So-net無料ブログ作成
検索選択

「パラノーマル・アクティビティ 第2章 TOKYO NIGHT」 [映画]

image.jpg
〔2010年/日本〕


旅行先のアメリカで交通事故に遭った春花(青山倫子)が、
東京の実家に帰ってきた。
両足を骨折して、
完治には半年くらいかかりそうだ。


家族は、父と浪人生の弟・幸一(中村蒼)。
父が仕事で不在がちなため、
必然的に幸一が春花の面倒をみるようになる。
元々、幸一は料理が得意な上に、
春花とも仲がいいので、
そう苦でもなさそうだ。


春花の部屋で怪現象が起こり始める。
幸一は、半分ふざけて彼女の部屋に盛り塩をするが、
朝になると、山型に盛った塩が崩れている。


実は幸一は、春花に内緒で、
カメラを仕掛けており、
塩が崩れた様子も映っていた。


勝手な事をしたと春花は怒るが、
その後も次々起こる怪現象に、
春花の方から、
カメラの設置を願い出る・・・。





また観てしまった「パラノーマル」シリーズ(笑)。
「パラノーマル○○」というタイトルのDVDは、
相当数出ているようだけれど、
これはパクリではなく、本流の1本で、
なぜか東京が舞台。
日本人の女が、
悪魔を日本に連れ帰ってしまったらしい。
「やっちまった」という言葉が頭に浮かぶ(笑)。


キリスト教の素養がない日本に、
悪魔の概念はないと思うんだけど、
主人公の姉弟も最初はそのようで、
お祓いの為に、家に神主さんを呼んだりしている。


でも、姉に憑りついた「何か」は、
離れようとはしない上に、
その後、とんでもない出来事が起こる。
日本の神様より、
悪魔の方が強いらしい(笑)。


色々な映画サイトを見ると、
「こんなもんで怖がるなー!」というご意見も多いけれど、
私は怖かったなぁ。
だって、日本の、どこにでもある一軒家で起こった出来事で、
とっても感情移入しやすい。


それから、主演の、
青山倫子さんと中村蒼さんの演技が
すんごく自然で、
それも怖さ倍増の理由かも。


私には男の兄弟がいないせいもあるけど、
兄弟の組み合わせで、
一番好きなのが、
姉と弟。
(もちろん、仲がいい事が大前提だけど)


この映画での青山さんと中村さんの関係は、
それはもう、微笑ましいような感じで、
普段は軽口たたきあったり、
ときには、軽く言い争いもするけど、
姉の為に一所懸命になる弟と、
いざという時、弟を守ろうとする姉の気持ちが、
とてもよく出ているんだな。


ホラーな部分を除けば、
そこにとても好感が持てる内容。


ここまできたら、
シリーズ最後まで観るぞ(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(30)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「口笛を吹く渡り鳥」 [映画]

kuchibuewofukuwataridori.jpg
〔1958年/日本〕


医者の卜斎(笠智衆)と、彼の娘・おせつ(若尾文子)は、
診療の帰り道、渡世人の伊太郎(長谷川一夫)と出会う。


伊太郎のようなヤクザ者を卜斎は嫌ったが、
おせつはまんざらでもない様子。


籠屋から理不尽な請求をされ、
困っている娘・おみよ(中村玉緒)を助けたり、
乱暴な武士を川に落としたりと、
伊太郎はカッコのいい所を見せるが、
卜斎は彼を相手にしない。


その夜、旅館・つたやに泊まった伊太郎は、
おみよが身売りされた事を知り、
彼女を助けるが、
鉄砲で肩を撃たれてしまう。


卜斎の診療所に倒れ込んだ伊太郎を匿い、
看病したおせつは、
伊太郎の男っぷりに本気で惚れてしまうが、
彼女には許嫁がいた。
卜斎は、おせつの気持ちを案じ、
伊太郎に、出て行ってほしいと言った。


