So-net無料ブログ作成

「バーレスク」 [映画]

Burlesque.jpg
〔2010年/アメリカ〕 


ロスでショークラブ、“バーレスク”を経営するシェール。
アイオワから出てきた、歌手志望のクリスティーナ・アギレラは、
“バーレスク”の舞台を見た瞬間から、そこに立ちたいと熱望し、
強引にウエイトレスの仕事を手に入れる。


チャンスは中々やって来なかったが、
オーディションでダンスを披露し、なんとか端役の座につく。


クラブのスターであるクリステン・ベルは、
酒癖が悪く、シェールの頭痛の種。
ある日、また酒を飲んで遅刻してきたベルに怒ったシェールは、
ベルの場所にアギレラを据えると宣言、実行する。


ベルはショックのあまり、アギレラにある嫌がらせをするのだが、
それを逆手に取ったアギレラは、
初めてその才能を披露し、シェールやスタッフやダンサー仲間や客を
あっと驚かせるのであった。


その場面こそ、この映画の最大の見せ場だ。
映画を観る者は、
アギレラの歌の上手さに酔い痴れ、
さらには、どんな意地悪にも負けない強い彼女に、
シンパシーを感じずにはいられない。


全体を通して、ショーの場面が圧巻。
クラブの雰囲気も熱く、
酒とタバコと化粧の匂いが、こちらまで漂ってきそうだ。
その他の恋愛部分や、クラブの経営難のエピソードなど、
まるで取ってつけたような印象で、
いっその事、ショーだけ見せてほしいと思ったくらい。


シェールがアギレラに、母親のように化粧の仕方を教える場面や、
アギレラが、ダンサー仲間と次第に溶け込んで行く様子が良かった。
そういう意味でも、やっぱりこれは女の子映画なのね。
ちなみに観客もギャルばかりでした(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

「武士の家計簿」 [映画]

bushinokakeibo.jpg
〔2010年/日本〕


堺雅人。
嫌いじゃないし、
もし私生活でこの人と知り合ったなら、
とても良い人なんじゃないかと思わせてくれるのだが、
(あくまでもイメージだけど)
俳優さんとして見ると、
なんだか気の毒になる時があるんだよね。


どんなに厳しい表情を作っても、
なんだか笑っているように見える、あの顔。
物凄く、役の幅が狭められているように思える。
そしてスクリーン全体までユルく見えてくるような気がする。


それにしても、この映画。
ユルかったなぁ。
これは堺雅人のせいばかりではあるまい。
武士である堺が、算盤をはじく、
今でいう経理の仕事をしているのだけれど、
これといった事件もなく、
結婚して、子供が生まれて、親が死んでって、そんなお話。


堺は、新婚初夜から、結婚式の経費を家計簿につけるような男だ。
なのに、自分の家の財政が逼迫している事を、
妻である仲間由紀江から知らされるまで気付かないの。
ものすごく変。


そこで彼は、家にある金目の物を全て売り払うのだけれど、
思い出の着物を売るのはイヤだと泣く松坂慶子が、
あまりにも太っていて驚いた。
その着物、あなたが着るのはもう無理でしょ、と言いたくなる。
あんなに美しかった彼女はどこに?


それに、年月が流れて、
堺と仲間が舅姑になったというのに、
仲間が老けメイクをしないものだから、
息子の嫁と一緒にいても、
若い女が二人いるみたい。
せめて白髪まじりのかつらでも被りゃいいのに。


評価 ★★★☆☆

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ソーシャル・ネットワーク」 [映画]

social.jpg
〔2010年/アメリカ〕


この間の、「相棒 劇場版2」に続いて、
なぜかまた、今度は「ソーシャル・ネットワーク」の試写会が当たった。
一体どうしちゃったんだ?と言いながら、顔が笑ってしまう。
すごく得した気分。





現在、世界最大のSNSである「フェイスブック」。
それをわずか19歳で立ち上げた、
当時学生だったマーク・ザッカーバーグの青春物語。 


ハーバード大学の学生であるマーク・ザッカーバーグは、
そのエリート意識が災いして、
彼女に振られてしまう。


その腹立ちから、ブログに彼女の悪口を書いたり、
ハッキングして、女の子写真を集め、
ルックスの人気投票をしたりと、
倫理的に問題な行為をしていた所、
そのコンピュータ能力に目を付けた友人から、
今まで無かったような、ネットワークを立ち上げようという話が持ち掛けられる・・・。





ネットに巣食う人間の一人として、
私も数々のサイトを利用し、活用してはいるが、
いつも心のどこかで、
場所を借りてる感をぬぐえずにいる。


なので、
「フェイスブック」に限らず、
様々なサイトを最初に立ち上げた、
あちら側の人々に興味を持ってきたが、
やはり、成功するまでには様々な物語があるものだなと思った。


