So-net無料ブログ作成

「バウンス ko GALS」 [映画]

Bouncekogals.jpg
〔1997年/日本〕


新幹線で田舎から出てきた高校生・岡元夕紀子は、
明日、ニューヨーク行きの飛行機に乗る予定。
向こうでの生活のために
所持金30万を持っていたが、
もう少し増やそうと、ブルセラショップに行く。


一方、都内の女子高生・矢沢心は、
堕胎したその足で、
知らないおっさん・役所広司とホテルに入るが、
実は役所は、その辺りを取り仕切るヤクザで、
ケータイと学生証を奪われてしまう。


矢沢に泣きつかれた友人・佐藤仁美は、
奪われた物を取り返すべく、
役所の所に出向き、
逆に質問される。
「大人はなぜ女子高生に群がるのか」、と。


ブルセラに行った岡元は、
店長・桃井かおりの紹介で、
ビデオ撮影をするというマンションに行く。
しかし、聞いていた以上の過激なものを要求され、
何とか逃げ出すが、
30万を奪われてしまう。


一緒に逃げた女子高生・佐藤康恵は、
岡元からニューヨーク行きの事を聞き、
金を作ってやると言う・・・。





世相や風俗について考える時、
○○前、○○後、と分ける事がよくある。
よくあるのは、戦前、戦後とか、
最近では、震災前、震災後など。


で、私の中で、時々考える「前」「後」の一つに、
ケータイ前とケータイ後がある。
本当に、ケータイ電話の出現は、
良くも悪くも、
人々の生活を変えてしまったと思う。


で、この映画。
公開された1997年といえば、
ケータイの普及し始めの頃で、
セリフの中にも、
「あ、ケータイ持ってるんだ」と、
珍しそうに言う場面がある。


売春する女の子たちが男と出会うきっかけは、
メールやラインではなく、
伝言ダイヤル?みたいなものを介してだ。


それって、今観ると、とても生々しい。
とりあえず、相手の肉声が聞けて、
年齢やら雰囲気やらが想像できる伝言ダイヤルは、
ケータイやPCで出会うのとは、やっぱり違う。


ブルセラショップというのも、
当時話題になったけれど、今でもあるんだろうか。
まぁ、あるんでしょうね。
いくら取り締まったって、
そういったものは、雨後の筍のように次々出てくるわけだし。


女子高生の実態がどうのとか、
それについては、私は何も言わないし分からないし。
女子高生の全員が売春をしているわけじゃなし、
そういった子はほんの一部。
危ない目に遭っても、
それは自己責任としか言いようがない。


「客から金だけ巻き上げて逃げたって、
相手は恥ずかしくて警察には訴えない」と彼女たちは言うけれど、
警察には訴えなくても、
ヤクザに泣きつく奴はいる、と役所広司は言う。


ああ、確かに。
私も訴える先は、警察しか頭に浮かばなかったから、
その言葉にはハッとさせられた。
元々、ヤクザは、
自分たちの売春産業に浸食してくる女子高生を
苦々しく思っているわけで、
そんな訴えがあったら、即座に動くのは当然。


女子高生は個人でやってるんだから、
足はつかないと思うかもしれないけれど、
あれだけ毎夜、手広く商売(?)していれば、
自然に名前が知れ渡るってもんだ。


役所演じるヤクザは紳士だけど、
現実はそんなものではないだろう。


評価 ★★★☆☆

nice!(26)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ブルーバレンタイン」 [映画]

bluevalentine.jpg
〔2010年/アメリカ〕


ライアン・ゴズリングとミシェル・ウィリアムズは、
結婚7年目の夫婦。


妊娠を機に結婚した2人。
お腹にいた子も、
今は可愛く成長し、
本来なら幸せなはず。


けれど、2人は上手くいっていない。
病院で忙しく働くウィリアムズに対して、
ゴズリングは朝から酒を飲み、
塗装工の仕事もおざなりだ。


ただ、互いの感情を激しくぶつけ合う事はない。
今の状況を息苦しくは思うけれど、
どうする事もできない。


ゴズリングは、現状を打破すべく、
娘を親に預けて、
ウィリアムズをラブホテルに誘った。
ウィリアムズは全く乗り気でなかったが、
強引に連れて行かれる。


そこで起こった事。
そして、その後に2人は・・・。





結婚生活において、
悩んだり、不満を感じているのは、
大抵、妻の方で、
夫はそんな妻の気持ちに全く気付かず、
突然の熟年離婚宣言・・・
なーんてパターンが多い気がする夫婦関係だけれど、
この映画の場合、
夫のライアン・ゴズリングも、
妻のミシェル・ウィリアムズと同じくらいか、それ以上に、
色々悩んでいるように見えた。


ゴズリングは、「男の方が女より、絶対ロマンティストだ」と言う。
きっと彼は、
結婚は恋愛の延長だと考え、
生活を優先するウィリアムズとの間に、
齟齬が生まれたのかもしれない。