その後、つたやの主人と代官所の
結託した悪行三昧を咎めた卜斎は
牢に入れられてしまい・・・





若尾文子さん目的で観たのだけれど、
若尾さんのお父さん役を、
笠智衆さんが演じている事に驚いた。


こんな組み合わせって、
今まで観た事あったかしら?と、
とても珍しい気がしたけど、
私の脳味噌だから、
観た事あるのに忘れちゃってるだけなのかもしれないけど(笑)。


この笠さんがいいんだなぁ。
立派なお医者さんで、
人間としても高潔で、
一本筋が通っている。


弱い者にはとても優しいけど、
ヤクザ同士の喧嘩なんかは、
横で起こっていても、
気にもかけず、さっさと通り過ぎる。
野次馬根性丸出しの私には、
絶対できない事なので、
こういった人を見ると、心底感心してしまう。


長谷川一夫さんは、
キメキメすぎ(笑)。
登場する時、いつも口笛って、
イマドキなら、絶対ない設定(笑)。


この長谷川さん、
若尾さんと菜の花畑で、
かくれんぼするシーンがある。
2人は25歳差よ(笑)。
50歳の長谷川さんがはしゃぐってのが、
ちょっと可笑しかった。


評価 ★★★☆☆

nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「喰女 クイメ」 [映画]

kuime.jpg
〔2014年/日本〕


舞台で「四谷怪談」を演じる事になった、
後藤美雪(柴咲コウ)と長谷川浩介(市川海老蔵)は、
私生活でも恋人同士。


美雪は浩介の女癖の悪さを、
日頃から辛く思っているが、
それを表情に出す事はしない。


舞台の稽古も大詰めとなり、
美雪が演じるお岩と、
浩介が演じる伊右衛門は、
おどろおどろしい世界を展開する。


そんな中、浩介は、
同じ舞台に出演する新人女優・中西美帆と、
一線を越えてしまう。


現実と舞台とがシンクロし、
美雪は次第に精神の均衡を崩してゆく・・・。





いきなり、市川海老蔵と柴咲コウの性交シーンから始まった
この映画。
しかも結構生々しい。
でも、良かったわ。
いや、エロシーンが良かったのではなく(笑)、
映画が始まっても、小声で喋っているお客さんがいて、
その方たちが急に黙ったから。
お喋りの口をつぐませるのに、
エロシーンは効果的ね(笑)。


映画のジャンルは、
一応ホラーという事になるのだろうが、
私はそれより、
柴咲の恋愛感情の方に
とても惹かれた。


彼女は海老蔵演じる恋人の浮気に、
いつも悩んでいる。
そして、バスルームのゴミ箱には、
大量の妊娠検査薬。


彼女が妊娠を望んでいたのか、
いないのかは、
ちょっと微妙な感じだけど、
それが映るだけで、
彼女の心の何かが壊れているのが分かる。


その後、彼女は、
自分の体に、とんでもない行為をする。
それは、深呼吸しながらでないと
観られないような場面で、
怖ろしいというか、痛そうというか。
目を逸らしたくなったけど、
もったいなから、とりあえずちゃんと観た(笑)。


舞台劇も大変に面白い。
舞台の面白さは、
私にはまだまだ分からない部分が多いけれども、
この劇中劇が本当に上演されているなら、
観に行ってみたいなと思わせられる。


柴咲さんの付き人役を、
マイコさんという女優さんが演じているわけだけれど、


この方は、ついこの間、
愛する妻夫木君とのお付き合いが発覚したとの事で、
まじまじと顔を見てしまった(笑)。


さらに、妻夫木君と柴咲さんとは、
元恋人同士だとの噂があるお二人。
元恋人と現恋人の共演?
妻夫木君、モテモテだ(笑)。
まぁ、映画の話題作り半分ってとこかもしれんけど。


