So-net無料ブログ作成

「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」 [映画]

mamahanihonniyomeni.jpg
〔2017年/日本〕


台湾のリンちゃん(ジエン・マンシュー)は、
大学で日本語を学ぶなど、
日本大好きな女の子。


そんな彼女が、
Facebookで、日本人サラリーマン・茂木(中野裕太)と
知り合った。


友人と3人で台湾を訪れた茂木を、
リンちゃんは案内し、
2人は互いに強く惹かれ合う。


ところが、
リンちゃんが、
元彼から誕生日のプレゼントを贈られたと知った茂木は、
ショックを受け、
もうダメだ、と、
一度は諦めかける。


けれど、それが誤解だと知った彼は、
今度は1人で台湾を訪れ・・・。





試写会で観た。


まずは、主演の中野裕太さん、
友人役の岡本孝さん、
監督の谷内田彰久さん、
そして、このお話の元になった
本物の茂木さんとリンちゃんと、
2人の間に生まれた赤ちゃんの
舞台挨拶。

mamahanihonnhe2-60f6e.jpg
※日刊スポーツさんより


「この映画を観れば、台湾に行きたくなると思います」と
どなたかが言われていたけれど、
分かる気がする。


私は、台湾には一度しか行った事がないので、
知ったかぶりはできないけど、
台湾の皆さんは、
日本を好きでいて下さる方が多いという印象で、
本当にご親切で、
滞在中、とても楽しかった事を思い出す。


この映画も、
タイトルは、いかにも
リンちゃんのお母さんが、
結婚を反対しているような印象だけど、
別に日本が嫌いだからとか、
政治的にどうの、ではなく、
ただ単に、娘が遠い所に行ってしまうのが淋しいというのが
理由な感じだったし。


それにしても、
ネットでやり取りしているうちに、
恋に落ちるカップルがいるって、
噂には聞くけど、
本当にいるのねぇ。


1度目に会った2人は、
もう、お互いが気になって気になって
仕方がないようで、
Facebookでのやり取りを続けてゆく。


2度目に、
茂木君が台湾に来ると知ったときの、
リンちゃんの、
「よっしゃ!」というか「やった!」というか、
ガッツポーズする場面が可笑しくて。


恋した事のある人なら、
誰にでも覚えがあるであろう、
天にも昇るような気持ち。


茂木君のお父さんを、
蛭子能収さんが演じているのだけれど、
私は去年のGWも、
蛭子さん主演の映画「任侠野郎」を
試写会で観ている。

http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2016-05-05


GWの暇つぶしに、
蛭子さんはちょうどいいのかもしれない。
(蛭子さん、ごめんなさい(笑))。


評価 ★★★☆☆

nice!(64)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画