So-net無料ブログ作成

「空飛ぶタイヤ」 [映画]

soratobutire.jpg
〔2018年/日本〕


ある日の午後。
走行中のトラックから脱落したタイヤが、
偶然歩いていた、
小学生とその母親に激突。
子供はかすり傷だったが、
母親は即死する。


事故を起こしたトラックの
運送会社社長・赤松(長瀬智也)は、
整備不良だと世間から叩かれ、
会社は経営危機に。


しかし、そのトラックの、
構造上の欠陥に気付いた赤松は、
製造元のホープ自動車に調査を依頼するが、
埒が明かない


一方、
赤松から、しつこく調査依頼されていた、
ホープ自動車販売部の課長・沢田(ディーン・フジオカ)は、
赤松の訴えが、
あながち間違ってはいないのではないかと
考え始める。


また、ホープ自動車の系列である、
ホープ銀行の行員・井崎(高橋一生)は、
ホープ自動車の経営計画に
疑問を抱き始める・・・。





試写会で観た。


大変に見応えのあるドラマだった。
さすが、人気作家・池井戸潤さん原作だけの事はある。


中小企業の社長が、
タイヤの脱落事故を、
自社の整備不良のせいにされ、
大企業に立ち向かっていく様子が、
めっちゃ面白い。


ニュースなどで、
大企業の不正が表沙汰になり、
大きく報道される時があるけれど、
その陰には、
この映画のような、
誰かの努力や、徹底した証拠固めが行われたんだろうなぁと、
あらためて、知る思い。


なぜなら、大企業は、
あらゆるものを抱き込んで、
不正を隠滅しようとする。
系列銀行や、莫大な広告料を払っている雑誌社や、
下請けの中小企業に圧力をかけるなどして。


ただ、そんな中、
大企業の社員だって、
悪人や、事なかれ主義の人間ばかりではないという
設定がいい。
自社の不正に気付き、
告発を決意する者が出てくる。


そして、それに気付いた、
上の者の嫌がらせ。
左遷させたり、
窓際に追い込んだり。


中小企業だから、とか、
大企業だから、とか、
そんな事は関係なく、
生きるって、なんて大変なんだろう、
働くって、なんて大変なんだろうと、
心で何度も呟く。


岸部一徳演じる、
大企業の取締役は、
殺意を覚えるほど憎らしい。
この態度、この考え方、
企業に限らず、
昨今、世間を騒がせている、
納得いかない様々な出来事と
通じるものがある。


そして、
水戸黄門みたいなオチに、
溜飲が下がる。
勧善懲悪。


死者が出ている物語なので、
スッキリというわけにはいかないけど、
でも、
怒りを覚えるニュースが多い、現実の世の中、
せめて映画くらい、と思うかたには、
絶対おすすめです。


評価 ★★★★☆

nice!(64)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

nice! 64

コメント 6

うりくま

池井戸潤の小説で最初に読んだのが
この作品でした。実際の事故が元に
なっていたようですが、手に汗握る
展開に夢中になりました。たくさん
ドラマ化されていても映画化は初
だったのですね。配役も良さそう!
by うりくま (2018-06-11 20:37) 

hatumi30331

WOWOWで、連続ドラマやったのよ〜
見ごたえあるよね。
社会派の内容、好きです!

でも、昨日は録画していた映画「君の膵臓を食べたい」観て泣いてました。へへ; 私、かなり青春物が好きなようです。(笑)
泣ける映画観て、涙の量が増えてるか検証してるって事もあります。
なんてね〜半分ほんま。
by hatumi30331 (2018-06-12 08:27) 

青山実花

うりくまさん
コメントありがとうございます。

原作、読まれてますか!
映画があれだけ面白かったのですから、
原作はもっと丁寧で面白いのでしょうね。
私も読んでみたいです。

この映画、人気俳優さんを集めて、
かなり力が入っていますね。
機会がありましたら、
ぜひご覧になってみてくださいね。

by 青山実花 (2018-06-12 13:49) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

ドラマ化もされていたのですね。
社会派の内容は緊張感があって、
面白いですよね。

「君の膵臓を食べたい」は、
今度はアニメにもなるそうですね。
自分が何を観ると泣けるのか、とか、
なぜ、こんな何でもない場面で泣けるか、とか、
映画を観ながら考えるのも、面白いですよね^^

by 青山実花 (2018-06-12 13:49) 

裏・市長

今時のメーカーは、自社の過ちを認めない。
絶対に認めない。

DVDドライブの調子が悪くて、
修理に出したんですけど、
修理完了して戻って来ても、直ってない。

メーカーの言い方も「故障」とは絶対言わない。
「不具合」と言葉を置きかえる。なんでやねん?。

結局、再修理を4回繰り返したが、
症状は解消されなくて、7.000円程度のものだったので、
手間暇考えたら、買い替えるほうがマシ!と、
新しいのを買った。

メーカーが己の過ちを認めてズラリ並んで、
謝罪会見するなんて、よっぽどの事やで、正直。

なのでオレも絶対に謝らないゾ!。
もっともオレは何も悪くない!。
青山実花さんのほうこそ、
胸に手をあてて、よく揉ん…いや、考えてみよう!。
by 裏・市長 (2018-06-13 22:45) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

わたくしだって、
絶対謝りませんわ。

だって、わたくしの何が悪いと言うのでしょう。
今まで、
静かに、平穏に、淡々と
映画ブログを続けてきただけだというのに、

ある日突然、現れた、
裏・市長という人からの、
嫌がらせ、セクハラ、ストーカーな
コメントの数々。

でも、ひるんでいては、裏・市長という人の思う壺でございます。
ここは毅然とした態度で、
嫌がらせ返信をしなくては。

そして、ブログを辞める時が来たら、
裏・市長という人も引きずり込みますわ。
なぜ私だけが辞めなくてはいけないのでしょう。
こうなったもう、一蓮托生ですわ。

by 青山実花 (2018-06-15 23:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。