So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月| 2017年06月 |- ブログトップ
前の5件 | -

「結婚行進曲」 [映画]

kekkonkoushinkyoku.jpg
〔1951年/日本〕


カナ子(杉葉子)と伊野(伊豆肇)は、
同じアパートの二階と三階に住む恋人同士。
金が無く、なかなか結婚できないうえに、
小説家志望の伊野は、
仕事に身が入らず、
勤務先の会社をクビになってしまう。


怒ったカナ子は、
会社に乗り込み、
専務・中原(上原謙)に、
伊野のクビを取り下げてくれるよう、談判。


すると、カナ子の早口とバイタリティを見込んだ中原は、
彼女をセールスレディとしてスカウト。
一緒に得意先を回るようになる。


ところが、
中原とカナ子ができているのでは、との噂が立つ。
中原の妻・鳥子(山根寿子)の耳にも、
その噂が入り、
ショックで実家に帰ってしまう・・・。





まぁ、とにもかくにも、
杉葉子演じるカナ子の早口だけが、
観終わったあとも、
頭の中から消えないくらい、凄い(笑)。


よくも、これだけのセリフを覚えたものだ、というくらい、
立て板に水というか、
マシンガントークというか、
彼女が喋りだすと、
周囲の人が注目して、
自分の手を止めてしまうほど。


そんな彼女を見込んで、
上原謙がセールスレディに雇うわけだけど、


昔の人は偉いなぁ。
会社をクビになり、
彼女に養われるような形になった、
恋人の伊野は、
「ラッキー!」などとは思わず、
不甲斐ない自分を嘆く。
男は外、女は内、
という形以外は考えられないみたいだ。


カナ子は、
その辺には、あまり拘りがないようで、
「いいじゃない。働ける方が働けば」みたいな事を言う。
そして、
そんな事をマシンガンのように、一人でさんざん喋って、
「じゃ、おやすみ!」と、
アパートの、自分の部屋に戻っていく。


恋人同士だというのに、
同衾することなく、
お話だけして、帰ってゆくとは。
やっぱり昔の人って偉いのね(笑)。


そんなカナ子と、夫・上原謙との噂を聞き、
妻が嫉妬するわけだけど。


嫉妬と一言で言っても、
他人の成功を羨むが故の嫉妬と、
男女の嫉妬とは、
全く別物ではないかと、
嫉妬について考えるとき、
そんな風に思う。


いずれにせよ、
できれば、できるなら、
嫉妬のような苦しく、辛い感情とは
無縁で生きていきたいものですな(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(54)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「現代インチキ物語 騙し屋」 [映画]

gendaiinchikimonogataridamashiya.jpg
〔1964年/日本〕


カマキリ(曽我廼家明蝶)、
赤とんぼ(伊藤雄之助)、
河豚(船越英二)、
ちょこ松(丸井太郎)。


彼らは、他人を騙して、
金を頂く、「騙し屋」。
4人がそれぞれを役割を演じ、
騙された者は、
自分が騙されたとは気づかない、
功名な手口。


ある日、赤とんぼの内縁の妻・むつ子(園佳也子)が、
税務署の職員から税金の滞納を
突き上げられており、
赤とんぼは、高利貸しの演技で、
職員を退散させる。


4人の仲間に入りたいが、
入れてもらえない若造・胡瓜(犬塚弘)は・・・。





「騙し屋」なんていうから、
何かとんでもない詐欺集団なのかと、
覚悟して(笑)、見始めたのだけれど、


これが、可愛いというか、
せこいというか、
大きな勝負に出るわけでなく、
とにかく小金をちょこちょこ稼ぐ、
薄利多売(言葉の使い方、間違ってる?(笑))な商売で、
笑わせられる。


とにかく、様々な
騙しのテクニックが見られて、
これがバラエティに富んでいて、面白い。
なるほどねー、と感心してしまうものもある。
感心してはいけないが(笑)。


人を騙して取り上げるのは、
金銭だけでなく、
そば屋に出前を持ってこさせて、
出前持ちを騙して、
うどんを安い値段で食べるなど、
その、みみっちさったらない(笑)。


そんな事をするなら、
真っ当に働いた方が
金になると思うのだが、
それとこれとは、話が違うらしい。


しかも、
散髪屋から、
雑誌の最新号を拝借してきた犬塚弘に、
「それは泥棒や!何てことするんや!」と怒り、
返しにいかせる。
ただ単に、自分たちのしている事を棚に上げてる
だけなのだけれど、
そこに彼らなりの美学があるらしい(笑)。


男性陣も面白いけど、
私は紅一点の、園佳也子さんが大好き。
この映画の雰囲気にもピッタリ。


評価 ★★★★☆





以前、リクエストをいただきましたので、
増村保造監督の映画を観た際は、
リストを載せる事にしています。


(★は観た作品)
(全制覇まで、残り6本)


