So-net無料ブログ作成
検索選択

「はじまりへの旅」 [映画]

hajimarihenotabi.jpg
〔2016年/アメリカ〕


アメリカ北西部の森林で暮らす、
キャッシュ一家。
父親・ベン(ヴィゴ・モーテンセン)は、
6人の子供たちを学校には行かせず、
独自の教育法で育てている。


ベンの教育のおかげで、
子どもたちの知識は豊富で、
複数の国の言葉を操り、
また、身体能力はアスリート並み。


ところが、ある日、ベンに、
入院していた妻・レスリーが、
自殺したとの連絡が入る。


ベンは、子供たちを、
小型バスに乗せ、
葬儀が行われる、
レスリーの実家へ向かう。


ところが、レスリーの葬儀は、
レスリー自身が望んでいたものとは全く違っていた事から、
彼らは墓を掘り起こし、
遺体をバスに乗せ、
新たに葬儀をやり直す・・・。





主人公に感情移入できるか否か、と、
映画としての面白さとは全く別物だという、
典型的みたいな作品。


キャッシュ一家の描き方が、
映画的に、とても面白い。


野生の動物の殺し方、
捌き方、
ロッククライミング、
言語や知識の習得などなどを、
このキャッシュ一家は、
父親が一人で、子供たちの教えている。


その甲斐あってか、
長男のボウは、
高校に通っていないというのに、
ハーバード、プリンストン、MIT、スタンフォードなど、
アメリカの、ありとあらゆる有名大学に合格する。
けれど、それは、ベンに内緒で受験した結果であり、
ボウは、その事をベンに打ち明けられずにいる。


あぁ、映画的な面白さと、
感情移入のできなさは、もうここから始まっている。
一般的な親なら、
我が子がそんなに優秀だったら、
狂喜乱舞、
もう、親戚中、近所中に触れ回りたい衝動に駆られる事だろう。
なのに、快挙を褒めてもらえない、
ボウが可哀想すぎる。


レスリーの葬儀に参列するため、
レスリーの実家のある街へ繰り出した一家だけれど、


「(いくら知識が豊富でも)あの子たちは、社会に出られないぞ!」


との、レスリーの父親の言葉には、
私もハッとする。
さすが、真っ当に暮らしている、
父親の意見。
反論のしようがない。


親が、
自分のエゴで、
子どもたちを学校にもやらず、
社会と無縁の生活をさせていたら、
たとえ10か国語話せたとしても、
それが一体何になるというのか。


葬儀の場面、
遺体を盗み出す場面などは、
常識では考えられない事だけれど、
映画として、
とても面白い絵だった。


現代の、
消費社会、学歴社会に
一石を投じたかと言えば、
そこまでの深みはないけど、
2時間、飽きずに楽しめた。
ヴィゴ・モーテンセン、好きだし(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(59)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画