So-net無料ブログ作成

「怪物はささやく」 [映画]

kaibutsuhasasayaku.jpg
〔2016年/アメリカ〕


コナーは、
難病の母と暮らす13歳の少年。


母の病気は重い上に、
学校ではいじめに遭い、
唯一の楽しみは、
絵を描くことと、妄想だけ。


ある日、そんなコナーの所に、
墓地から怪物がやってくる。


怪物は、
「自分が3つの物語を話すから、
 お前が4つ目の物語を話せ」とコナーに迫るが・・・。





試写会で観た。


まず、映画の上映の前に、
「第55回 優秀外国映画輸入配給賞」の
授与式があった。

shikiten.JPG

なんだかよく分からないけど、
そのような凄そうな式典に、
私のような者が参加していいのか!?と思う。
普段着だし(笑)。


それに、大抵の式典って、
なんか、壇上に上がった人が、
小難しい事を長々スピーチして、退屈・・・という刷り込みがあり、
「仕方ない、試写が始まるまで、
 頑張ってやり過ごそう」というくらいの気持ちでいた。


ところが、式典は、
そんな風に考えて事を申し訳なく思うくらい、
素敵なものだった。


この、「優秀外国映画輸入配給賞」というのは、
優れた外国映画を買い付けた映画配給会社に贈られる賞で、
映画作品そのものに与えられる、
他の映画賞とは一線を画しているのだそうだ。


今年は、
最優秀賞はギャガさん(「ルーム」など)。
優秀賞はロングライドさん(「スポットライト」など)。
奨励賞はファントム・フィルムさん(「アイ・イン・ザ・スカイ」など)。
そして、特別賞はポニーキャニオンさん(「ラ・ラ・ランド」)。


各会社の皆様のスピーチを総合すると、
映画の買い付けというのは、
先見の明と、決断が何より大切で、
リスクの伴う、大変なお仕事だとの事。


買い付けた映画がヒットしたり、
アカデミー賞にでも絡んでくれれば御の字で、
ヒットしない作品の方が多いくらいだという。


それでも、このような会社で働いてくださる社員の皆様のおかげで、
私のような者が、
日々、映画を楽しみ、
そして、ブログを書くことができる。
本当にありがたい事だと、
心からお礼を言いたくなりました。


式典のあと上映されたのが、
最優秀賞を取ったギャガさん配給の、
この「怪物はささやく」。


孤独な少年と、怪物とのダークファンタジーで、
この怪物というのが、
墓場に立っている大きな木が
動き出したものというのに、
胸ときめいてしまう。


不動が宿命の木が歩きだすという物語はたまにあるけど、
どれを観ても、毎回、
うわー、と思ってしまう。
心のどこかで、
樹木というものに、
何か畏怖の念のようなものを感じているからかもしれない。


母の重い病と、いじめが辛く、
ちょっと暗くなってしまったけれど。


評価 ★★★☆☆

nice!(90)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画