So-net無料ブログ作成

「谷崎潤一郎『痴人の愛』より ナオミ 」 [映画]

chijinnoaiyorinaomi.jpg
〔1980年/日本〕


貿易会社を経営する河合譲治(斉藤真)が、
ナオミ(水原ゆう紀)と出会ったのは、
彼の行きつけのスナックだった。
アルバイトとして働き始めたナオミを
譲治は一目で気に入り、
デートに誘い出す。


同棲を始めた譲治とナオミだが、
最初の一年間、
2人は一線を越える事はなく、
譲治はナオミを理想の女性にするべく、
大切に育てる。


一年目に二人は結ばれるが、
ある日、譲治は、
家の前で、ナオミが若い男・浜田と
一緒にいるのを見てしまう。


「浜田はテニスクラブのお友達」。
そう言い張るナオミの言葉を信じるしかない譲治だったが、
その後、ナオミが不特定多数の男たちと
関係を持っているとの噂を聞き・・・。





先日、
叶順子さんの「痴人の愛」のレビューの中で、
「谷崎潤一郎『痴人の愛』より ナオミ 」という映画があるらしいと
書いたのだけれど、
やっぱり気になってレンタルしてしまった。


今まで観てきた、
古い3本の「痴人の愛」のナオミが、
登場した時から、
譲治を翻弄していたのに対して、
この映画の彼女は、
最初は意外としおらしい。


なにせ、譲治が服を買ってあげると、
ショップに行った際、
言いにくそうに、
「欲しい服が2着あるのだけれど、 
 2着とも買っていいでしょうか」
みたいな事を聞く。
これが叶順子だったら、
そんな事確認もせずに、とっとと買っていただろう(笑)。


そう、この映画のナオミは、
最初はとっても可愛い子ぶりっ子(死語?(笑))だ。
1980年といえば、
可愛い子ぶりっ子の代表格・松田聖子がデビューした年か。
何となく、世の中に、
そういった女の子が受けるみたいな風潮があったのだろうか。


そんなナオミを、
理想の女に育てようと、
調教する譲治なんだけど、
なんだか、理想の女と逆の方向に行っちゃってる気が。


しおらしかったナオミは、
どんどん淫蕩で我儘で蓮っ葉な女になっていくじゃないの。
この教育は失敗じゃない?(笑)


最初は、服を2着買う事さえ遠慮していた彼女の
浪費っぷりも凄い事になる。
譲治が朝、生活費として40万を渡すと、
なんと彼女は、一日でそれを使い切る。
譲治のセリフによると、
「今月だけで、もう200万も使っている」らしい。


羨ましいような話だわ(笑)。
たとえ、1日で40万を使えと言われたとしても、
貧乏性の私には、恐ろしくてできない(笑)。
そんな事がいとも簡単にできる女だからこそ、
魔性の女なのでしょうね。


そしてそれは、
他の映画と違って、
譲治が結構金持ちっぽい設定だから、
そんな場面が成立するのかも。


彼がナオミと暮らすために買った家も、
めっちゃ豪邸。
私は一日40万円を使う事はできないけど、
豪邸は大好き(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(60)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画