So-net無料ブログ作成
検索選択

「青い山脈 前編」 [映画]

aoisanmyakuharasetsukozenpen.jpg
〔1949年/日本〕


女子高生の寺沢新子(杉葉子)は、
学用品購入の足しにするために、
荒物屋の店番をしていた浪人・金谷六助(池部良)に
卵を売る。


しかし、そんな様子を
学校の誰かに目撃され、
クラスメイトが男名前で書いた、
偽ラブレターが届く。


事態を重く見た、
担任教師・島崎雪子(原節子)は、
学級会で、
生徒に、恋愛について語るが、
反発されるばかり。


校医の沼田(龍崎一郎)は、
雪子の肩を持ったばかりに、
暴漢に襲われ・・・。





片平なぎさ、吉永小百合の
「青い山脈」を連続して観たけれど、
これは、原節子が主人公。


原さんは、女子高生の新子役ではなく、
教師の雪子役。
つまりは、片平版・吉永版より、
教師目線で話が進んでゆく。


しかも、片平版、吉永版が、
1時間半程度の長さだったのに対して、
こちらは、前後編に分かれていて、
合わせて160分もあるのだから、
驚いてしまう。


私はてっきり、
前編は、片平版、吉永版と同じ話で、
後編は、続編的な話なのかと思っていたのだけれど、
そうではなく、
全く同じストーリーが、
ただ長くなっただけだった。


っていうか、この原さん版が一番古いのだから、
他の2作は、
端折り過ぎという事か。


原さんの教師役は、
凜としていて、本当に素敵だし、
何より、黒板に書く文字が、
物凄く綺麗でビックリ。
やっぱり何をさせても、
出来る人だったんだなぁと感心する。


前編と、後編は、
当時、1週間の間を空けて、
劇場にかかったようだ。
前編は唐突な感じで終わりを迎えるので、
後編を絶対観たい!という気持ちにさせられる。
上手く作ってあるものだ(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(67)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画