So-net無料ブログ作成

「たかが世界の終わり」 [映画]

takagasekainoowari.jpg
〔2016年/カナダ〕


34歳の人気作家・ルイ(ギャスパー・ウリエル)は、
家を飛び出して以来、12年ぶりに実家に帰る。


母・マルティーヌ(ナタリー・バイ)は、
化粧をし、料理を作り、ルイの帰りを心待ちにする。
妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)も、落ち着かない様子だ。


しかし、兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)は、
ルイに対して、なぜか刺々しく、
さらに、母や妹にまで当たり散らす。
ルイと兄嫁のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)は初対面だが、
彼女がアントワーヌの様子に、オロオロしているのが分かる。


ルイの帰省の目的は、
自分の命がもう長くない事を、
家族に伝えるためだった。
しかし、この雰囲気で中々言い出せない。
デザートの時に、話そう。
そう決めたルイだったが・・・。





27歳の監督・グザヴィエ・ドラン。
一部では「凄い」と言われているようだけれど、
そっかぁ、そんなに凄いのか。
私は、ドラン監督の映画を観たのは2作目だけど、
前作の「Mommy マミー」に全然共感できず、
劇場で観た映画は、極力ブログに書こうと思っているけれど、
書かなかった。


本作も、好きじゃないな。
とにかく延々と、
家族の喧嘩を見せられているだけ。
少しでもコミカルな部分があれば、
気も楽だけど、
そのような事は、まるでなく。


酷いのは、兄のヴァンサン・カッセル。
なぜあんなにイライラしているのか。
なぜあんなに突っかかるのか。
他の者たちが、穏やかにしていても、
彼の喧嘩腰で、余計な一言が、
神経を逆撫でする。
あんな風に生きていて、楽しいんだろうか。


とはいえ、
あの空気感は分かる。
人はみんながみんな、
穏やかな家庭環境で育つわけではないし。


・・・と、ここまで書いて、
ポスターをよく見たら、
この映画、カンヌ映画祭のグランプリ!?
理解できない私が変なのか?


と思い、日本の映画サイトを見てみたら、
日本人の皆様の感想も、私と似たようなものだった。
世間の評判が全てではないけれど、
ちょっとホッとする。
やっぱりおフランスの方々とは、
精神構造が違うのかしら(笑)。


ただ、邦題には心惹かれた。
「たかが世界の終わり」。
ある単語に「たかが」という言葉を乗せただけで、
面倒な事は、どうでもよくなり、
心が軽くなる。


たかが仕事。
たかが恋愛。
たかが人生。


投げやりだな、自分(笑)。
面倒くさい事は大嫌い。


久し振りにギャスパー・ウリエル君を見た。
「ハンニバル・ライジング」からもう10年か。
32歳になった今も、美しさは変わっていない。


評価 ★★★☆☆

nice!(52)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画