So-net無料ブログ作成
検索選択

「彼女の人生は間違いじゃない」 [映画]

kanojonojinseihamachigaijanai.jpg
〔2017年/日本〕


東日本大震災から5年が経った、
福島県いわき市。
市役所の職員・みゆき(瀧内公美)は、
津波で母を失い、
父(光石研)と仮設住宅で暮らしている。


みゆきは、週末になると、
高速バスで東京に行く。
彼女は誰にも内緒で、
渋谷のデリヘルでアルバイトをしているのだ。


客がいい人間ばかりとは限らない。
危ない目に遭いそうになると、
ケータイで事務所に連絡する。
するとスタッフの三浦(高良健吾)が飛んできて、
助けてくれる。


父は、補償金を使い果たす勢いで、
パチンコ三昧の日々。
そんな父に、
みゆきの苛立ちは募るが・・・。





試写会で観た。


上映前に、
廣木隆一監督、
瀧内公美さん、
高良健吾君、
柄本時生君、
光石研さんの舞台挨拶があったのだけれど、

kanojonojinsei2.jpg

それよりなにより、
「うわっ」と思った出来事が。


会社の帰りに、
時間ギリギリに劇場に到着した私が、
焦ってロビーへのエスカレーターを降りてゆくと、
なんだろう、エスカレータの先に、輝くようなオーラを感じる。


そのオーラの方を見ると、
何という事か。
高良健吾君が目の前にいるではないか。
思わず、「ウソでしょ・・・」と。
舞台挨拶を前に、スタンバイしていたらしい。


以前、「笑っていいとも!」に高良君が出演した時、
タモリ氏が、
「俺、自分がこの顔だったら、有頂天になるな」と言っていたのを思い出す。
至近距離で見た高良君のカッコよさに、
今になって、タモリ氏の言葉に深く肯いてしまった(笑)。


で、映画。
真面目な地方の市役所職員の女が、
土日は東京でデリヘル嬢を・・・
と書くと、
なんだかショッキングな内容のようだけど、
それだけがテーマではない。
震災から5年が経っても、
まだ立ち直れずにいる、
市井の人々の生活と地域の様子が描かれる。


なぜ、デリヘルなのか。
そこがイマイチ私にはよく解からなかった。
月並みだけど、
八方塞の現状の打破?
でも、それなら、
特に性風俗でなくてもいいのでは。
いや、何かを変えるには、
それくらいの事をしなければ駄目なのか。


ただ、
現実から少し離れて、
違う自分になってみたい、というのは、
分からなくもない。
例えば、私が映画を観るのだって、
現実逃避という意味が多分にある。


彼女は、昔の恋人から連絡をもらい、
会いに行く。
「もう一度やり直そう」と言った彼と、
ホテルに行った彼女は、
デリヘル嬢をしていることを
打ち明ける。


元恋人は、
一瞬驚くけれど、
「それでもいい」と。


その辺りに、
このタイトルの意味があるのかもしれないな。
「彼女の人生は間違いじゃない」。
人の人生に、
正解も間違いもない。


人は、
全てを受け止め、
許し、許され、
生きていく。


評価 ★★★☆☆

nice!(68)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画