So-net無料ブログ作成

「美女&野獣」 [映画]

bijo&yaju.jpg
〔2009年/オーストラリア〕


ある国で、
国王が危篤となり、
後継者選びが急務となる。


どうしても次期国王になりたいルドルフは、
魔女を味方にし、
その座を狙う。


一方、村一番の美女・ベル(エステラ・ウォーレン)は、
森を歩いているとき、
恐ろしい野獣と遭遇する。
実はこの野獣こそ、
国王のたった一人の息子で、
王位継承権第1位の人物であったが、
魔女に姿を変えられ、
森の奥で暮らしているのだ。


恐ろしい野獣を倒せば、
国民の信頼を得られると考えたルドルフは、
野獣を狙い・・・。





なんとまぁ(笑)。
これがオーストラリアの「美女と野獣」か。
いや、違う、
「美女&野獣」ね。
「と」と「&」の間には、
天と地ほどの差があるらしい(笑)。


一番印象に残ったのは、
エステラ・ウォーレンの巨乳(笑)。
何もそこまで盛らなくたって、というくらいでかく、
彼女が走ればユサユサと揺れ、
屈むと、大きさがさらに強調され・・・
・・・すみません、女の言う事じゃないですね(笑)。


とはいえ、
今、調べていて知ったのだけれど、
このエステラさん、
元は、シンクロナイズドスイミングの選手で、
かなりのところまで行った人だったのね。
シンクロするのに、
あの胸は邪魔だっただろうに・・・
・・・って、まだ言ってる(笑)。


しかも、最初から最後まで、
1着の衣装で通した彼女の、
スカートが超ミニで。
森に行くのにそんな服じゃ、蛇に噛まれるよ、と、
アウトドアとはまるで縁のない私なのに、
知ったかぶって言いたくなったくらい(笑)。


衣装も1着だけど、
村人の人数も凄い。
全部で20人くらい(笑)。
ルドルフも、そんな村で国王になったって、
嬉しくなかろうに(笑)。


ストーリーも、
「美女と野獣」をビミョーにかすっている程度。
なんでこんな話にしたんだか。


日本では劇場未公開だったらしい。
まぁ、これに1,800円取ったら、
怒る人続出しそうだから、
映画会社は賢明な判断だったと思うけど(笑)。


まぁ、いい。
巨乳が好きな人、
ミニスカートが好きな人、
暇で暇で暇で仕方ない人には、
超おすすめです(笑)。


評価 ★★☆☆☆

nice!(59)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画