So-net無料ブログ作成

「モネ・ゲーム」 [映画]

Monetgame.jpg
〔2013年/アメリカ〕


美術鑑定士・コリン・ファースは、
大金持ちのアラン・リックマンに、
モネの名画、「積みわら 夏の終わり」の贋作を
掴ませようと計画を立てる。


相棒に選んだのは、
カウガールのキャメロン・ディアス。
彼女をこの絵画の持ち主に仕立て、
イギリスに呼び寄せ、
リックマンに会わせる。


リックマンは、
モネの名画を、アメリカのトレーラーハウス暮らしの女が
持っているわけないと、
最初はファースの言葉を信じなかったが、
ディアスの魅力に満更でもない様子。


話しは上手くいくかに思われたが、
リックマンが別の鑑定士に、
絵の鑑定をさせると言い出し、
ファースは大慌て。


リックマンのパーティに出掛けたファースたちは、
屋敷に忍び込み・・・。





コリン・ファースとキャメロン・ディアスの、
コミカルな小作品。


モネの贋作を掴ませるというお話だけど、
それより、
途中で起こるドタバタを見せる映画。


予告でも何度も流れていたけれど、
登場人物たちが裸や下着姿になる場面が
やたら多くて(笑)。
女性のディアスは分かるとして、
男性陣も。
ファースなんて、英国王まで演じたってのに、
この映画では、そのような威厳はゼロ(笑)。
大好きだから、いいけど。


メインは、彼がホテルの廊下に置かれていた、
調度品の壺を盗んだ事から起こる、
一連の騒ぎかなぁ。
騒ぎっていっても、
彼が一人であたふたしてるんだけど。


犯罪物には違いないんだけど、
騙されるのは大金持ちだから、
ま、いっかって感じで軽く観ていられる。
それに、アラン・リックマンが、
人を見下したような、嫌な奴で。


途中、多数出てくる日本人を、
リックマンがめっちゃ馬鹿にしてて。
何年経っても、日本人のイメージって、
あんなものなのかと思うと、
ちょっと悲しかった。


この映画が、
「泥棒貴族」という1966年の映画のリメイクだと、
ついさっき知ってビックリ。
オリジナルの作品だとばかり思っていたから。
シャーリー・マクレーンとマイケル・ケインの共演だそうだ。
観てみたいなぁ。


評価 ★★★☆☆

nice!(25)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「中学生円山」 [映画]

chugakuseimaruyama.jpg
〔2013年/日本〕


中学2年生の丸山克也(平岡拓真)は、
幼い頃から妄想癖のある少年。
現在の彼は、その年頃にありがちな、“エロ”で頭の中がいっぱい。
今の彼の最大の目標は、
自分の陰茎を、自分の舌で舐める事であり、
それを実現させる為なら、
どんな努力も惜しまない。


彼の家族は、
フルーツ好きの父親(仲村トオル)、
韓流ドラマ大好きの母親(坂井真紀)、
小学5年生の妹。
一家は都内の団地で暮らしている。


ある日、円山家に、
真上の階に引っ越してきた下井(草なぎ剛)が
挨拶にやって来た。
下井は、仕事をしている様子もなく、
一日、幼い息子のベビーカーを押して歩いている。


ある日、近所で殺人事件が起こり、
平和な団地は大騒ぎ。
克也は得意の妄想の中で、
下井を犯人だと決めつけ、
友人にそれを話し、嘘つき呼ばわりされてしまう。


一方、母は、韓国人の家電修理の青年・朴(ヤン・イクチュン)に熱を上げ、
日中誰もいない家に呼んでは、
家電の修理をさせるようになる。


さらに妹は、
近所の徘徊老人を自分の恋人だと言い、
デートと称して、手を繋いで歩いたりしている・・・。





変なの(笑)。
中学生の男の子って、
みんなあんななのだろうか。
誰もが一度は試みる、って言ってるけど、
女の私にはよく分からない(笑)。


彼はしょっちゅう下半身を露出していて、
その隠し方が何だかギリギリだもんだから、
観ていて、ヒヤヒヤしてたまらなかった。
現場では、どうやって撮影しているのかと、
つまらない事が気になっちゃって(笑)。


