So-net無料ブログ作成
検索選択

「ピラニア軍団 ダボシャツの天」 [映画]

daboshirtnoten.jpg
〔1977年/日本〕


「ダボシャツの天」こと松田天(川谷拓三)は、
立派な極道になりたいと、
幹部の後白川錦三(夏八木勲)の舎弟をしているが、
大物への道はまだまだ遠い。


ある日、天は、田舎から出てきた、
若い娘・夏(竹田かほり)をナンパし、
錦三の所へ連れてゆく。
夏を「面接」と称して「味見」しようとした錦三だが、
そこへ錦三の嫁が帰宅し、
寸での所で、夏の貞操は守られる。


その後、夏は、喫茶店で働き始める。
天と夏は、すっかり「仲良し」だ。


その後、激化した、
極道の抗争のため、
錦三たちと九州に乗り込んだ天は、
地元のヤクザ・清(志賀勝)と争ったのがきっかけとなり・・・。





「河内のオッサンの唄」に続いて、
またしても観てしまった、
川谷拓三さん主演の映画。


といっても、
「河内のオッサン」よりいい。
数倍いい。


「河内のオッサンの唄」は、
あの主題歌が持つ、
ガサツな感じが、
川谷さんに会わないと、先日書いたけれど、
こちらの天の役は、
川谷さんに、本当に合っている。


優しくて、極道の準構成員でありながら、
悪に徹しきれない、主人公の性格が、
川谷さんの雰囲気にピッタリで。
まぁ、私は川谷さんと友達じゃないから、
本当の彼がどんな人だったかは分からないけど。


川谷さんんが「拾った」竹田かほりを、
夏八木勲さんの所に連れていって、
彼女が手籠めにされそうになるのを、
本当に困り果て、
でも、どうする事もできない川谷さん。
ああいう時、冷徹になれなければ、
本物の極道にはなれないと私は思う。
足洗って、堅気になったら?と言いたくなる。


その後の、
川谷さんと竹田かほりの雰囲気が、またいい。
どちらも純情で、
お互いがお互いに優しくて、
「恋してる」って感じが可愛い。


雰囲気がいい、といえば、
川谷さんと、志賀勝の間に、
突然、友情が芽生える場面が最高。
大好き。


志賀さんは、あの強面と裏腹に、
気が弱く、実は極道に向いていないと、
川谷さんに打ち明ける。
そして意気投合。
めっちゃ良い場面。
志賀さんの嫁がまた、めっちゃいい女で。


記憶違いでなければ、
主要人物から、
死人が一人も出ていないのもいい。
極道映画だというの、
ほんわかした気持ちで観てしまった(笑)。


あ、もしかして、
ピラニア軍団にも触れなくてはいけないのだろうか。
すみません、よく知らないので、
今度、調べてから書きます。


評価 ★★★☆☆