So-net無料ブログ作成
検索選択

「たかが世界の終わり」 [映画]

takagasekainoowari.jpg
〔2016年/カナダ〕


34歳の人気作家・ルイ(ギャスパー・ウリエル)は、
家を飛び出して以来、12年ぶりに実家に帰る。


母・マルティーヌ(ナタリー・バイ)は、
化粧をし、料理を作り、ルイの帰りを心待ちにする。
妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)も、落ち着かない様子だ。


しかし、兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)は、
ルイに対して、なぜか刺々しく、
さらに、母や妹にまで当たり散らす。
ルイと兄嫁のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)は初対面だが、
彼女がアントワーヌの様子に、オロオロしているのが分かる。


ルイの帰省の目的は、
自分の命がもう長くない事を、
家族に伝えるためだった。
しかし、この雰囲気で中々言い出せない。
デザートの時に、話そう。
そう決めたルイだったが・・・。





27歳の監督・グザヴィエ・ドラン。
一部では「凄い」と言われているようだけれど、
そっかぁ、そんなに凄いのか。
私は、ドラン監督の映画を観たのは2作目だけど、
前作の「Mommy マミー」に全然共感できず、
劇場で観た映画は、極力ブログに書こうと思っているけれど、
書かなかった。


本作も、好きじゃないな。
とにかく延々と、
家族の喧嘩を見せられているだけ。
少しでもコミカルな部分があれば、
気も楽だけど、
そのような事は、まるでなく。


酷いのは、兄のヴァンサン・カッセル。
なぜあんなにイライラしているのか。
なぜあんなに突っかかるのか。
他の者たちが、穏やかにしていても、
彼の喧嘩腰で、余計な一言が、
神経を逆撫でする。
あんな風に生きていて、楽しいんだろうか。


とはいえ、
あの空気感は分かる。
人はみんながみんな、
穏やかな家庭環境で育つわけではないし。


・・・と、ここまで書いて、
ポスターをよく見たら、
この映画、カンヌ映画祭のグランプリ!?
理解できない私が変なのか?


と思い、日本の映画サイトを見てみたら、
日本人の皆様の感想も、私と似たようなものだった。
世間の評判が全てではないけれど、
ちょっとホッとする。
やっぱりおフランスの方々とは、
精神構造が違うのかしら(笑)。


ただ、邦題には心惹かれた。
「たかが世界の終わり」。
ある単語に「たかが」という言葉を乗せただけで、
面倒な事は、どうでもよくなり、
心が軽くなる。


たかが仕事。
たかが恋愛。
たかが人生。


投げやりだな、自分(笑)。
面倒くさい事は大嫌い。


久し振りにギャスパー・ウリエル君を見た。
「ハンニバル・ライジング」からもう10年か。
32歳になった今も、美しさは変わっていない。


評価 ★★★☆☆

「天使のいる図書館」 [映画]

tenshinoirutoshokan1.jpg
〔2017年/日本〕


奈良県・広陵町の図書館に勤務する
吉井さくら(小芝風花)は、
レファレンスサービスの係をしているが、
人の気持ちが理解できず、
空回り気味の日々。


ある日、さくらは、
図書館でぼんやりしている老婦人・芦高礼子(香川京子)と
知り合い、
礼子の持っている写真の場所を、
2人で巡るようになる。


礼子がどうしても思い出せない、
鳥居の写った場所を、
休館日に一日かけて探し回ったさくらは、
やっとその神社を見つけ、
翌日、礼子に報告するのを楽しみにする。


ところがなぜか、
礼子が図書館に来ない。
すると、礼子の孫だという幸介(横浜流星)が現れ、
礼子が入院した事、
余命いくばくもない事を、さくらに告げる・・・。





奈良県の中西部に位置する、
大和高田市、御所市、香芝市、葛城市、広陵町の、
4市1町は、
「葛城地区」と言われているそうで、
その「葛城地区」の、実在する図書館を舞台に描かれた本作を、
昨日、観にいってきました。


