So-net無料ブログ作成
検索選択

「いつまた、君と ~何日君再来~」 [映画]

itsumatakimito.jpg
〔2017年/日本〕


81歳の祖母・芦川朋子(野際陽子)が
脳梗塞で倒れているのを
発見した孫の理は、
慌てて救急車を呼ぶ。
理は、朋子がいじっていたパソコンの中に、
彼女の思い出を綴った手記があるのを発見する・・・。


第二次大戦中に、
朋子(尾野真千子)と吾郎(向井理)は出会った。
「中国に行く」と言う吾郎に、
朋子は、「あなたに付いていく」と宣言。
2人は結婚する。


2人の男の子に恵まれ、
幸せな日々だったが、
敗戦。
命からがら日本に戻った夫婦は、
朋子の実家に身を寄せる。


しかし朋子の父の嫌がらせに耐え切れなくなった夫婦は、
独立。
運送屋、食べ物屋など経営し、
何とか食べていこうとするが・・・。





試写会で観た。


この物語は、
向井理君のお祖母様が書かれた
手記を元にした、実話なのだそうだ。


映画の前に、
「家族へのラブレターコンテスト」の
上位3名の方の表彰式があり、
その「ラブレター」が読まれた。

itsumatakimito.jpg

娘から母へ宛てたもの、
夫から妻へ宛てたもの、
どのお手紙も感動作で、
聞き入ってしまう。


で、映画。


戦後の辛い時期に、
懸命に生き抜く夫婦。


向井理演じる吾郎さんが、
「さあこれから」という時になると、
怪我をしたりだなんだと、
運が悪い。


ただ、妻の朋子さんが、
決して弱音を吐かないのが救い。
もし彼女が、
「どうすんの!こんなに悪い事ばかりで!」と
吾郎さんを責めるような女だったら、
この物語は成立しない。


生活はとても苦しそうだけど、
おそらく、
戦後は、どこの家も似たり寄ったりだったのだろう。


サブタイトルの、
「何日君再来(ホーリージュンザイライ)」は中国の歌のタイトルで、
「今宵、君と別れたら、今度はいつ会えるだろう」という
意味なのだそうだ。
なんだかいい。


ところで、生で見た向井君の、
カッコ良さ、顔の小ささに圧倒され、
その立ち居振る舞い、お話の仕方に、
知性と品の良さが感じられ、
「好青年」という言葉は
彼のためにあるようだと思ったわけだけれど、


その流れで思い出されるのが、
小出恵介君。


向井君と小出君は、
ドラマ「のだめカンタービレ」の仲間であり、
あのドラマに出演していた俳優さん全員は、
私の中で、
特別な位置にいたというのに、


なんで美人局みたいな、
馬鹿なものに、
引っ掛かってしまったのか。


「のだめカンタービレ」では、
役柄的には、
小出君の方が重要で、
向井君は脇役な感じだったのに、
なんだか、今回の一件で差が付いてしまった気がして。


本当に残念。
事件にどのような裏があるにせよ、
それに引っ掛かった小出君の甘さに問題があるわけで、
まぁ、今回の措置は仕方ないけれど、
人には立ち直る権利もある。
なんとかまた、元気になってほしい。


今後の成り行きを見守りたいですな。


評価 ★★★☆☆

nice!(71)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画