So-net無料ブログ作成
検索選択

「パーソナル・ショッパー」 [映画]

personalshopper.jpg
〔2016年/フランス〕


モウリーン(クリステン・スチュワート)の職業は、
忙しいセレブの代りに買い物をする、
「パーソナル・ショッパー」。


彼女は最近、双子の兄を亡くしたばかり。
兄は生前、
自分が死んだら、モウリーンに何らかの合図をすると言っており、
モウリーンは、兄が住んでいた屋敷で一夜を明かす。


そんな彼女のケータイに、
不可思議なメッセージが届く。
正体不明のその相手は、
モウリーンの行動を見張っているかのような事を
書き連ね、
彼女を不安に陥れる。


さらに、驚くような事件が勃発し・・・。





「多忙なセレブの代りに、お買い物をして差し上げるお仕事」


私のこの映画に関する予備知識はこれだけで、
だから、てっきり、
クリステン・スチュワートと、依頼人のスターが、
煌びやかな芸能界で、
すったもんだを繰り広げる物語なのかなーと
勝手に思い込んでいた。


でも、全然違ってた。
オカルトとサスペンスが混ざったような、
変わった話。


「パーソナル・ショッパー」としての
仕事の場面はもちろんあるけど、
あまり重要ではなく、
そこに期待していると、肩透かしかも。


それから、クリステン・スチュワート演じるモウリーンと、
正体不明の相手との、
ケータイでのメッセージのやり取りの場面が、
異様に長く感じられた。
他人のメッセージの送受信って、
案外退屈なものなんだと、
初めて知る。


それにしても、
「パーソナル・ショッパー」なる職業が、
この世に、本当にあるのだろうか。


私は物欲があまりないので、
普段、買い物でストレスを解消する事はないけど、
人のお金で、ブランド物をバシバシ買っていいと言われたら、
それはしてみたい(笑)。


もちろん、買った物が自分の物になるわけじゃないけど、
なんだか面白そうだなぁって。
現に、モウリーンは、
シャネルの服だの、
カルティエのアクセサリーだのを買っている。


それから、以下は、
書かずにはいられない情報。


クリステン・スチュワートがヌードを披露する場面があるのだけれど、
それがもう、チラッと見えたとか、
そんなレベルじゃなく、
結構な時間、彼女のお体を堪能できる。
女の私でも、おぉ!という気持ちになる。


それは、人工的な詰め物など全くしていない
(と思われる)
とても自然なヌードで、
すごく好感が持てた。
巨乳とは程遠い感じで(笑)。


若手女優では人気ナンバーワンともいえるクリステン。
超絶美しいクリステン。
もう内容なんてどーでもよく、
ヌードだけでも、一見の価値ありですよ(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(62)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画