この円山を演じた平岡拓真くんって、
本当に15歳なのね。
こんな役をして、
学校でいじめられないかと、
その方が心配なくらい。


色々なエピソードが詰まってる映画なんだけど、
私は円山の母のお話が一番好き。
いかにもな韓流好きという、専業主婦の様子が笑える。
家電修理の韓国青年(彼にも秘密がある)に夢中になって、
わざと冷蔵庫を壊す場面なんか、もう凄くて(笑)。
ただ、彼女の気持ちも分からなくもないわ。
私もミーハーだから(笑)。


徘徊老人と妹のお話は、わたし的にはイマイチかなぁ。
小学生の女の子の、
ああいった話しはなんだか好きになれない。
妹の友達のお話の方がまだマシかな。


草なぎ君が楽しそうだった。
ただ、彼が目当てだけで観にいくと、
ちょっと違和感あるかも。
それから、お付き合いを始めたばかりの恋人や、
あと家族とは、
一緒に観ない方が無難かも(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(21)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「まじめに愛して」 [映画]

majimeniaishite.jpg
〔1974年/フランス〕


ジェーン・バーキン、
リシャール・ルドウィック、
アンドレア・フェレオル。


彼らは生活を共にする、
男2人女1人のカップル。
(カップルというのが正しいのかは分からないけれど、
 他に言葉が見つからない)


3人組ではあるけれど、
互いに嫉妬するわけでもなく、
ベッドも、入浴も、全て一緒。


彼らは中古のオープンカーを買って旅に出て、
行く先々で、様々な悪戯をして楽しむ。
時には、悪戯の対象が、
3人のうちの誰かになったりもする。


大人の男が現れ、
1度は亀裂が入ったように見えた彼らだったが、
やはり絆は深いようで・・・。





先日に続いてまたまた、ジェーン・バーキン。
この映画も内容は殆ど無いけれど、
3人組という、変則的なカップルの現在と未来を描いた、
コミカルな内容。


男2人と女1人が一緒に暮らして、
現実には、果たして上手くいくのかどうか、
それは分からないけれど、
この映画での彼らは、
とても楽しそうにやっている。


バーキンの父親が突然アパートに訪ねてきて、
3人暮らしを知った時の、
途惑った表情が可笑しい。
まぁ、父親も好き勝手しているようだから、
怒ったりはしなかったけど。


下品な話で申し訳ないのだけれど、
ベッドの中での関係はどうなっているのか、
ちょっと興味が湧く。
(おそらく、多くのかたがそうなのでは?(笑))
男と女は分かるけれど、
男と男も関係するのか?とか。
さすがに、そこまでの表現はないので、
分からなかったけれども。


旅先での悪戯も笑える。
たとえば、
バーキンと男の1人が新婚旅行、
もう1人の男が下男という設定で、
ホテルにチェックイン。
ルームサービスが部屋に入っていくと、
3人が全裸でベッドで寝ていて仰天、といった風な。


ラスト近く、
3人の関係ももはやこれまでか?と思わせておいて、
再会する場面が、コメディタッチなんだけど、
なんだか良い。
さらに、ラストのラストが、
可愛いくて、大好き。


評価 ★★★☆☆

nice!(26)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「星と嵐」 [映画]

hoshitoarashi.jpg
〔1976年/日本〕


山に命を賭ける男・三浦友和。
もうすぐ大学卒業だというのに、
頭の中は登山の事だけ。


そんな彼を、父・ハナ肇は苦々しく思っており、
諍いが絶えない。
しかし、母・八千草薫と、姉・音無美紀子は、
三浦を見守っている。


父はベテランの消防士で、
非番の日でも、火事があれば飛び出してゆく。
母は、心配で心臓を悪くしていたが、
その事を父は知らず、
家では横暴な態度の父に、
三浦は、怒りを募らせるのだった。


ある日、母が倒れ、病院で急死してしまう。
父のせいだと罵った三浦は、
そのまま家を飛び出し、
大学を休学し、バイト生活をするようになる。


夏の海岸で働いていた三浦は、
海の家で働く少女・片平なぎさと語り合うようになる。
しかし、片平は地元のヤクザに絡まれ、
拉致された挙句、凌辱されてしまう。
彼女を助けられなかった三浦は・・・。