この映画の事を知った時、
絶対に観に行こうと思ってはいましたが、
ネットで上映スケジュールを調べていたら、
シネマート新宿で、初日に舞台挨拶があるに気付き、
21日あたり、と思っていた計画を変更し、
18日のチケットを買ったのです。

tenshinoirutoshokan.jpg
※映画.comさんより


登壇されたのは、
主演の小芝風花さん、
香川京子さん、
森本レオさん、
そして、監督のウエダアツシさん。


小芝さんは、可愛くて、
真面目そうで、
映画の雰囲気にとても合っている印象。


そして、古い邦画好きにとって、
お姿を見る事が出来て、とても幸せに思ったのが、
香川京子さん。


香川さんと言えば、
私の大好きな「近松物語」や、
黒澤映画や小津映画や、他にも多数の映画に出ておられる、
大ベテラン女優さんです。


香川さんは、小芝さんにとても優しく接しておられたそうですが、
その理由を、
「わたくしも、先輩女優の
 田中絹代さん、高峰秀子さん、山田五十鈴さんなどから、
 大変に親切にしていただきました」との事で、
亡くなられた大女優さんたちの逸話を聞けたのも嬉しく、
また、人からされて嬉しかった事は、
今度は、自分が人にしてあげよう、という事を実践なさる、
本当に素敵な女性だと思いました。


そして、映画です。


このような、ある地域を限定して
撮影された作品を、「ご当地映画」というそうですが、
正直、最初は、
軽く考えていました。
奈良を舞台に、何となくユルい物語が展開するだけだろう、と。


ところが、私は号泣していました。
大げさでもなんでもなく、
本気で泣いていました。
香川京子さん演じる、
元高校教師の回想シーンが、
あまりに素晴らしく、そして辛く、
心に突き刺さって、泣かずにいられなかったのです。


それはもう、自分でもビックリでした。
泣いている自分を、
もう一人の冷静な自分が見ていて、
「泣いてるよ、この人」って(笑)。


香川さんは言います。
「もしも、私の人生が1冊の小説だったら、
 結末は別のものにする」と。


私が香川さんの年齢になるのはまだまだだけど、
いつか、人生の最期が近いと悟った時、
「この結末で良かった」と思うのか、
「別の結末が良かった」と思うのか。
全てに満足できる人生なんて有り得ないし、
決して不満だらけと思っているわけではないけれど、


もし、できるなら、
たった一つ、強く強く願っている事を、
叶えてから死にたい、と思ったり。


情緒いっぱいの香川さんの場面と反対に、
頭が数学的にしか出来ていない、
小芝さんのキャラに笑えます。


小芝さんは、
「心臓は、ただの筋肉の塊」
「恋愛とは、性欲を美しく言い換えただけ」
などなど、
醒めた名言(?)を連発。
まぁ、確かに間違ってはいないんですけどね(笑)。


そんな彼女だから、
人の気持ちが分からず、
機械のような喋り方しかできません。
上司にも叱られますが、
自分のどこがおかしいのか、
自分でも分かりません。


けれど、香川さんの優しさや、
周囲の人々の支えで、
少しずつ成長してゆく。
心とは何か、を学んでゆくのです。


小芝さんの上司役の飯島順子さんが、
とてもいい味出しています。
人生にちょっぴり後悔のある香川さんの気持ちを代弁するように、
「瀬戸内寂聴さんの本を読んで分かったの。
 私も好きに生きる事に決めたわ!」って(笑)。
うんうん、分かる。
好きに生きなきゃ、人生、損よ。


小芝さんの弟役の、森永悠希くん。
「しゃべれども しゃべれども」では
小学生だった彼が、こんなに大きくなった事に感慨無量。
いや、他の映画でも、その成長は見ているけれど、
なんか、この映画の役は特に彼に合っている気がして。


とてもいい映画でした。
奈良の風景が素晴らしく、
特に俯瞰で映された景色は感動的。


まるで宣伝のような文章になっていますが、
決してそのような事はなく、
私が感じた正直な感想です。


評価 ★★★★☆

「ドクター・ストレンジ」 [映画]

doctorstrange.jpg
〔2016年/アメリカ〕


腕利きの外科医・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は、
ある日、車の事故で両手の神経がズタズタとなり、
二度とメスを握れない体になってしまう。


