So-net無料ブログ作成
検索選択

「経験」 [映画]

keiken.jpg
〔1970年/日本〕


バーテンの年男(谷隼人)は、
実は店のママ・さおりのツバメだ。


ある日、客として来ていた、
あき子(大原麗子)と初枝(集三枝子)の2人を連れて、
クラブに踊りにいった年男は、
あき子をデートに誘い出す。


あき子もその気があると思われたが、
彼女には、トラック運転手の恋人・勇(渡瀬恒彦)がおり、
そう簡単に事は運ばない。


その後、あき子と初枝は、
年男の店のホステスになるが、
あき子は店の経営者・後藤田に気に入られてしまい、
後藤田の部屋に呼びつけられてしまう・・・。





--------------------

このレビューは、
自分で書いたくせに
かなり驚きました。


というのも、私は、
ブログ記事を少しストックしてあって、
順番に出すことにしているのですが、
2か月ほど前に観た、この「経験」を今日出すにあたり、
読み返してみたのです。


すると、渡瀬恒彦さんと大原麗子さんが
恋人同士の役で出ていると
書いてあるではないですか。
(書いた事を忘れていました)


昨日、渡瀬恒彦さんが亡くなられ、
そのタイミングで、
この映画がストックから出される順番が回ってきたというのも、
何かの縁かと思いますし、
なにより、私は、
渡瀬さんと大原さんが元ご夫婦だったとは、
昨日まで知らなかったのです。


もし、知っていたら、
映画の感想も、
もう少し違っていたものになった気がします。


手直ししようかとも思いましたが、
DVDを観た直後の、
正直な感想をそのまま載せようと思います。
不謹慎な表現があるかと思いますが、
許してください。


渡瀬恒彦さん、いい俳優さんでした。
残念です。
ご冥福をお祈り申し上げます。

--------------------





これは、どう扱えばいいの?(笑)
ポルノというほど過激ではないけど、
限りなくポルノっぽい場面もあるし、
もし、ご家族で観ようという方がいるなら
(いないか(笑))
それはやめた方がいいかも。


辺見マリさんのヒット曲、
「経験」をモチーフにした映画らしいけど、
この「経験」だって、ビミョーな曲だものね。


はっきりエロというわけではないのだけれど、
お茶の間で聞くには、
なんか気まずい空気が流れそう、というか。
映画も、歌も、ボーダーライン上な感じ(笑)。
このDVDのジャケット写真からして、
ビミョーだよね(笑)。


冒頭から気持ち悪い(笑)。
医者の小松方正が、看護婦にいきなりキスしたり、
診察台で交わろうとしたり。


で、画面が切り替わると、
今度は、渡瀬恒彦と大原麗子の、
ベッドシーン、というか布団シーン。
なんでこんな、意味のないシーンばかりが続くのか。


出てくる人物たちが、
男も女も、
「浮気するなよ」
「浮気しないでね」と必ず言い、
でも、自分たちは好き勝手しているのが笑える。
人は皆、自分に甘く、
他人に厳しい(笑)。


結局、何が言いたいのか、
よく分からなかった。
主演の谷隼人演じる、一人のバーテンダーの成長記、
と考えればいいのか。


評価 ★★★☆☆

nice!(53)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画