So-net無料ブログ作成
検索選択

「ラプチャー 破裂」 [映画]

rupture.jpg
〔2016年/アメリカ〕


その朝、シングルマザーのレネー(ノオミ・ラパス)は、
洗面台にいた蜘蛛を見て震え上がり、
悲鳴を上げた。
それを聞いた小学生の息子は、
慣れた手つきでそれを捕まえ、庭に放した。
レネーは、この世で一番蜘蛛が苦手で、
息子もそれを心得ているのだ。


息子を、元夫に預けた帰り、
車を運転した彼女は、
突然、複数の男女に拉致される。


気が付くと、そこはベッドの上。
拘束され、身動きが取れない。
何やら、人体実験が行われる模様で、
恐怖に慄く。


すると、何という事か、
大きな蜘蛛を、
体に這わせられる。
ぎゃー!
やめて、やめて、やめてくれー!・・・





この映画を知った時から、
公開されたら、
絶対観に行こうと決めていた。


というのも、
私にも、死ぬほど苦手で、
直視することもできない生き物がいるのだ。
それが何かは、絶対、ここには書かない、書きたくない。
名前を書くのも嫌というのもあるし、
何かのきっかけで、
私が誰かから嫌がらせを受けるようなことになったとして、
玄関先に、その生き物を置かれることを、
想像しただけで、ゾっとするから。


それほど嫌いな生き物を、
ずっと与え続けられたら、
人は一体どうなってしまうのか、
興味があった。
慣れるのか、
気が狂うのか。


ただ、想像とは少し違っていた。
主人公のレネーが蜘蛛を投与される場面は、
少ない。
記憶が正しければ、
2回だけ。


映画のほとんどは、
レネーが、いかにして、
この不気味な実験所から逃げ出すかがメイン。
彼女が監禁された建物は、
ほとんど窓もなく、
外へ通じるドアも見つからない。


それに、廃墟のように汚くて、
医学的実験をするに相応しい、
清潔な場所とはとても言えない。
そんな所も、
ホラーっぽい雰囲気を出すのに成功している。


逃げ出そうと、
様々な部屋を覗き見る中で、
レネーは、他の被験者の様子を知る。


「死ぬほど嫌いなもの」は、
蛇の人もいたし、
でも、
生き物だけとは限らず、
自分を虐待した親の映像だったり、
高い所から落とされる事だったり、
本当に様々。


なるほど、そういった物まで含めると、
私も、嫌いなものは
もっと他にもあるわ(笑)。


実験者たちの正体は、
ちょっと意外だった。
あのオチなら、どんな物語でも作れるね(笑)。
まぁ、面白かったけど。


評価 ★★★☆☆

nice!(69)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画