So-net無料ブログ作成

「萌の朱雀」 [映画]

moenosuzaku.jpg
〔1997年/日本〕


奈良県吉野村。
過疎化が進むこの村で暮らす家族。
主の田原孝三(國村隼)は、村に鉄道を通す為の、
トンネル堀の仕事をしている。


他に、妻・泰代(神村泰代)と幼い娘・みちる、母親・幸子、
そして、孝三の姉が置いていった中学生の息子・栄介の5人家族。


15年後、みちる(尾野真千子)は高校生になり、
栄介(柴田幸太郎)は旅館で働き、家計を助けるようになっていた。
みちるは栄介に密かな思いを寄せているが、
栄介は、泰代が気になるようで、
みちるは何となく面白くない。


泰代は栄介と同じ旅館で働くようになるが、
過労で倒れてしまう。
そんな中、鉄道の引く話が頓挫し、
意気消沈する孝三。
彼はある日、姿を消し、
警察から、孝三らしき男の遺体が発見されたとの
連絡が入る。


夫を失った泰代は、
実家に帰る決心をする。
栄介と離れたくないみちるは、
家に残ると宣言するが、
最終的に、母と一緒に出て行く事を決める・・・。





観終わって、
ネットで色々調べていたら、
自分がこの映画と「殯の森」を勘違いしている事に気が付いた。
「これがカンヌ映画祭でグランプリを取った作品かぁ」と
ずっと思いながら観ちゃったよ(笑)。
失敗だったとまでは思わないけど。


映像は、まるで中国みたい。
出演者たちが中国語を話していたら、
それはそれで納得しそう。
日本でも、あのような山の中で暮らしている人がいるんだなぁと、
分かってはいても、中々実感できない事を、
映像で見せてもらった感じ。


セリフが少なくて、
演じている一部の方が、
素人っぽいから、
ちょっとドキュメンタリーみたいな感じもする。


それから、これは全くの個人的好みの問題だけれど、
従兄妹同士とはいえ、
同居している者が、
思いを寄せるって設定が、
あんまり好きじゃないかな。
なんだか生々しい。


ラスト、誰に感情移入するかで、
感想が全く変わってくる。


泰代の気持ちになれば、
姑と同居の婚家から出て、
実家に帰れる開放感でいっぱいだろうなと
想像できる。


けれど、幸子の気持ちはどうだろう。
息子に死なれ、
生まれた時から一緒にいた孫のみちるも出てゆく。
その淋しさは、想像を絶する。
時は流れ、
人は常に変化し続けている。
仕方ないといえば、それしか言えないけれど、
淋しさは理屈ではないもの。


評価 ★★★☆☆

nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「嵐が丘」 [映画]

arashigaokamatsudayusaku-04df0.jpg
〔1988年/日本〕


中世の日本。
山を司る一族の、東の荘の主・高丸(三國連太郎)は、
薄汚れた浮浪児の少年を連れて帰ってくる。


鬼丸と名付けられた少年は、
下男として東の荘に住み込む事になる。
高丸の息子・秀丸(萩原流行)は鬼丸を嫌うが、
娘・絹(田中裕子)とは親しくなる。


東の荘の女は年頃になると、
巫女になる為に、都へ行かねばならない。
それを嫌がった絹は、
同じ山に住み、東の荘の分家で、
敵対する西の荘に嫁げば、都に行かずに済むと考え、
西の荘の長男・光彦(名高達郎)の元に行く。


怒った鬼丸は、
東の荘を出て、行方が分からなくなるが、
数年後、金持ちになって戻ってくる。
そこから鬼丸の復讐が始まる。





最近、続けて観た「嵐が丘」の舞台を日本にして描かれた作品。


でも、これはいま一つ。
ヒースクリフに当たる鬼丸演じる松田優作が、
なんでそんなに頑張っちゃってるのか分からないくらい、
力んでいて、
他の出演者たちの演技も、必要以上に仰々しく、
逆にこちらが白けてしまう。


そもそも、鬼丸がそこまで復讐心に燃える理由が分からない。
絹は、特に鬼丸を裏切ったというわけではなく、
都に出るより、山にいる方がマシという理由で、
光彦と一緒になる。


それに、高丸は、長男の秀丸より、
鬼丸を自分の跡取りにと考えるくらい、
目を掛けている。
これでは復讐する動機が見当たらない。


絹は光彦に嫁ぐ前夜、
鬼丸と初めて結ばれるのだけれど、
そのラブシーンが、とっても変(笑)。
何であんな不自然な形なのか。
色々、映るとマズいからか?(笑)


