So-net無料ブログ作成
検索選択

「3月のライオン 前編」 [映画]

3gatsunolion.jpg
〔2017年/日本〕


桐山零(神木隆之介)は、
幼い頃、両親と妹を交通事故で亡くし、
父の友人でプロ棋士の幸田(豊川悦司)に
引き取られる。


将棋を教え込まれ、
頭角を現した零は、
史上5人目の中学生プロ棋士となる。


しかし、彼がプロ棋士になった事で、
幸田家の長女・香子(有村架純)と、
長男・歩の、
プロ棋士への道が断たれてしまう。
自分の存在が幸田家を不幸にすると悟った零は、
一人暮らしをするようになる。


下町で暮らし始めた零は、
近所に住む川本家の三姉妹・あかり、ひなた、モモと
親しくなり、
彼女たちの家に出入りするうちに、
安らぎを覚えるようになるのだが・・・。





ジャパンプレミアで観た。


3gatsunolion2.jpg
※コミックナタリーさんより


映画の前に、出演者の皆様の舞台挨拶。
全員がステージ上に揃い、
通常なら、ここで司会の方が、
お話を進行させていくのだけれど、
なぜか、神木隆之介くんが司会のような役回りとなり、
俳優さん一人一人にインタビューをするという展開に。


なんてサービス精神旺盛な子なんだろうと、
面白くて笑ったけど、
ただ、こういった風に振る舞う方というのは、
往々にして、
実はとても気を遣っているという場合も多いのは、
私にも分かる。
きっと彼はいつもムードメーカーとして、
一生懸命なのだろう。
別に私は神木くんのお友達でも何でもないけど、
客席から見ていて、そんな風に感じる。


それから、これは私自身の事で、
どーでもいい事だけど、
「ん?最近、好み変わった?自分」と思う。
今までは、若くて可愛いイケメンが大好物だったのに、
佐々木蔵之介さんや、トヨエツさんのお姿に
ホッとしている。
これで加瀬亮さんもいたら最高なのにと、
思ったりもしている。
どうしたんだ、自分?(笑)
いや、いい年して若者に騒いでいた、
今までの自分が変だったのかもしれない(笑)。


前田吟さんのお姿を見られたのも嬉しい。
前田さんといえば、
私の中では、寅さんの博さんの印象が一番強い。
あの博さんが、そのまま舞台に上がったみたいで、
さくらさんはお元気ですか?とお聞きしたくなりました(笑)。


で、映画。


11月に「聖の青春」を観たばかりだったので、
http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2016-11-07
最近は、将棋流行りなの?というのが
この映画を知った時の最初の感想。


ただ、この物語は、
10年も前から、コミック誌で連載されていたのだそうだ。


やはり、2部作に分けたのは、
それだけ原作が長いという事なのだろうか。
この前編も、
将棋もシーンももちろんあるけれど、
主人公・零の、悲しい人生がメインのように描かれる。
彼は、好きで将棋をしているのではなく、
生きるために、仕方ない将棋なのだ、と。


私は、将棋の知識は全くないのだけれど、
途中、「おやつタイム」がある事を、面白く思った。
本当の試合でも、
そのような時間が設けられているのだろうか。


佐々木蔵之介が干し柿、
伊藤英明が饅頭のようなものを食べていた気がするけど、
自分だったら、何を持参しようかと考える。


音の出るようなものや、ボロボロするものは駄目なんだろうか。
アイスが一番好きだけど、
会場に必ず冷蔵庫があるとは限らないだろうしなぁ。
それから、私は、おやつは、
甘い物と、からいものを交互に食べる事にしてるんだよな、
アイスとポテチとか・・・


・・・って、やっぱり私は馬鹿だ。
永遠に来ない「おやつタイム」の心配してんじゃねーよ、
お前の好みなんてどーでもいいって(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(60)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画