評価 ★★★☆☆

nice!(26)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「パラノーマル・アクティビティ2」 [映画]

image.jpg
〔2010年/アメリカ〕


前作から遡り2ヶ月前。


ケイティ(ケイティ・フェザーストン)の妹・クリスティ(スプレイグ・グレイデン)が
男の子を出産し、
家に戻ってくる。
夫・ダニエル(ブライアン・ボーランド)は再婚で、
年頃の娘・アリ(モリー・イフラム)がいるが、
家族仲は良好だ。


男の子はハンターと名付けられ、
家族の愛情を一身に受ける。
そんなある日、家の中がひどく荒される事件が起こる。


泥棒と考えたダニエルは、
合計6台のカメラを据え付け、
家の中を常に監視する事に。
するとその日を境に、
怪現象が起こるようになる。


どうやら、大昔、
ケイティとクリスティの曾祖母が、
富と名声の為、悪魔と契約し、
その生贄として、一族で生まれた最初の男児を
差し出す約束をしていた事が分かる・・・。





1作目を観たら2も観たくなり、
すぐレンタルしちゃった。
4作目まで、短い期間に観ちゃいそうな気がする。
馬鹿だね私も(笑)。


物語は1作目より2か月前。
赤ちゃんを迎えて浮足立つ家族。


基本の展開は1と同じ。
家の中に据え付けたカメラが、
怪現象を映し出す。


ただ、1は、
最初から怪現象が起きているという前提でいたけれど、
こちらは防犯の為。
なので、主人のダニエルは、
オカルト的な現象を、
中々信じようとはしない。


彼の気持ちも理解できる。
私もそういった事は、
ほぼ信じない人間だから。


曾祖母が男児を差し出す契約をしたと言うけれど、


もしもケイティとクリスティが、
一人も子供を生まずに、一生を終えたらどうなるんだろう(笑)。
アメリカの出産事情は分からないけど、
日本だったら、
この少子化の折り、
十分有り得る事だと思うんだけど。


悪魔は地団太踏んで悔しがるんだろうか(笑)。
それとも一族の範囲を広げるとか?


評価 ★★★☆☆

nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「パラノーマル・アクティビティ」 [映画]

ParanormalActivity.jpg
〔2007年/アメリカ〕


ミカ(ミカ・スロート)とケイティ(ケイティ・フェザーストン)は、
同棲中のカップル。


2人は幸せに暮らしているが、
ケイティには悩みあった。
8歳の頃から、
自分の周囲で怪現象が頻繁に起こるのだ。


そんな彼女の為にミカは、
カメラを回し、その正体を突き止めようと考える。


撮影日数が増えるにつれ、
ケイティの不安は増す。
その「何か」は、
刺激すればするほど、
自分に近付いてくるように
感じられたからだ。


やはり家の中に何かがいる。
その証拠がハッキリと分かり、
2人は・・・。





ハンディカメラ一つで撮影された映画。


登場人物もほんの数人で、
ただひたすら、一軒の家の中を
撮っているだけなのに、
なぜか最後まで飽きずに観てしまう。


それどころか、
カメラが固定された深夜の場面などは、
少しの変化も見逃すまいと、
目を凝らして見入っている自分に可笑しくなってしまう。


めちゃくちゃ、というほどではないけど、
やっぱり怖い。
何かに掴まりながら観たいと思うのだけれど、
生憎、私の家には、
クッションもぬいぐるみも無く、
仕方ないから、枕を抱きしめながら観る(馬鹿だ(笑))。


実際に起こった事のような体で作られているので、
ケイティ役の女優さんなどは、
普段私が見ているハリウッドの痩身の女優さんとは少し違う、
ふくよかな感じで(一般的なアメリカ人女性の体型だと思う)、
それがかえってリアル。


映画の大筋とは関係ないけど、
このケイティ、
せっかく、怪現象の原因を解明しようと
頑張ってくれているミカに対して、
酷い物言いの場面があって。


それでいて、
何かあるとミカに頼る。
ちょっと都合良すぎな気がするわ。


続編が4まであるので、
細部を忘れないうちに観てみたい。


評価 ★★★☆☆

nice!(27)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画