So-net無料ブログ作成

「ジェーン・ドウの解剖」 [映画]

janedoenokaibou.jpg
〔2016年/イギリス〕


バージニア州のある町で、
一家が惨殺される事件が起こる。
そして、その家の地下から、
全裸で埋められていた、
若く、美しい女の遺体が発見される。


「ジェーン・ドウ」と名付けられた遺体は、
検死官のトミー(ブライアン・コックス)が経営する、
遺体安置所に運び込まれる。
トミーと、息子のオースティン(エミール・ハーシュ)は、
早速、検死に取り掛かる。


「ジェーン・ドウ」の体に外傷は無いのだが、
内臓は傷だらけ、
骨も砕けている。
皮膚を傷つけずに、そのような拷問ができるのか。


体内から、花や、
布に包まれた歯が出てくる。
布には、何か書かれているが、
その意味は分からない。


検死を進めてゆくうちに、
不可思議な事が起こり始める。
何かがおかしい・・・。





怖い、怖すぎる。
そんなに怖いなら、
金払ってまで観なけりゃいいじゃんと、
自分でも思うけど、
でも、観たかったから観た(笑)。


美しすぎる遺体、「ジェーン・ドウ」。
彼女のルックスは完璧で、
死んでいるとはいえ、
このような全裸の女性を目にしたら、
男性は一瞬でも「あ」と思うのではないかと、
不謹慎な事を考えてしまう。


しかし、そんな美しすぎる遺体を解剖してゆくうちに起こる
恐ろしい出来事。
死体には慣れているはずの、
ベテラン検死官・トミーは
最初は全く動じなかったけれど、
次第に恐怖に駆られていくのが分かる。


安置所に置かれている全ての遺体の足には
鈴が付けられている。
昔は、仮死状態の人を
完全に死んだと勘違いした事があったそうで、
その名残りだという。
さすがに、現代は、
そのような間違いはないと。


こう書くと、
展開は読めるだろう。
死んだはずなのに、
聞こえてくる鈴の音・・・
・・・書いているだけで怖い(笑)。


それにしても、
遺体安置所と検死所と火葬場が
1セットで、
民間が経営してるってのにビックリ。
これは、アメリカでは普通の事なんだろうか。
それともフィクション?


ラストも、読めるけど怖い。
最初から最後まで怖い。


評価 ★★★★☆

nice!(66)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画