So-net無料ブログ作成

「痴人の愛」 [映画]

chijinnoai.jpg
〔1960年/日本〕


河合譲治(船越英二)は、
職場で、「堅物」「君子」とあだ名される、
真面目で融通の利かない中年男。


しかし彼には、
誰にも話していない秘密があった。
池袋のアルバイトサロンで一目惚れした
若い女・ナオミ(叶順子)を引き抜き、
部屋に住まわせ、
譲治の理想の女として育てているのだ。


ナオミに英語やピアノを習わせ、
教養を身に付けさせようとする譲治だが、
彼女は、そのようなものには全く身が入らず、
ピアノ教室で知り合った男たち(田宮二郎・川崎敬三)と
遊び回っている。


「男たちとは遊ぶだけで、肉体的接触はない」と言う、
ナオミの言葉を無理矢理信じていた譲治だが、
ある日、
決定的現場を見てしまう。


怒り狂った譲治は、
ナオミを家から追い出すが・・・。





現在、角川シネマ新宿で開催されている、
「おとなの大映祭」。

otonanodaieisai.png

ラインナップの中に、
3回映画化された「痴人の愛」の、
ソフト化されていない、
叶順子版が入っていたので、
「やった!」と思い、早速出掛けた。


いいねぇ、
譲治とナオミのコンビは(笑)。


譲治はナオミを飼って(人間に使う言葉じゃないが)、
自分の思う通りの女にさせようとしているけれど、
実は、ナオミに翻弄され、
いいように扱われている。


譲治が仕事から帰ると、
家の中はぐちゃぐちゃ。
どんなに疲れていても、
お片付けする(笑)。


そして、
「ねぇぇ~、パパ~、お車買ってぇ~」と甘えられ、
最初は突っぱねても、
結局、買ってやる。


いや、彼が英語を教える場面などは、
結構、厳しいのだよ。
ただ、ナオミは全くやる気がない。
ナオミは、最初から、
譲治の思う通りの女になろうなんて気は
さらさらないし。


実際、譲治は、
ナオミにどうなってほしいのか。
教養を身に付けた、
貞淑な女?


でも、本当は彼は、
奔放な彼女に翻弄されている自分を
喜んでるんだよね?
もしナオミが、
貞女になったりしたら、
一番困るのは譲治なんじゃないかしら(笑)。


叶順子さんが、ナオミの突き抜けていている感じを
上手く演じている。
彼女は、ボーイフレンドたち全員と
関係しているけれど、
それを、
譲治に対する裏切りだとかは、
まるで思っていない、というか、
裏切りなんて概念さえないようで、
とにかく享楽的に生きているだけ。
羨ましく思う人も、実は多かったりして(笑)。


京マチ子さん版を観た時、
ラストが原作と違う気がしたけど、
こちらは近いかな。


さきほど、
「痴人の愛」は3度映画化されていると書いたけれど、
調べてみると、
どうやらもう1本、
「谷崎潤一郎『痴人の愛』より ナオミ 」という、
エロ映画っぽい作品が、
80年に劇場公開されているようだ。


これも観た方がいいんだろうか。
迷うけど、
観ないと、
「痴人の愛」を制覇したとは言えない気がするしなぁ(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(64)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画