So-net無料ブログ作成

「ドクター・ストレンジ」 [映画]

doctorstrange.jpg
〔2016年/アメリカ〕


腕利きの外科医・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は、
ある日、車の事故で両手の神経がズタズタとなり、
二度とメスを握れない体になってしまう。


あらゆる治療を施すも、
大きな効果はなく、
財産も使い果たしたストレンジは、
カトマンズにいるという、
神秘の力を持つ指導者・エンシェント・ワンの存在を知り、
かの地へ赴く。


厳しい修行に耐え、
少しずつ力を付けてゆき、
魔術を体得するストレンジ。


そんな彼の前に、
魔術師・カエシリウスが現れる。
地球滅亡を企むカエシリウスとストレンジの戦いが
始まる・・・。





会社の帰りにアメコミ物ってどうなのよ、
という不安はあった。
疲れた頭にCGばかり派手で、
内容の薄い物を観たら、
余計に疲れはしないかと。


しかし、そんな心配は不要だった。
出だしに、
ストレンジの天才外科医っぷりが描かれ、
掴みはOK(笑)。


何せ、彼の手術の腕前ったらない。
お前は財前五郎か?
ブラック・ジャックか?
私の中の、世界三大外科医は決まった(笑)。


そんな風に、
観客の心を惹きつけた後、
両手を損傷した彼は、
カトマンズの魔術の世界に入り込み、
ここからは、CGの凄さに魅了される。


CGのなかった頃の古い映画も大好きだけど、
やはりCGでなければ描けない世界観もある。


ご覧になった方なら、
納得していただけると思うけれど、
例えば、
建造物が動く場面や、
香港での、
時間が戻る場面の圧巻な事ったら。


私が一番好きだと思ったのは、
ストレンジが敵を、
砂漠に追いやる場面。
ドラえもんに出てきても違和感ないような、
不思議な空間の移動。
やっぱり私には、時々どこか遠くに旅したくなる願望が
常に頭の中にあるのかも。


冒頭の、
ストレンジを再起不能にした、
事故の状況が最悪だった。


ストレンジは、かっちょいい車を飛ばしている最中、
病院から連絡を受け、
患者のレントゲン映像を送信され、
それを見ようとして、
運転を誤る。


当たり前だ。
あんなにスピードを出している時、
患者のレントゲンなど見られるはずがない。
ポケモンGOだって、事故が多発しているというのに、
あれはない。


当然の事だけど、
車の運転には気を付けようと、
心を引き締めた場面。


評価 ★★★★☆

nice!(57)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画