あらゆる治療を施すも、
大きな効果はなく、
財産も使い果たしたストレンジは、
カトマンズにいるという、
神秘の力を持つ指導者・エンシェント・ワンの存在を知り、
かの地へ赴く。


厳しい修行に耐え、
少しずつ力を付けてゆき、
魔術を体得するストレンジ。


そんな彼の前に、
魔術師・カエシリウスが現れる。
地球滅亡を企むカエシリウスとストレンジの戦いが
始まる・・・。





会社の帰りにアメコミ物ってどうなのよ、
という不安はあった。
疲れた頭にCGばかり派手で、
内容の薄い物を観たら、
余計に疲れはしないかと。


しかし、そんな心配は不要だった。
出だしに、
ストレンジの天才外科医っぷりが描かれ、
掴みはOK(笑)。


何せ、彼の手術の腕前ったらない。
お前は財前五郎か?
ブラック・ジャックか?
私の中の、世界三大外科医は決まった(笑)。


そんな風に、
観客の心を惹きつけた後、
両手を損傷した彼は、
カトマンズの魔術の世界に入り込み、
ここからは、CGの凄さに魅了される。


CGのなかった頃の古い映画も大好きだけど、
やはりCGでなければ描けない世界観もある。


ご覧になった方なら、
納得していただけると思うけれど、
例えば、
建造物が動く場面や、
香港での、
時間が戻る場面の圧巻な事ったら。


私が一番好きだと思ったのは、
ストレンジが敵を、
砂漠に追いやる場面。
ドラえもんに出てきても違和感ないような、
不思議な空間の移動。
やっぱり私には、時々どこか遠くに旅したくなる願望が
常に頭の中にあるのかも。


冒頭の、
ストレンジを再起不能にした、
事故の状況が最悪だった。


ストレンジは、かっちょいい車を飛ばしている最中、
病院から連絡を受け、
患者のレントゲン映像を送信され、
それを見ようとして、
運転を誤る。


当たり前だ。
あんなにスピードを出している時、
患者のレントゲンなど見られるはずがない。
ポケモンGOだって、事故が多発しているというのに、
あれはない。


当然の事だけど、
車の運転には気を付けようと、
心を引き締めた場面。


評価 ★★★★☆

「王様のためのホログラム」 [映画]

osamanotamenohologram.jpg
〔2016年/アメリカ〕


元は、大手自動車メーカーの重役だった
アラン(トム・ハンクス)は、
業績悪化の責任を取らされ解任される。


全てを失ったが、
娘の学費は何としても稼がねばならない。
全く畑違いのIT関連の会社に入った彼の初仕事は、
サウジアラビアの国王に、
3Dホログラムを売る事だった。


サウジアラビアに着いたアランだが、
オフィスとは名ばかりの、
傷んだテントで設備もロクにない空間での仕事、
さらに、目的の国王は、
多忙のようで、全く捕まらない。


ストレスばかりのアランだが、
お調子者の運転手・ユセフの存在が、
いつしか心の安らぎとなり、
さらに、知り合った女医・ザーラと
親しくなってゆく・・・。





評価低いね。
うん、分かる。
低いだろうと想像が付く。


トム・ハンクスがサウジアラビアに行って、
ただ、駆け回ってるだけだもん。


でも、私はこの映画が好き。
大人になったからこそ分かる、
人生の悲哀や、
恋のときめきの大切さが、
とてもよく理解できる。


トム・ハンクスの年で、
異業種、しかもITの世界に飛び込むなんて、
どれだけ大変で、勇気の要ることか。
転職できただけマシってか。
頑張るしかない。


しかも、いきなりの、
サウジアラビア転勤。
命じられた方もショックだけど、
命じる方も、どうなのよ、と(笑)。
まぁ、一番嫌な仕事を、
新人に押し付けただけかもしれないけど。


ただ、私はこれを観ながら、
少しワクワクしたんだな。
だって、こんな事でもなかったら、
絶対自分からは行くことはないであろう、
サウジアラビアに、
社費で行けるなんて、
なんだか羨ましい話ではないか。


