So-net無料ブログ作成
検索選択

「有難や節 あゝ有難や有難や」 [映画]

arigatayabushi.jpg
〔1961年/日本〕


守田自動車工場で働く浩一(和田浩治)は、
お調子者の青年。
社長の守田は、
ヤクザの神田商事から借りた金を返せず、
困り果てており、
家出中の息子・弘(守屋浩)を豊川市まで探しに行ってほしいと、
浩一に頼む。


箱根で車を飛ばしている途中、
車が故障して困っている、
梅沢建設の社長令嬢・雅子を助けるが、
その直後、
梅沢建設の社員の車が崖から落ち、死ぬ。


社員から重要な書類を託された浩一は、
雅子と一緒に、豊川市に到着、
そこで、家出中の弘を見つける。


浩一は、豊川市に住む祖父の家に行く。
そこで彼は、
自分の出生の秘密を知り・・・。





どうやらこの世には、
「有難や節」という、
大変にありがたい歌がある事を、
何かで知った。


すぐに調べてみる。
守屋浩という人が歌っていたらしい。
しかも、歌だけでなく、
同じタイトルで映画も作られているというではないか。


そんな事を知ったら、
もう観るしかない。
いや、別に義務ではないけれど、
自分の中では義務のようなものだ。
古い邦画好きに、「待った」はない(笑)。


よく、内容の薄い映画を、
「2時間ドラマのようだ」などと
揶揄する事があるけれど、
これは、1時間7分と大変に短く、
2時間ドラマですらない(笑)。


まぁ、その分、気楽に観ていられる。
話はどんどん進むし、
登場人物は全員知り合い。
東京から愛知県に行っても、
それは変わらない(笑)。


大坂志郎さんのセリフに笑った。
大坂さんは、お坊さんだというのに、
悪人に向かって、
「貴様のような奴は死んでしまえ」だと。
私は、お坊さんは殺生しないと思っていたので、
このセリフはどうなのよ、と(笑)。


吉永小百合さんが出ているけれど、
ほんのチョイ役。
デビュー直後から主役だけの人生かと思っていたけど、
そういうわけではないのよね。
下積み時代の彼女の映画を観ると、
ちょっとホッとする。


評価 ★★★☆☆

nice!(59)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画