So-net無料ブログ作成
検索選択

「沈黙 サイレンス」 [映画]

chinmoku.jpg
〔2016年/アメリカ〕


17世紀。
日本で布教活動を行っていた、
ポルトガル人の宣教師・フェレイラ(リーアム・ニーソン)が、
切支丹弾圧の拷問を受けたの末、
「転んだ」との知らせがローマに入る。


弟子のロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)と、
ガルペ(アダム・ドライヴァー)は、
その話が信じられず、
すぐ日本に向かった。


マカオで知り合ったキチジロー(窪塚洋介)の案内で、
長崎の隠れ切支丹の村に入った2人は、
村人たちとの交流を深めるが、
幕府の弾圧は一層厳しくなるばかりだった。


キチジローの裏切りにより、
捕らえられてしまったロドリゴは、
棄教を迫られるが、
頑なにそれを拒否。


しかし、
目の前で切支丹たちが拷問を受ける様子を
見せつけられ、
棄教する以外にどうしようもない
状況に追い込まれてゆく・・・。





遠藤周作さんの同名小説を、
マーティン・スコセッシ監督、
アンドリュー・ガーフィールド主演で映画化という事で、
話題になっている作品。


遠藤周作さんは、
かなり好きで、
全部ではないけれど、
多くの小説やエッセイを読んでいる。


シリアスも、ユーモアもいける遠藤さんだけど、
遠藤さんがどんなに面白い事を書いたとしても、
盟友の佐藤愛子さんとふざけていても、
その奥深くに流れるものは
「哀しみ」だと、
こんな若輩者の私がいうのは生意気すぎるけれど、
昔からそう感じてきた。


「沈黙」も読んでいる。
キリスト教徒である遠藤さんは、
一生を迷いの中で生きていたようだし、
この小説も、
宣教師側の立場から、
信仰とどう向き合うかを問うた、
重い内容。


幕府が切支丹を弾圧したのには、
それなりの理由があるのは分かっているけれど、
たかが宗教(あえてそう言う)に、
随分な力の入れようだなぁと、
変な事で感心してしまう。


幕府側の人間の、
残酷な事ったらない。
切支丹を拷問するときの
嬉しそうな様子に、
何が彼らをそこまで駆り立てるのか、
不思議に感じたくらい。
自分が何か被害を被ったわけでもないのに。


本当は彼らは、
宗教なんかどうでもよくて、
ただただ、嗜虐的な快感で、
相手をいたぶっているだけのような気さえする。


宗教とは縁もゆかりもない私には、
どう評価していいのか、
分からないのも事実。
本当の意味でのロドリゴの心情が、
自分に理解できているかというと、
できていない、全然。


評価 ★★★☆☆