So-net無料ブログ作成
検索選択

「喜劇 負けてたまるか」 [映画]

kigekimaketetamaruka.jpg
〔1970年/日本〕


大学を中退し、就職もできず、
日々の暮らしに困っていた寺川友三(谷啓)は、
作詞家先生・奥田斗志夫に弟子入りすることになった。


しかし、奥田からはロクな扱いをしてもらえず、
さらに、
奥田の事務所で働く
寺川良子(浜美枝)と、
一線を越えてしまい、
強引に結婚させられる。


その後、奥田から破門を言い渡された友三は、
CM会社を作り、
これが軌道に乗る。
しかし、この会社は、
良子の元の夫に乗っ取られてしまう。


ひょんなことから、
深夜の生CMに出演した友三は、
アドリブが受け、
一躍大スターになるが・・・。





友人が送ってくださるDVDの中に、
クレージーキャッツの映画が沢山あり、
ここの所、立て続けに観ているわけだけれど、
その殆どが
植木等さん主演の、
出世もの。


それに対して、
本作は谷敬さん主演。


植木さんが、失敗も少なく、
とんとん拍子に出世街道を進んでゆくのに対して、
この映画の谷敬さんは、
失敗の連続。
上手くいきかけると、失敗、
そして、それをバネに成功して、また失敗、
の繰り返し。


でも、それがいい。
おしゃれでダンディな植木さんも大好きだけれど、
まん丸で、人の好さそうなお顔、
小太りな谷敬さんは、
植木さんより身近にいそうで、
親近感いっぱい。


それに、こんな彼でも、
結構女性にモテる。


浜美枝と、初めて一夜を明かした時、
谷敬さんは酔っぱらっていて、何も覚えていない。
で、恐る恐る、
「僕は昨日、失礼な事をしませんでしたか?」と
尋ねた時の、
浜さんのセリフが、
めっちゃ気に入った。


「据え膳食わぬは男の恥というけれど、
 お膳を据えたのに、食べてもらえないのは女の恥ですものね」と。


男の側からの「据え膳」云々は、
普通に聞く事だけど、
それを女の立場で言うのは、
初めて聞いたから。
「私に恥をかかせないで」くらいだったら、
よくあるけど、
ここでのキーワードは「膳」だから(笑)。


谷さんったら、
作詞家の嫁とも、
いい雰囲気になってるし(笑)。
ああいった容貌の男性には、
女もつい油断するのかもしれない(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(61)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画