So-net無料ブログ作成
検索選択

「だまされて貰います」 [映画]

damasaretemoraimasu.jpg
〔1971年日本〕


東北のある村に、伊賀良太郎(植木等)という男がやって来た。
政治家の秘書を名乗る良太郎は、
村の男・忠作(加藤茶)と、
忠作が惚れているハーフの娘・花子(小山ルミ)に、
「ここの村に、近いうちに新幹線が通る」と言い、
さらに、村人全員もそれを信じる。


良太郎が東京に帰った後、
騙されている事に気付いた村人たち。
しかも彼は、花子に、
「一緒に父親を捜してやる」と言い、
連れていってしまう。
忠作は怒り、2人を追いかけて、
自分も東京へ行く。


良太郎は、発明家・早川源内(谷啓)と知り合い、
源内が、
「ガソリンによる公害をなくす薬」の
研究をしている事を知る。
良太郎は、それを、
「水をガソリンに変える薬」だと勝手に吹聴し、
それを聞きつけたアメリカの企業から、
契約の話が持ち上がる。


アメリカに飛んだ良太郎、
アメリカに父を捜しに行った花子、
花子を追いかけて、これまたアメリカに行った忠作。
ハワイ、ニューヨークを舞台に、
ドタバタドタバタ・・・。





クレージーキャッツの映画も、
後半になると、
植木等さんが主役なのは変わらないけど、
もれなく加藤茶が準主役で出てくるという、
クレージーからドリフへシフトしようとする、
時代の流れ(単にナベプロの思惑か(笑))がよくわかる。


ただ、植木さんが、どんなに過剰な演技をしても、
どこかスマートに見えるのに対して、
加藤茶の演技は、ひたすらくどい(笑)。
世間がそういうものを求めた時代だったのか。
2人の質感が違うので、
同じ画面に収まっていても、
ピッタリ息が合っている・・・というほどではない。


他の、植木・加藤のコンビ映画では、
加藤が故郷を捨て、上京し、
植木さんがそれを追いかけるといったパターンが多いけど、
本作では逆。


さらに、物語は進んで、
ハワイ→ニューヨーク→ラスベガスへ。
本当に当時のナベプロは勢いがあったのね。
めっちゃ贅沢。


そして、広いアメリカで、
加藤茶は、
探している植木さんを必ず見つけるという(笑)。
有り得ないけど、
まぁ、こちらも、最初からそんなものだと思っているので、
特に文句はない(笑)。


加藤茶は、恋焦がれている小山ルミとも、
ニューヨークの公園でバッタリ再会。
その後、互いの気持ちを確認し合った2人が可愛かった。


クレージーキャッツの映画を観るようになった時、
個人的に、
メンバーの中で石橋エータローさんが一番気に入って、
彼を観るのが楽しみだったのだけれど、
70年に脱退してしまったのが残念。
喧嘩別れなどではなく、
病気が理由だそうだ。


評価 ★★★☆☆

nice!(62)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画