原作がある物を、
時代を変えたり、国を変えたりして、映画化するのは、
面白くて好きなんだけどな。


例えば、フランスのコデルロス・ド・ラクロ原作の、
「危険な関係」。
これも、色々な国で何度も映画化されているけれど、
その度に面白い。


元々はフランスの宮中の物語だけれど、
フランスはもちろん、
(「危険な関係」数本、「華麗な関係」、「恋の掟」などなど)
現代アメリカの高校生が主人公になったり、
(「クルーエル・インテンションズ゙」)
ペ・ヨンジュン主演で韓国宮廷を舞台にしたり、
(「スキャンダル」)
果ては、にっかつロマンポルノ版(!)まであるらしい。
(これは未見(笑))。


何が言いたいのかって、
つまり、舞台を日本にしたからつまらないのではなく、
映画自体がつまらないという事じゃないのかな。
不必要なエピソードが多すぎだし。


評価 ★★☆☆☆

nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「地底探険」 [映画]

chiteitanken.jpg
〔1959年/アメリカ〕


19世紀末、地質学者・リンデンブロック教授(ジェームズ・メイソン)は、
男爵の位を授けられ、
その祝いに、教え子アレック(パット・ブーン)から、
珍しい溶岩を贈られる。


それを溶解してみると、
なんと、中から地底への道が標されたおもりが出てくる。


教授とアレックは、
スウェーデンの高名な地質学者・ゲタボルグを訪ねるが、
なぜかゲタボルグは毒殺された後だった。


教授とアレックとゲタボルグの未亡人・カーラ(アールン・ダール)、
そしてアイスランド人の助手・ハンスの4人は、
地底を探検する事にする。


噴火口から地底へ下りてゆく一行に、
様々な困難な出来事が起こる・・・。





ジュール・ヴェルヌの小説・「地底旅行」の映画化。
最近の映画、「センター・オブ・ジ・アース」の、
オリジナルでもある。
(私は「センター~」は未見だけれど)。


「地底に、もう一つの世界がある」
なんともワクワクするような話だし、
映画も、なんだか可愛い。
地底は、いかにもな作り物のセットなのだけれど、
でも、想像力を膨らませるには十分だ。
俳優さんたちも、
そんなセットの中で、
一生懸命に演技しているように見えた。


地底を進んでゆく一行は、
様々な困難に出会う。
大水が出たり、
岩が崩れたり、
巨大なとかげに襲われかけたり、と。


まるで「インディ・ジョーンズ」の古い版といった趣。
今ある冒険映画は、
こういった古い時代の映画の流れを
引き継いでいるんだろうなぁと思うと、
それだけで感慨深い。


巨大とかげは、作り物ではないようで、
それだけホッとした。
とかげが着ぐるみじゃ、興醒めだものね(笑)。
人間との合成映像も、
上手くできていたと思う。
リアルタイムで観ていたら、
もっとドキドキできたかも。


地底に、もう一つの海があったというのもいい。
映像が綺麗。
当然、空は無いわけで、
なんというか、
ドームの中に人工の海を作った、
そんな感じ。


ただ、一つ難が。
冒険を始めるまでが、とっても長くて(笑)。
最初の1時間は、
地上での、あーだこーだした場面で眠くなる。
「説明はいいから、早く出掛けてよ」、と言いたくなる(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「アフリカの女王」 [映画]

Africanojoou.jpg
〔1951年/アメリカ・イギリス〕


1910年代。
アフリカのコンゴで、
兄と共に宣教師をしているキャサリン・ヘプバーン。
しかし彼女たちが住む村は、ドイツ軍に襲われ、焼き払われてしまう。
そのショックで兄は死ぬ。


ヘプバーンは、
オンボロ蒸気船、「アフリカの女王」で商売するカナダ人・ハンフリー・ボガートに
助けられるが、
川下の湖に停泊するドイツ軍の船に、
仕返しをしてやろうと言い出す。


彼女は、「手作りの魚雷で、ドイツの艦船を沈没させる」と言うのだが、
ボガートは、
「そんなお粗末な物で、敵をやっつけるの無理だし、
 そもそも、こんなボロ船では湖まで辿り着けない」と反対する。
しかし、強気のヘプバーンに押し切られ、
「アフリカの女王」は出発する。


たった2人の、狭い船での川下り。
最初はギクシャクしたり、
喧嘩していた2人だったが、
次第に心が通い合い、
いつしか、愛し合うようになる。


途中、ドイツ軍のから攻撃を受け、
滝のような激流を越え、
蚊の大群に襲われ、
葦の生い茂る湿地で立ち往生し、と、
様々な困難が2人を襲うが・・・。





タイトル、「アフリカの女王」から、
キャサリン・ヘプバーンが、
女ターザンのように、
アフリカで君臨する話かと勝手に思っていたが、
全然違っていた(笑)。


全編、ほぼ川下りに終始し、
アフリカらしい、猛獣に襲われるなどのシーンは無い。
襲ってくるのは、
蚊の大群と、ボガートの体にくっつく蛭くらい(笑)。
(これは気持ち悪い)


