So-net無料ブログ作成

「コータローまかりとおる!」 [映画]

kotaromakaritoru.jpg
〔1984年/日本〕


新堂功太郎(黒崎輝)は
私立鶴ヶ峰高校に通う生徒。
腰まで伸ばした髪は、
当然校則違反だが、
決して切ろうとはしない。


彼の傍若無人な振る舞いを
苦々しく思っている、
生徒会長のタラコ(山口良一)は、
彼の髪を切った者が所属する部活に
100万円の報奨金を出すと言う。


そんな中、
学校に、ムーア公国のプリンセス・クララが
留学してくる。
功太郎は可愛い彼女を見て、
ある事を宣言する。


クララの帰国後、
学校の裏組織・蛇骨会は、
功太郎のガールフレンド・麻由美を人質にし、
功太郎を呼び出す・・・。





先日観た映画、「伊賀野カバ丸」で、
カバ丸を演じた黒崎輝さんの
主演第2弾らしく、
ファンの方は、
「カバ丸」のタイトルが出ると、
当然のように、
この「コータロー」のタイトルもセットで頭に浮かぶ・・・らしい(笑)。


ただ、ごめんなさい。
私には、これはちょっと・・・(笑)。
馬鹿馬鹿しさにおいては、
「カバ丸」と双璧をなすのは分かるんだけど、
決定的な違いがある。


それは、
言ってみれば、
少年漫画と少女漫画の違い。
女は、女のスカートの中を覗きたいという
男の心理が、全く理解できないからなぁ。


エロ映画は嫌いじゃないけど、
こういった種類のエロ(というほどではないが)は
望んでいないのよねぇ(笑)。
入り込めなくて、申し訳ないです・・・。


真田広之が「カバ丸」に続いて、
なぜか、お化粧をした、
一風変わった役を。


別にこのころ、彼はそんなイメージではなかったと思うし、
そういう売り出し方もしていなかったと思うのだけれど、
まぁ、偶然かな。
本人も結構楽しそうに見えるし(笑)。


それから、知っているかたに、
ぜひ教えてほしいのが、
伊原剛志演じる、砂土屋俊兵!


この砂土屋というのは、
名前や、アイパッチや、ムチの名手という所からして、
「愛と誠」の砂土谷峻を意識していると思われるのだけれど、
どうなんでしょう。
容貌や、ムチの振り方まで、砂土谷峻にソックリなのだけれど。


私は「愛と誠」が
人生のオールタイムベスト5に入るくらい、
好きで好きで、大好きで、
だから、砂土谷峻のパロディ(?)に、
思わぬ所で出会った事が、
とっても嬉しくて。
こちらの砂土屋俊兵は、コミックにも出てくるキャラなのだろうか。


「カバ丸」と同じように、
「コータロー」の原作も読んでみたくて、
図書館を検索したけれど、
こちらは蔵書してなかった(笑)。
残念。


評価 ★★★☆☆

nice!(69)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ALOHA」 [映画]

aloha.jpg
〔2015年/アメリカ〕


ハワイのアメリカ空軍にやって来た、
ブラッドリー・クーパー。
彼は、偵察衛星の設定のために雇われたのだ。


彼の監視役に、
まだ年若い女性軍人・エマ・ストーンが付く。
2人はイマイチ気が合わず、
衝突を繰り返す。


また、ハワイには、
クーパーのかつての恋人・レイチェル・マクアダムスがおり、
2人は再会する。
既に結婚し、子供もいるマクアダムスだが、
クーパーの出現で
夫との間が微妙になってしまう。


クーパーとストーンは、
プロジェクトを理解してもらうため、
ハワイ原住民の有力者の家を訪ねるが・・・。





アメリカへ行く飛行機の中で観た。
海外に行く時、
機内で映画を観るのは、楽しみの一つ。


この映画も、
日本ではまだ公開されていない。
今後はされるのかな。ちょっと分からない。
日本で公開されるとき、
どんなタイトルになるか分からないので、
原題を書いておきます。