興味深かったのは、
ゴズリングを車で待たせて、
ウィリアムズがスーパーで買い物をしていたら、
彼女の昔の恋人にバッタリ遭遇した場面。


ウィリアムズは、車に乗ってすぐに、
その事をゴズリングに言わず、
少し走った所で報告する。


それがかえって、
ゴズリングの心を逆撫でさせる。
「どんな会話をしたのか、なぜすぐに言わないのか」と。


人の心って本当に不思議。
同じ事でも、報告する時間が、
ほんの微妙に違うだけで、
相手の気持ちを全く違うものにさせてしまう。
特に、なんとなく後ろめたい事だと尚更。


映画では、2人の過去と現在を映し出すのだけれど、
ゴズリングの髪型が凄い。
頭髪の前を、かなり後退させ、
時間の経過を描いている。
大変に力が入っていると思われる。


DVDのパッケージに書かれた言葉、
「永遠に変わらない愛なんて、ないの」。
どうなんでしょ。
たしかに、同じ人と長年一緒にいたら、
出会った頃のような、
激しい情熱は無くなってしまうとは思うけれど、
あとは、状況次第という所もあるんじゃないのかな。
ずっと仲のいい夫婦だっているわけだし。


この映画だって、
ゴズリングが何かで出世して、
向上心の強いウィリアムズを刺激してくれたら、
少なくとも、今の状態にはならなかったような気が。


それから、ウィリアムズにも、
ちょっと感謝の気持ちが足りないとも思う。
詳しくは書かないけれども、
彼らが結婚に至るまでには、色々あって、
ウィリアムズはゴズリングにかなり助けられているのよ。
基本的に、とても優しい男だと思うんだけど。


結局、誰かと一緒に暮らすのは、
「ま、いっか」という、ある程度の鈍感力が必要なのかもしれないな。


評価 ★★★☆☆

nice!(27)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「家庭の事情」 [映画]

kateinojijo.jpg
〔1962年/日本〕


7年前に妻を亡くした山村聡は、
若尾文子、叶順子、三条魔子、渋沢詩子の
4人の娘と暮らしている。


今日は山村の誕生日と定年退職の日が重なり、
家族でパーティ。
その席で彼は、
退職金150万円と預金100万円、
合わせて250万円の現金を50万円ずつに分け、
5人で平等に分ける。


叶は、恋人・田宮二郎から、
「兄の会社を立て直すのに50万円が必要だ」と、
予てから言われており、
父からの金をポンと渡してしまう。


叶が田宮からホテルに誘われ、
入口でグズグズしていると、
なんと中から若尾と男が出てくる。
若尾は会社の上司と不倫をしているのだ。


渋沢は勤務先の会社で、
男性社員相手に、50万円を元手に金貸しを始める。
給料前で金のない川口浩ら社員は、
渋沢に群がる。


山村は、内気で勤めにも出ず、
家事をしている三条の身を案じていた。
この子に相応しい相手を見つけてやりたい、と。
そして、そんな彼にも縁談が持ち上がり・・・。





父と、年頃の4人の娘という、
ホームコメディ。


ただ、出だしはコメディにしては深刻。
長女の若尾文子の不倫相手の上司は、
めっちゃ嫌な奴で、
彼女を弄びながらも、退職を勧めたりする。
しかもストーカーっぽい。


叶順子の恋人の田宮二郎にしたって、
どう見ても胡散臭い。
「女に金を借りようなんて、ロクな男じゃないよ」と
言いたくなるけれども、
田宮との結婚を夢見る叶は、もう必死。


それから、山村聡が、
ただの家庭のお父さんというわけでなく、
これが外では結構モテる(笑)。
それから、見合い相手の女性からも、
「ぜひ結婚したい」みたいな意思表示をされるし。


辛い恋をしている娘たちだけれど、
そこはコメディ。
誰か男性俳優が登場するたびに、
この人はあの娘と結ばれるんだろうな、と、
オチが読める(笑)。
それが悪いわけではなく、
逆に結構楽しめる。


私は若尾さんと川口浩様が出ているだけで満足。
浩様は脇役だけど、なんとも調子のいい、
若いサラリーマンを演じておった。
やっぱり可愛い♪


源氏鶏太原作の小説を映画化したらしいけれど、
今、色々調べていてビックリ。
数年後、同じ話を日活で、
「四つの恋の物語」というタイトルで映画化しているという。


しかも、父親役が笠智衆さん、
娘役は、 芦川いづみ、十朱幸代、吉永小百合、和泉雅子って、
なんて豪華なの!
あーー、観たい観たい観たい~(笑)。
名画座で上映されるのを待つか、
安いソフトを探すしかないんだろうけど。


評価 ★★★☆☆

nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「夜の蝶」 [映画]

yorunocho.jpg
〔1957年/日本〕


無数のバーがしのぎを削る夜の銀座。


この界隈でトップと言われる、
「フランソワ」を経営するマリ(京マチ子)は、
近いうちに京都から進出してくる、
おきく(山本富士子)の開店する店が、
気になって仕方がなかった。