★くちづけ(1957年)
★青空娘(1957年)
★暖流(1957年)
★氷壁(1958年)
★巨人と玩具(1958年)
★不敵な男(1958年)
★親不孝通り(1958年)
★最高殊勲夫人(1959年)
★氾濫(1959年)
★美貌に罪あり(1959年)
★闇を横切れ(1959年)
★女経 第一話 耳を噛みたがる女(1960年)
★からっ風野郎(1960年)
★足にさわった女(1960年)
★偽大学生(1960年)
 恋にいのちを(1961年)
★好色一代男(1961年)
★妻は告白する(1961年)
★うるさい妹たち(1961年)
★爛(1962年)
★黒の試走車(1962年)
★女の一生(1962年)
★黒の報告書(1963年)
 嘘(オムニバス・第1話プレイガール)(1963年)
 ぐれん隊純情派(1963年)
★現代インチキ物語 騙し屋(1964年)
★女の小箱より 夫が見た(1964年)
★卍(1964年)
★黒の超特急(1964年)
★兵隊やくざ(1965年)
★清作の妻(1965年)
★刺青(1966年)
★陸軍中野学校(1966年)
★赤い天使(1966年)
★妻二人(1967年)
★痴人の愛(1967年)
★華岡青洲の妻(1967年)
★大悪党(1968年)
★セックス・チェック 第二の性(1968年)
★積木の箱(1968年)
★濡れた二人(1968年)
★盲獣(1969年)
★千羽鶴(1969年)
★女体(1969年)
★でんきくらげ(1970年)
 やくざ絶唱(1970年)
★しびれくらげ(1970年)
★遊び(1971年)
★新兵隊やくざ 火線(1972年)
★音楽(1972年)
 御用牙 かみそり半蔵地獄責め(1973年)
★悪名 縄張荒らし(1974年)
★動脈列島(1975年)
★大地の子守歌(1976年)
★曽根崎心中(1978年)
 エデンの園 Il giardino dell'Eden(1980年)
★この子の七つのお祝いに(1982年)

nice!(60)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「日本一のショック男」 [映画]

nipponichinoshockotoko.jpg
〔1971年/日本〕


過疎化する一方の、東北のある村で、
巡査の日本一作(植木等)は、
自殺をしに東京からやって来た山上春子(酒井和歌子)を助ける。


失恋したという春子のために、
一緒に上京した一作は、
村を捨てて出て行った茶助(加藤茶)が働くキャバレーに行く。
しかし、茶助はいないうえに、
法外な料金を請求された一作は、
その店で働くことになる。


一作の才覚で、
店はたちまち売り上げを伸ばし、
彼は支配人に昇格。


さらに、ひょんな事から、
大企業・金丸化学の社長を助け、
それがきっかけとなり、
社長秘書に抜擢され・・・。





本当にワンパターンとも言えるような、
植木等さんの出世物語。


寒村の巡査だった植木さんが、
東京のキャバレーで、
まず出世する。


その方法というのが、お世辞にも清潔とは言えないもので(笑)。
というのも、彼は、
客の飲み残したビールを
瓶に詰めなおして、
屋台のおでん屋に安く卸す。


その、詰め直し作業をするのが、
なんと、お手洗い。
しかも、一度バケツに集めたビールを、
栓をした洗面台にあけ、
さらに、何に使っているのか分からない柄杓で瓶に。


私も相当のケチで、
勿体ながりだけど、
さすがにこれはない(笑)。
「うげー、汚いよー」と思いながら観る。
1971年当時の衛生観念って、
こんなものだったんだろうか。


興味深いセリフがあった。
「最近は昭和二桁生まれのチンピラが、幅をきかせてやがる」みたいな。
(その中には加藤茶も含まれる)
なるほど。
加藤茶は、当時28歳。
2017年の今、
平成元年生まれの人は、同じ28歳。
今なら、
「最近は平成生まれのチンピラが、幅をきかせてやがる」と
言うのと同じ事なわけね。


いつの時代も、
若者を表す時、
そんな風に、どこか分かりやすい時代で区切って言うのは、
変わらないという事だ。


植木さんの、
真っ赤なスーツ姿が最高。
細身の体にピッタリ合ってて、
しかも、嫌みでない着こなし。
やっぱり素敵な人だったのね。


評価 ★★★☆☆

nice!(60)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「しあわせな人生の選択」 [映画]

shiawasenajinseinosentaku.jpg
〔2015年/スペイン〕


カナダで暮らすスペイン人・トマス(ハビエル・カマラ)は、
家族に見送られ、
スペインの友人・フリアン(リカルド・ダリン)を訪ねる。


フリアンは、末期の肺癌で、
もう治療するのは止めたと宣言。
トマスの説得をフリアンは嫌がる。
それはもう、決めた事なのだから、と。


フリアンの一番の気懸りは、
愛犬・トルーマンの事。
自分の死後、トルーマンを飼ってくれる人を
探していると言う。


それから、フリアンとトマスは、
アムステルダムに留学している、
フリアンの息子に会いに出掛ける。


4日間の滞在中、
トマスは、
フリアンの美しいいとこ・パウラ(ドロレス・フォンシ)と
親しくなり・・・。





試写会で観た。


人生の終わりが見えた中年男性が、
4日間を親友と過ごす物語。
スペインのアカデミー賞と言われるゴヤ賞で、
5冠を獲得した作品だそうだ。


自分の生や死をどのように扱うか、考えるかは、
それこそ、100人いたら100通り、
肯定はしても、否定はしないという
スタンスでいたいと思うけど、


フリアンの気持ち、分かるな。


フリアンが決めた事を、
トマスが覆そうとするのだけれど、
フリアンは、
「君は今、この瞬間考えた事を言っているだけだ。
 僕は1年間考えて結論を出したんだ」と言う。


