So-net無料ブログ作成
検索選択

「特急にっぽん」 [映画]

tokkyunippon.jpg
〔1961年/日本〕


12時半きっちりに東京駅を出発した、
特急こだまは、夕方7時に新大阪に着く予定。


食堂車ガールのサヨ子(団令子)と、
食堂車のシェフ・喜一(フランキー堺)は恋仲だが、
サヨ子が、喜一と大阪で弁当屋を開く事を夢見ているのに対し、
喜一は、東京の一流ホテルで働きたいという夢を持っている。


サヨ子は、
客室乗務員の有女子(白川由美)が、
喜一に接近している事に気付き、
嫉妬に燃える。
実は有女子は、
今度自分が赤坂で開店するレストランのシェフに
喜一を採用したいと考えているのだ。


そのレストランに出資してもいいという、
中年男・岸和田(小沢栄太郎)も
列車に乗っていたが、
彼は途中で乗ってきた、
チャイナドレスの女・ヤエ子の色香に参ってしまう。


そんな中、
列車に時限爆弾が仕掛けられているとの
噂が流れ・・・。





全編、ほぼ、
列車の中だけで物語が進行するのであるが、
これがめっちゃ面白い。


人間関係が入り乱れて、
でも、それがちっとも不自然じゃなくて、
お話がどんどん進んでゆく。


まぁ、どんどん進まないと駄目なのは当然。
だって、東京・大阪間という、
限られた時間と距離でのお話だから。
全てがその中でオチが付かないと、
作り手側も、見る側も、困るわけで(笑)。


小ネタも沢山ある。
特に小沢栄太郎さん関連。
小沢さんの部下が、
小沢さんの悪口言ってるのが、
車内放送で流れちゃったり、
小沢さんのお財布を開くと、
わざとらしく、札束が飛び出すように
入れてあるなど。


前にも書いたけど、
小沢さんは、
素で喋ると本当に素敵な紳士なのに、
どうしてこうも、嫌みな役が上手いのか。
凄い人です。


コメディなので気楽に楽しめばいいのだけれど、
一箇所だけ、
この小沢さん絡みで、
気まずいだろうなぁと思った場面がある。
それは小沢さんと、白川由美さんの関係。


小沢さんは、白川さんのレストラン開店に、
出資してもいいと言っているが、
2人の間に、男女としての結びつきはない。


そんな中、色気で小沢さんに迫る女・ヤエ子が現れ、
こちらも、店の出資者を探していると言う。
小沢さんは、
お堅い白川さんより、ヤエ子に出資したいと考えるようになる。


例えば、小沢さんと白川さんとが、
愛人関係であったとしたら、
白川さんは、泣いて彼を責める事もできるだろうが、
それもできず、
なんとも、説明しがたい空気が二人の間に流れる。
そもそも、
小沢さんの役のような、色と欲だけの男に、
金だけ出させて、
あとは何も無し、というのが無理なんだろう。


様々なドタバタした場面を、
列車の外側から、
セリフ無しで映す場面など、秀逸。


評価 ★★★★☆