テーマがブレちゃってて、何だかよく分からない映画。


山が好きでたまらない三浦友和という設定なのに、
彼が山に登るシーンは、
最初の数分だけ。
その先も登山シーンがあるものだと思っていたのに、
それっきり(笑)。


その後は、ずっと、
彼の家庭内のゴタゴタが描かれ、
ホームドラマのようだ。
父との確執、
母の病気と死。
父の母に対する態度は、
観ているこちらがムカつくくらいの横暴さで。


で、三浦が家出してから、
また話の雰囲気がコロッと変わる。
一応、片平なぎさはこの映画のヒロインなんだろうけど、
出番も短く、
あれでは、ヤクザに乱暴される為に出てきたようなものだ。
(直接的な場面はないが)
まだ17歳の、デビュー間もない娘がこんな役、
片平さんの家族が観たら、
嫌な気持ちになりそうだ。


しかも、「来年の夏、また会える」と言っているから、
「そうか、2人は再会するのね」と思っていたら、
そのような気配さえないまま、映画は終わった。
彼女が出てきた意味って一体・・・。


ラストはもう一波乱あって、
やっと理解し合う、三浦とハナ肇。
父子問題だけ、大団円。
しかも、その時の三浦のセリフが振るってる。
彼は先輩から、夢だったアイガー北壁登山に誘われていたのに、
「俺、行くのやめようかな」だと。
やめるって、あんた、
山に命を賭けてたんじゃないの?と
小一時間聞いてみたくなったよ(笑)。


私は、初期の頃の三浦さんって、
百恵さんとだけ映画を作っていたのかと思っていたので、
片平さんとの共演に、ちょっと驚いた。
調べてみると、百恵さんとの映画の合間に、
この作品が撮られた事になる。
ホリプロとしては、
百恵さんに偏らず、新しい相手役を売り出そうとしていたのか。


評価 ★★★☆☆

nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「不倫」 [映画]

furin.jpg
〔1965年/日本〕


人気評論家・川崎敬三は、
「性の美学」という本で賞を獲る。
彼のポリシーは、
「性はもっと放埓であるべき。
 夫婦の性愛は家畜の交配と同じ」
という過激なもので、
彼自身、結婚制度を憎悪していた。


彼には、しとやかな若尾文子と、
奔放な江波杏子という2人の恋人がおり、
マンションの別の曜日に、
彼女らを呼び寄せるのが日課だった。


しかし、若尾から妊娠を告げられた川崎は、
掻爬させるも、
なんとなく責任を感じ、
一戸建てに引っ越して、
彼女と暮らす事に同意する。
しかしその同棲は、
あくまでも兄妹のように、
寝室も別である事を約束させる。


ある日、江波を自宅に呼び、
若尾に会わせる川崎。
ところが若尾と江波は不思議と意気投合し、
川崎をそっちのけでお喋りが止まらない様子。
さらに江波は、2人の新居に居ついてしまい、
なんとも不思議な3人の同居生活が始まるが・・・。





タイトルから、
人妻の若尾さんが、
間男でも引き入れる話かと思っていたら、
(最近、女性タレントがその話題で盛り上げてくれているようだし(笑))、
全然違ってた。


そもそも、「不倫」とは、
別に浮気だけを指す言葉じゃなくて、
「倫理的でない事」だものね。
確かにこの映画の内容は、
一般の男女の有り方とは大きく違うわ(笑)。


川崎敬三の、
気の弱そうな、それで女好きな様子が可笑しい。
彼は結婚制度を憎んでいると言いながら、
初めて若尾さんに迫った時は、
結婚を餌にしている。
彼ほど結婚を意識している男はいないんじゃないのか(笑)。


江波杏子が片付けたキッチンが綺麗すぎて、
不自然だと感じた川崎は、
わざと汚した食器をシンクに置いたりもする。
なんでそんなにモタモタするのか。
「性の美学」なんて本を書いてるんだから、
もっと堂々とすればいいのに。
「付き合う女はお前一人じゃない」って言ってもいいんじゃない?


若尾さんは、しとやかなようだけど、
本当はとってもしたたか。
川崎の言いなりになっているように見せかけて、
彼はどんどん若尾さんの術中に嵌っていく。


江波が小悪魔で可愛い。
若尾さんとは違った魅力。
川崎がもっと上手く立ち回れる男だったら、
世間の男が羨ましがるような、
楽しい「妻妾同居生活」が送れた気がするんだけど(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画