So-net無料ブログ作成
検索選択

「夜のバラを消せ」 [映画]

yorunobarawokese.jpg
〔1966年/日本〕


オープンカーを飛ばし、
出会った女を全て虜にしてしまう、
徳川新六(石原裕次郎)。


彼は、政界を陰で牛耳る千成(東野英治郎)の指示で、
日本をダメにする大物たちに、
天誅を加えて回っているのだ。


現在のターゲットは、
政治家・津守(三島雅夫)、
洋品店主・中戸川(永井秀明)、
麻薬王・田門(清水将夫)。


新六は、まず、
津守の妻・高子(宮城千賀子)や、
中戸川の情婦・ゆかり(由美かおる)を篭絡し、
手懐ける。


その後、仕事は順調に進んだかに思えたが、
実はそこには罠があり・・・。





石原裕次郎がスポーツカーを操り、
モテモテで、
女の方から体を投げ出す役を
颯爽を演じている・・・のだけれど、


なんだかちょっと締まらない感じ。
体がモタモタしていて、
あまりカッコよく見えないからかもしれない(笑)。


ただ、言う事はご立派。
例えば、
モノにした高子が、
念を押すように、
「一夜限りの関係よ」みたいな事を言ったら、
「あなたの方が、僕を忘れられなくなったらどうします?」だと(笑)。


女にとって、
そこまで自信たっぷりな男って、どうなんでしょ?(笑)
「あなたが自分で思っているほど・・・」
という事にはならないのかしら?
想像するしかできないけど。


さらに、裕次郎さんは、
眠っている彼女の体に、
勝手に自分のイニシャルの刺青(?)を入れてしまう。
ひゃ~、
そんな事されたら、
今後の彼女の人生、めちゃくちゃだわ(笑)。


そんな裕次郎さんより、
女性たちの方が魅力的。


由美かおるさんは、
まだとっても若くて、
元気で、
小悪魔な感じがいい。


そして、素晴らしいのが芦川いづみさん。
全編、ほぼセリフ無しなのだけれど、
凄い存在感。
ラストの彼女は壮絶。


評価 ★★★☆☆

nice!(57)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画