面ったらない(笑)。


カン子と野呂が、
デートする場面がある。
行き先は、ストリップ。
しかもそれは、カン子の希望。


カン子は、無心にお菓子を食べながら(←ここが重要(笑))、
食い入るようにステージを観ている。
むしろ、男性の野呂の方が、
困っているようで、
周囲をキョロキョロと見回している。


50年代の風俗はよく分からないけど、
カップルで来ているのは
彼らだけでなく、他にも何組もいる。
ただし、カン子たちと違うのは、
他のカップルはピッタリと体を寄せ、
ストリップを媚薬にしているように、
見受けられる。
恋人同士ですらないカン子と野呂だけが、
場内でも浮いている・・・。


あぁ、この感じ。
私の文章力では表現できない面白さ。
どう書きゃいいんだ、
と思うけど、まぁ、仕方ない。
これが限界だぜ(と開き直る(笑))。


できれば、
カン子を主人公に一本映画を撮って欲しかった。
もちろん、カン子役はそのまま越路吹雪さんで。


あれ、主演の伊藤雄之助さんでなく、
越路さんの事だけで、
原稿用紙が終わってしまった(笑)。


評価 ★★★★☆

nice!(68)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画