シリアスなようで、結構コミカル。
しかも、ハンフリー・ボガートが、
今まで私が持っていたイメージをまるで違っていて驚いた。
彼の映画は5本くらいしか観ていないから、
知ったような事は言えないけれど、
「カサブランカ」とか「麗しのサブリナ」とか「マルタの鷹」なんかの、
オシャレで素敵な役しか知らなかったから。


この映画のボガートは、
ボロ蒸気船を操る、ただのオッサンで、
しかも、酒に酔って、キャサリン・ヘプバーンに暴言まで吐く。
「お前は魅力の無い嫁き遅れ」みたいな事を。


たしかにヘプバーンは、色気のある女ではないけれど、
それを言っちゃ身も蓋もない。
深く傷つくヘプバーンだけれど、
でも、負けてはおらず、ある仕返しをする。


こんな風に、ヘプバーンが強気なところが、
この映画の魅力なのだろう。
もし彼女が、へにゃへにゃの、色気だけの女だったら、
ボガートを助けながら、
様々な困難を乗り越える事は不可能だし、
そもそも、話が成立しない。


ボガートが、アカデミー賞主演男優賞まで取ったこの映画だけれど、
内情は大変だったらしい。


以前、このブログで、
クリント・イーストウッド主演の、「ホワイトハンター ブラックハート」について
書いた。
あれは、この映画の撮影中の出来事を映像化したものだそうだが、
本当に酷かった。
ジョン・ヒューストン監督がやる気ゼロで、
しかも、過酷なアフリカロケでセットはボロボロ。
調べてみると、やはり監督は、
アフリカを撮影地に選んだのは、
象狩りが目的だったらしく、
ヘプバーンは、そんな監督にかなり立腹したようで、
「アフリカの女王とわたし」という本まで出版したという事だ。


もし、この先、この「アフリカの女王」を観るかたがいらしたら、
間を空けずに、「ホワイトハンター~」も観ると、
より楽しめるのではないかと思う。


評価 ★★★☆☆

nice!(22)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「原爆の子」 [映画]

genbakunoko.jpg
〔1952年/日本〕


瀬戸内海の島で、
小学校の教師をしている乙羽信子は、
7年ぶりに、故郷・広島に帰る。


7年前、昭和20年8月6日。
乙羽以外の家族は全員“ピカ”で死んだ。
今回の帰郷の目的は、
“ピカ”で生き残った3人の生徒の様子を見る事だった。


広島に着いてすぐ、
乙羽は盲目の物乞いに出会う。
彼が、以前、自分の父が経営する工場で働いていた
滝沢修だと気付いた乙羽は、声を掛け、彼の家に行く。
滝沢は、“ピカ”が原因で目が見えなくなり、
息子と嫁は死んだ。
たった一人の孫は、養護施設にいると言う。


乙羽は、3人の生徒の家を訪ね歩く。
1人は、家計の為に靴磨きをし、
1人は、原爆症で寝たきり、
そしてもう1人は、元気で暮らしていたが、
両親を亡くしていた。
“ピカ”で足を引きずるようになった姉・奈良岡朋子が、
今日、お嫁に行くと言う。


それぞれが抱える悲しみ・苦しみに、
乙羽の心は曇るばかり。
彼女は滝沢に、
自分が彼の孫を引き取り、
島で育てたいと申し出るが、
たった一人残った肉親と離れて暮らすのは耐え難いと、
滝沢は頑なに拒否する・・・。





化学兵器の恐ろしさは、
戦争が終わって何年経っても、
突然、その後遺症が現れ、死に至る場合がある事だと、
この映画を観ていて、つくづくと感じる。


戦争中、阿鼻叫喚の中を逃げ回るという映画はよくあるけれど、
戦争が終わって数年後に、
人々がどんな暮らしをしているかを描いたという点に、
この映画の意味があると思う。


変な言い方だけれど、
そういう意味で、派手さは無い。
乙羽信子は、淡々と、
原爆の被害者たちと接する。
その瞳はどこまでも優しく深く、
自分も同じ体験をし、家族を失った仲間として、
憐みの気持ちではなく、同じ目線でいるから、
興味本位のような、不快感はない。


乙羽は、久し振りの広島の街を見て、
「川も、空も、美しさはあの日と同じ」と、
心でつぶやく。


川や空は何も変わっていないのに、
街にはまだ、原爆の爪痕が無数に残る。
戦争は、一瞬にして、
人が努力して積み上げてきた幸せを奪う。
月並みな言い方しかできないけれど、
戦争は絶対に嫌だ。


今年、5月29日に亡くなられた、
新藤兼人監督の作品。
脚本も監督が書かれている。


新藤監督の凄い所は、
この映画のような、
社会に問題提起するような作品もあれば、
「安城家の舞踏会」のような華族物、
そして、「卍」のような性典物(というのか分からないけれど)まで書けちゃう、
その幅の広さ。
私のような者が書くのもおこがましいが、
素晴らしい才能の持ち主だったのだなぁと、
尊敬する。


評価 ★★★★☆

nice!(21)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画