元々、大阪道修町の薬問屋の奥様だったマリは、
夫を、芸子時代のおきくに奪われたという因縁があるのだ。


バー「おきく」が華々しく開店した。
銀座では珍しい、京風の店に、
お客の評判も上々。
偵察に行ったマリも、その雰囲気に圧倒される。


一方、関西で手広くデパート経営をしている白沢(山村聡)が、
東京進出を目指し、上京してきた。
マリは白沢に惚れていたが、
実は白沢はおきくのパトロンで、
おきくの銀座進出も、彼の力添えがあった。


しかし、おきくには本命の恋人・原田修(芥川比呂志)がいた。
医大で研究生活をする原田は貧しかったが、
おきくは彼との結婚を夢見ている。


白沢の東京進出が失敗に終わる。
弱っている彼に近付いたマリは・・・。





京マチ子と山本富士子が銀座で対決、と聞けば、
期待しないわけがない。


二人とも、顔はにこやかに笑いながら、
そりゃあもう、内心では火花バチバチで、
腹の内を知るこちらは、
それを面白がって観る。


どこか淫蕩な感じがするマリと、
どこまでもたおやかなおきくの対比が面白く、
でも、人当りのいいおきくの方が、
案外強かなのよね、なんて思ったり。


マリが夫を奪われたエピソードにしたって、
京と山本の役を入れ替えた方が、
普段の二人のイメージには合うと思うけれど、
その意外性が面白い。


おきくにも可愛い面が無いわけではない。
研究者の原田に、本気で惚れているようだ。
けれど原田は、どうみても及び腰。
私が見ても、釣り合いが取れていない。
まぁ、彼がおきくと一緒にならない理由は、
他にあるのだけれど。


ラストは壮絶。
そうきたかって感じで。


一箇所、残念に思ったのは、
ラスト近くの二人の対決のクライマックスが、
電話で行われた事。
目と目を見合わせての方が
良かった気がするんだけど、
どうなんでしょ。


評価 ★★★☆☆

nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「愛の渦」 [映画]

ainouzu.jpg
〔2014年/日本〕


乱交パーティが毎夜行われている、あるマンション。
会費は、男20,000円、女1,000円。


ニートの青年・池松壮亮、
フリーターの新井浩文、
サラリーマンの滝藤賢一
蒲田の金型屋の工員・駒木根隆介、
女子大生の門脇麦、
保育士の中村映里子、
派遣OLの三津谷葉子、
パーティの常連・赤澤セリ
の8人の男女が今夜のメンバー。


全員、シャワーを浴び、
バスタオルを体に巻きつけ、気まずい雰囲気で顔合わせ。
おずおずと会話をしながら、相手の様子を伺う。


池松×門脇
新井×中村
滝藤×三津屋
駒木根×赤澤


という組み合わせで、
一回戦(?)が終わる。


二回戦は、新井と滝藤が相手を交換しただけで、
池松と駒木根は、また同じ相手と交わる。


三回戦の前に、飛び入りでカップルが参加し、
場の雰囲気が少し変わる。


時間の経過と共に、
各人の人間性が、
少しずつむき出しになってゆき・・・。





ポルノじゃないけど、
まぁ、ポルノっぽい映画である事は間違いない。
当然、R18+指定作品。
劇場は連日、大盛況だと聞いた。
私が観た回も、満席というほどではないけれど、
殆ど埋まっているように見受けられた。
皆さん、好きだよね(笑)。


123分の映画の中で、
登場人物たちが着衣しているのは18分30秒だけだという事だ。
ただそれは、体に巻いたバスタオルは着衣ではないと見なした場合であろう。
100分以上も、全裸でいるわけではない。


細かい事はともかく、
見知らぬ男女が性交だけを目的に、
一堂に会するという設定は、
裸の合コンと取れなくもない。


集まった男女は、
言葉には出さなくても、
相手を値踏みする。
「この中で一番いいのは誰だ、
こやつだけは勘弁、と思われるのは誰だ」って。
自分だって選ばれる立場だけど、
まぁ、それは置いておいて(笑)。


そして、そんな短時間の間にも、
人の心の本音や、
部屋にいるそれぞれの人間への不満のようなものが
噴き出してくる。
その様子が、
馬鹿馬鹿しいやら、滑稽やら。


飛び入り参加のカップルが登場して、
話はますます盛り上がる。
こう書いては、大変に申し訳ないけれど、
カップルの女の子の方が、
あまり異性から好まれそうもないルックスで、
男性陣はドン引きする。


で、彼女は結局、参加者の一人と交わるんだけど、
その後の展開がまた、可笑しくて。
詳しくは書かないけれども。


元々は、岸田國士戯曲賞を取った舞台劇の
映画化だそうだ。
登場人物たちの会話がテンポよく、
劇場内では、何度も笑い声が起こったし、
私も笑った。


この映画、
「人間の本質とは」とか何とか、
言い出せばいくらでも出てきそうだけれど、
あえて、そのような事は考えずに観るのも良いかもと、
ちょっと思ったりした。
性欲だけで、一夜の関係を求めて集った男女。
それだけでいいじゃないか、と。


ただ、池松壮亮と門脇麦の間に流れる、
ある種の感情がとても興味深い。
そのあたりの演出が大変にいい。


評価 ★★★★☆

nice!(21)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画