もちろん、トマスの気持ちだって十分解かる。
何十年も友達だった人が、
余命宣告され、
治療は止めたと言われたら、
ショックで、
つい、何か言いたくなってしまうだろう。


自分が死ぬは、
もう覚悟ができたとして、
気にかかるのは、残された命あるもの。
それは身内であり、ペットであり。


息子に会いに行ったフリアンは、
自分の余命を、息子に告げようとするが、
結局、言えない。
それはそれでいい。
息子の恋人を紹介され、
和やかにお食事できたことに、
観ているこちらも、ホッとする。


ただ、その後、
実は息子の方がフリアンよりずっと大人なことが分かる。
若造だからと、
侮ってはいけないね。


余談だけど、
フリアンとトマスは、
マドリードからアムステルダムに行くのに、
なんと日帰り。
ランチしに行っただけって感じ。


今、YAHOO地図で、
マドリードからアムステルダムの距離を測ったら、
約1500キロ。
ちなみに、東京から約1500キロだと那覇くらい。


那覇まで日帰りランチかぁ(笑)。
すごく贅沢で、もったいない旅な気がするけど、
国同士が、陸続きでひしめき合うヨーロッパは、
日本とはまた感覚が違うのかも。
気軽に外国気分が味わえていいな、とも思うけど、
いやいや、日本は島国だからこそ平和なのだと
思い直したり。


それから、トマスはたった4日間のスペイン滞在中、
最後の夜に、
パウラと一夜を共にする。
さすがラテン系。
情熱の国スペイン。
面倒くさい事は一切なし。
2人は何事もなかったかのように、
空港でバイバイしてたし。


評価 ★★★☆☆

nice!(69)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「リベンジ・リスト」 [映画]

revengelist.jpg
〔2016年/アメリカ〕


中年男・スタンリー・ヒル(ジョン・トラヴォルタ)が、
妻・ビビアンと、
空港で車に乗ろうとした、その時、
3人の強盗に襲われ、
スタンリーは助かるが、
ビビアンは死ぬ。


警察は、
犯人の一人を逮捕するが、
証拠不十分で釈放してしまう。


実は、スタンリーは、元工作員であり、
殺人はお手の物。
警察が当てにならないなら、
自分でやるしかないぜ、ってんで、
昔の仲間・デニスと組んで、
復讐開始。


すると、この事件、
単なる強盗ではなく、
知事が仕組んだ、
政治的な理由がある事が分かってくる・・・。





まったく、手垢の付いたような、
平凡で、よくある復讐物なんだけど、
それはそれで、面白く観た。


ジョン・トラヴォルタって、
いい俳優だ。
銃を持たせても、めっちゃハマるし、
コメディもいける。


カッコいいんだか、悪いんだかも
イマイチ判断できず(笑)、
どこか隙があって、
愛嬌があって、憎めない。


この映画も、
そんなトラヴォルタが大活躍・・・なんだけど、
「それって、映画として反則なんじゃ?」という
場面があった(笑)。


トラヴォルタが、ラスボスの知事に復讐するため、
知事の大邸宅に行く。
すると、庭には、
何十人という用心棒が、ウロウロしている。


あんなに沢山の用心棒、どうやって倒すのさ、
と思って観ていると、
なんと、次の場面で、
用心棒たちは全員、死んでいる。


どうやって倒したのか、
その場面は一切無し。
いくらなんでも、省きすぎだろうよ(笑)。
63歳のトラヴォルタに、
激しいアクションはきつかったのか?
まぁ、いいけど。
トラヴォルタだから(笑)。


それにしても、
アメリカも、日本も変わらんね。


どんな酷い事件があっても、
政治家の圧力一つで、
それが揉み消され、
犯人は野放しのやりたい放題。


警察は政治家の犬に成り下がり、
裏社会と癒着しまくり。


さらに、政治家は、
「環境のために、身を粉にして働いてます」って体でいながら、
実は、自分に入ってくる莫大な利益が何よりの目的で、
データを全て改ざんした資料を、
国民に発表。


映画だからトラヴォルタがやっつけてくれるけど、
現実は、
そういった人たちに、
特に天罰など下る事なく、
殆どはお幸せなまま、人生が終わるのだろう。
それならこっちも、自由に生きなきゃ損だ、
好きにやってやる、ってな気持ちになるよ。


評価 ★★★☆☆

nice!(59)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の5件 | -
2017年05月|2017年06月 |- ブログトップ