ブラッドリー・クーパーが、
アメリカ軍に採用され、
偵察衛星打ち上げのために、
働き始めるのだけれど、


そんな事より、
女性2人の間で揺れる男心の方がメインなようで(笑)。
若くて独身のエマ・ストーンと、
かつての恋人で人妻のレイチェル・マクアダムス。


まぁ、極力、事を穏便に済ませたいなら、
ストーンの方が無難だけど、
マクアダムスの色香も捨てがたい。
男なら迷うところでしょうな(笑)。


打ち上げられた偵察衛星に、
その後、ある事が起こるんだけど、
「そんな事って、あるの?」と思った。
あのような複雑なものの仕組みが
私に分かるはずないけど、
それにしても、ちょっと理解できない。


ネットで調べてみると、
アメリカでは酷評だったようだ。
特に一番重要な撮影場所のハワイでは。


ハワイが舞台なのに、
白人しか出てこない、
ハワイの言葉を大切にしていない、などなど。


まぁ、いいや(笑)。
私はクーパーの未公開映画が観られただけで満足。


評価 ★★★☆☆

nice!(63)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

☆アメリカ旅行 その5☆ [旅行]

坂の上から見た、
サンフランシスコの街。
ゴールデンゲートブリッジが見えます。
ガイドさんによると、
ここら辺で、もし一軒家を買うとしたら、
5~6億円はするとか。
日本も不動産は高いけど、
アメリカも同じなようで。

DSCN0064.JPG


サンフランシスコ市役所。
DSCN0044.JPG


ロンバートストリート。
クネクネとした道を車が下りてくるという
不思議な場所。
なぜこんな道を作ったんだろう(笑)。
DSCN0106.JPG


路面電車の終点では、
方向を変えるのは手動でしています。
歩いていたら、たまたまその現場に立ち会うことができました。
52.jpeg


お土産物屋さんにあった、
ドナルド・トランプ氏の靴下。
これ、洗濯機で洗ったら、
髪の部分が抜けて、
他の洗濯物に全部くっついて、
めっちゃイライラしそう(笑)。
53.jpeg


正直、
ホームレスの数もかなり多いです。
これもアメリカ。
避けては通れない話題。
image60.jpeg


そして、当然気になる映画館。
上映されていたのは、「ロブスター」。
東京での上映はもう終わっていますね。
名画座でしょうか。
DSCN0205.JPG


楽しかったサンフランシスコ。
旅行は、行くまでは待ち遠しいけれど、
行ってしまうとあっという間で、
帰ってきて数日経つと、
「本当に行ったのだろうか」とさえ思えてくるのが不思議です。


帰ってくれば、
仕事や、様々な雑事が待っていて、
いつもの平凡な日常生活が
既に始まっています。
頑張って生きて、
いつかまた、
どこかに行けるといいな。

nice!(81)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

☆アメリカ旅行 その4☆ [旅行]

サンフランシスコで一番美味しいと
言われている(らしい)、
ハンバーガーショップ、
「SUPER DUPER」。

30.jpeg

二階の席に座ると、
カウンターが見下ろせます。
店員さんたちは私服で、
自由で楽しそう。

14.jpeg

二階はこんな感じ。12.jpeg





朝はお腹が空いて目が覚めてしまう私は、
まだ眠っている友人をそのままに、
朝食を食べに、6時台の街へ。

31.jpeg

33.jpeg


スタバに入ると、黒人さんが眠っています。
私が帰るまで起きませんでした。

16.jpeg


翌日は違うカフェへ。

41.jpeg

パニーニを食べる。

15.jpeg

nice!(74)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

☆アメリカ旅行 その3☆ [旅行]

チェスナットストリートを楽しんだあと、
友人と私は、
歩いてフィッシャーマンズ・ワーフへ向かいました。

image (36).jpeg

DSCN0116.JPG

DSCN0117.JPG

DSCN0114.JPG
クラムチャウダーが美味しいという事で、
食べようとしたのですが、
とにかく大きい(笑)。
2人で1つで十分。




路面電車に乗り、

image.jpeg


次はフェリービルディング・マーケットプレイスへ。
2.jpeg


ここは、名前の通り、
食べ物屋さんがたくさん入ったビルです。

11.jpeg

5.jpeg

6.jpeg

23.jpeg


地下鉄で帰ります。

13.jpeg

nice!(77)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画