それほどの思い入れもなく立ち上げた「フェイスブック」というサイトが、
あれよあれよという間に、一人歩きを始め、
雪だるま式に大きくなっていった、
そんな印象を受けたし、
成功物語には、多かれ少なかれ、
そういった部分があるのかな、とも感じた。
(イギリス人が、
「アメリカにもフェイスブックはあるのかね」と言ったセリフが可笑しい)。


それから私には、サイトの成功よりも、
マーク・ザッカーバーグとエドゥアルド・サベリンの友情の行方が、
物凄く気になった。
サベリンは、とても利口だし繊細な人間だ。
恋人に詰め寄られて、パニックになってしまう気弱な部分もある。
ザッカーバーグは、もっとサベリンを大事にしなきゃ、って。


キャメロン・ウィンクルヴォスとタイラー・ウィンクルヴォスの双子が、
アーミー・ハマーの一人二役というのも、後から知って驚き。
全くそんな風には感じられず、本当に双子なのだと思っていたから。


全体的に畳み掛けるようなセリフが凄く、
ボンヤリとはしていられない感じだが、
ハーバード大学の学生たちの雰囲気が楽しめたのも良かった。
やはり彼らのエリート意識って、
相当に高いものがあるのね。
でもそれが鼻につくわけではない。
努力してるんだから、当然だしね。


評価 ★★★☆☆

nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(51) 
共通テーマ:映画

「百万長者と結婚する方法」 [映画]

hyakumanchouja.jpg
〔1953年/アメリカ〕


映画を観る時は、
なるべく予備知識なしで臨む事にしているのだが、
この作品を観るまで、
主役はてっきりマリリン・モンローだと思い込んでいた。
もちろんモンローも三人娘の一人として、
素晴らしい活躍をしているが。


ローレン・バコール、マリリン・モンロー、ベティ・グレイブルの三人は、
「男は金だ!」とばかりに、
金持ち男を摑まえるべく、婚活に励む。


三人がきちんとキャラ立っているので、
それぞれの恋愛模様が楽しめる。
美人でハスキー声のバコールは大人っぽい魅力で、
グレイブルは明るいワガママ娘、
そして、なんと言っても可愛いモンロー!


今回、ド近眼という設定のモンローは、
メガネが無いと何も見えず、
本も逆さまに読む始末。
モンロー=お馬鹿さん、という図式はいつもの事だが、
役に徹している彼女は本当に素敵。


結局、大切な物は金より愛だという結論に落ち着くのは、
コメディだから当然だが、
ラスト、ある理由で三人娘が椅子から転がり落ちるのが可笑しい。


評価 ★★★☆☆

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「歩いても 歩いても」 [映画]

aruitemo.jpg
〔2007年/日本〕


どこにでもありそうな、普通の家族の、
たった二日間を描いた映画。
大きな事件は起こらないが、
登場人物同士の心の持ちようと、
ふとした瞬間に見せる本音が少し怖い。


樹木希林と原田芳雄夫妻の家に、
娘のYOUと、その夫の高橋和也と二人の子供、
そして、
息子の阿部寛と、その妻の夏川結衣とその連れ子が集まる。


今日は、一家の長男の命日だ。
長男は15年前、海で溺れた少年を助けようとして、
命を落としたのだった。


阿部は現在無職だが、その事を親には内緒にしている。
そもそも、阿部と元開業医の原田はソリが合わず、
口を開けば、互いに嫌味の応酬が続くのだ。


樹木とYOUは仲の良い母娘に見えるが、
YOUは親の家を二世帯向きに建て替えて住もうと画策しており、
しかし樹木は中々「うん」とは言わない。
高橋に気を使うのが嫌だし、孫たちが煩いというのが本音だ。


樹木と夏川は、嫁姑としてはとても上手くいっているように見えるが、
夏川は、樹木が夏川の子にパジャマを用意していなかったなど、
細かい事が気になる。
樹木も、夏川が再婚である事が実は気に入らない。


家族であっても、
皆、本音と建前がある。
原田が昔、浮気していた事なども、
樹木はさりげなくほじくり返す。
その時の思いを彷彿とさせるレコードまでかける始末。


「言いたい事を言えるから家族」という言葉もあるが、
家族だからこそ、他人より気を使わねばならぬ部分もあると私は思う。
心の距離感が他人より短い分、
傷つけ合い始めたら、どこまでもどこまでも際限なく続いてしまうのも、
また家族だからだ。


この映画の家族の場合、
長男を亡くしているというのが肝だろう。
何をしていても、結局行き着くのは長男の死であり、
その呪縛から逃れられない。


長男が助けた少年ももう25歳になっており、
命日には必ず呼んでいるようだが、
優しい言葉を掛けておいて、
彼が帰った後の、樹木と原田が見せる彼に対する憎悪は、
計り知れないものがある。
まぁ、多分私が樹木や原田の立場だったとしても、
同じ事を思ったり言ったりするに違いないと思ったけれど。


評価 ★★★★☆

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画