仕事が失敗したって知ったことか(笑)。
自分は入ったばかりの新人だ。
これ以上もう、
失うものなど何もない立場だ。
楽しませてもらうぜ、って(笑)。


トム・ハンクスは、
サウジの地で奔走する。
無責任な事は一切しない。
それが彼だ、
彼らしい映画だ。


私が一番好きで、
とても素敵だと思ったのが、
彼と、女医さんとのラブシーン。


若い俳優さん同士のような、
うっとりする美しさは全く無い。
トム・ハンクスは、見ての通りのおっさんだし、
女医さんだって、決して若くないし、
スタイルもいいとは言えない。


でも、大人同士、
面倒な状況はこの際どーでもいいから、
今の気持ちを大切にしよう、
最後の恋愛かもしれないって感じが、
すんごくいいなぁと思って。


・・・と、ここまで書いて、
ネットを見ていたら、
私とまるで同意見の方が!
嬉しー(笑)。
分かる人には、分かるのね(笑)。


サウジアラビアの景色が素晴らしい。
砂漠も、
そして、人々の生活も、
自国にいたら、絶対見られないであろう光景。
色々、満足。


評価 ★★★★☆


-------


この映画は、
お台場の、シネマメディアージュまで観に行きました。


同じ都内とはいえ、
シネマメディアージュまで映画を観に行った事は、
今まで数回しかなく、
本当に久し振りの事です。


なぜ、わざわざお台場まで行ったのかといえば、
シネマメディアージュは、
2月23日をもって、閉館すると、
ネットで知ったのです。


昭和の古い映画館が閉館するのも淋しいですが、
シネコンの閉館も、
悲しい物があります。
色々考えさせられます。


この先、あの空間に、
別の映画館が入るのか、
全く違う事に使われるのかは分かりませんが、
一度でも利用した事がある劇場、
そして、多くの方を楽しませてくれた劇場に、
お礼を言いたい気持ちです。
今までありがとうございました。

「有難や節 あゝ有難や有難や」 [映画]

arigatayabushi.jpg
〔1961年/日本〕


守田自動車工場で働く浩一(和田浩治)は、
お調子者の青年。
社長の守田は、
ヤクザの神田商事から借りた金を返せず、
困り果てており、
家出中の息子・弘(守屋浩)を豊川市まで探しに行ってほしいと、
浩一に頼む。


箱根で車を飛ばしている途中、
車が故障して困っている、
梅沢建設の社長令嬢・雅子を助けるが、
その直後、
梅沢建設の社員の車が崖から落ち、死ぬ。


社員から重要な書類を託された浩一は、
雅子と一緒に、豊川市に到着、
そこで、家出中の弘を見つける。


浩一は、豊川市に住む祖父の家に行く。
そこで彼は、
自分の出生の秘密を知り・・・。





どうやらこの世には、
「有難や節」という、
大変にありがたい歌がある事を、
何かで知った。


すぐに調べてみる。
守屋浩という人が歌っていたらしい。
しかも、歌だけでなく、
同じタイトルで映画も作られているというではないか。


そんな事を知ったら、
もう観るしかない。
いや、別に義務ではないけれど、
自分の中では義務のようなものだ。
古い邦画好きに、「待った」はない(笑)。


よく、内容の薄い映画を、
「2時間ドラマのようだ」などと
揶揄する事があるけれど、
これは、1時間7分と大変に短く、
2時間ドラマですらない(笑)。


まぁ、その分、気楽に観ていられる。
話はどんどん進むし、
登場人物は全員知り合い。
東京から愛知県に行っても、
それは変わらない(笑)。


大坂志郎さんのセリフに笑った。
大坂さんは、お坊さんだというのに、
悪人に向かって、
「貴様のような奴は死んでしまえ」だと。
私は、お坊さんは殺生しないと思っていたので、
このセリフはどうなのよ、と(笑)。


吉永小百合さんが出ているけれど、
ほんのチョイ役。
デビュー直後から主役だけの人生かと思っていたけど、
そういうわけではないのよね。
下積み時代の彼女の映画を観ると、
ちょっとホッとする。


評価 ★★★☆☆