So-net無料ブログ作成

「大空港」 [映画]

daikuko.jpg
〔1970年/アメリカ〕


アメリカ中西部のリンカーン国際空港は、
30年ぶりの猛吹雪に見舞われ、
大混乱になっていた。


着陸に失敗した大型ジェットが、
主要滑走路に横たわり、
空港のマネージャー・ベーカースフェルド(バート・ランカスター)と、
パイロットのデマレスト(ディーン・マーティン)は、
事故機の処理を巡って言い争う。


一方、飛行機のタダ乗りの常習犯の老婆が捕まる。
老婆は別室に連れていかれ、
旅客係のタニア(ジーン・セバーグ)に、
事情を聴かれるも、
巧みに逃げ出し、
ローマ行き・ボーイング707に乗り込んでしまう。


707の機長はデマレスト。
飛行機は飛び立つが、
機内に、爆弾を持った男が乗っていた。
爆弾はトイレで爆発し、機体の一部が破損する。


すぐ空港に引き返さねば、大惨事となる。
しかし、滑走路はふさがれたままだ。
乗客たちはパニックに陥っている。
この危機を乗り切るには・・・。





国際空港を舞台に、
様々な事件や人間模様を描いた、
パニック映画の秀作。


国際空港という、
ただでさえ多くの人が不慣れな場所なのに加えて、
外が猛吹雪とくれば、
それだけで、非日常というか、
不安な気持ちになるのは当然だろうと思われる。


実際、自分がこんなシチュエーションに置かれたら、
最悪だなぁ。
自分の飛行機が飛ぶのか飛ばないのか、
どんなに空港内でアナウンスがあっても、
言葉が理解できないので、分からず、
日本語が分かる職員など、すぐには見つかるわけもなく
おそらく私はパニックになるだろう。


色々な人物が出てくるけど、
やっぱり記憶に一番残るのは、
タダ乗り婆さん(笑)。


この婆さんが言うには、、タダ乗りにはコツがあるそうで、
それをめっちゃ得意そうに説明してくれる。
そんな事、可能?と思えるような説明もあったけど、
きっと当時はまだ、
警備ものんびりしていたのだろう。


のんびりといえば、
爆弾を持った男が、
飛行機に普通に乗れてしまうというのも、
のんびり過ぎる。
当時、まだまだ世界は牧歌的だったのね。


機内で爆発が起こってから、
空港に着陸するまでは、
やっぱり緊張。


確かに今の映画と比べてしまえば、
演出も、映像も、
古いと言わざるを得ないけど、
CGなど無い時代にも、
これだけの映画が作れたというだけで、
評価に値する。
面白かった。


評価 ★★★★☆

nice!(53)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画