So-net無料ブログ作成
検索選択

「残されし大地」 [映画]

nokosareshidaichi.jpg
〔2016年/ベルギー〕


試写会で観た。


2016年3月に、
ベルギーの地下鉄で起こった、
テロ事件に巻き込まれ亡くなった、
映画音響技師・ジル・ローランさんが、
製作したドキュメンタリー。


舞台は、311後の、
福島県双葉郡富岡町。
ここは、福島第一原発から12キロ離れた土地で、
避難勧告が出ていて、
町に人はいないはずだ。


しかし、松村直登さんと、彼の父は、
自宅に留まっている。
飼い主を失った動物たちの世話をするために。


半谷信一さんもいる。
穏やかに農作業をして暮らしている。


これらの人々に悲壮感はなく、
「放射能は浴びるかもしれないが、自由に85歳まで生きるか、
 仮設住宅で、悩みながら90歳まで生きるか」などと
冗談交じりに話し、大笑いしたりもする。


もし私だったら、と考える。
でも、私の結論は、ここには書かない方がいいのかもしれない。
これはもう、人それぞれ、
考え方も事情も違うし、
こんな与太ブログとはいえ、
「私はこっち」と書いてしまう事で、
そうでない道を選んだ方の生き方を
否定するような雰囲気になってしまったら、
とても申し訳ないので。





映画のあと、
ローラン監督の奥様・鵜戸玲子さんと、
女優・杉本彩さんのトークショーがあった。


nokosareshidaichi2.jpg
※映画.comさんより


杉本さんが、被災地での動物の保護を
熱心にされておられる事は、
知っていたけれど、
やはり、その思いを熱く語って下さる。


「ペットは我が子と同じ。
 ペットだけを置いて避難する事は、
 自分にはできない」と
仰られていたのが印象的。


そして、動物に対する杉本さんの愛情を、
「夫と似ている」と話された、
鵜戸玲子さん。


映画と、お二人のトークの両方が楽しめた、
楽しいイベントだった。


一つ余談。
テレビでも色っぽい人だとは思っていた杉本さん。
肉眼で見ると、
さらに、その艶やかさが分かる。
私とは対極の位置にいる人だわ(笑)。
なんだか見とれてしまった。


評価 ★★★☆☆