So-net無料ブログ作成

「ワンダー 君は太陽」 [映画]

wonderkimihataiyo.jpg
〔2017年/アメリカ〕


オーガスト(ジェイコブ・トレンブレイ)は、10歳の男の子。
トリーチャーコリンズ症候群という病気のせいで、
他の子とちょっと見た目が異なっているため、
今までに27回も手術を受けてきた。


学校には通わず、
家庭学習をしてきたけれど、
ママ(ジュリア・ロバーツ)は
パパ(オーウェン・ウィルソン)の反対を押し切り、
オーガストを5年生から通学させる事に。


新学期前の夏休み、
ママと一緒に学校に行ったオーガストは、
学校を案内するという、
3人の同級生、
ジャック、ジュリアン、シャーロットと出会う。


そんなこんなで、
オーガストの、
初めての学校生活が始まるのだが・・・。





試写会で観た。


先天性の疾患のせいで、
見た目が他の子と異なり、
家庭学習していた10歳の少年・オーガストが、
初めて、学校という社会に出て、
様々な事を体験しながら、成長する物語。


オーガストの見た目は、
確かに、他の子と違っているけれど、
彼はとても聡明で、
考えも大人びている。


だからこそ、
初めての学校での、
容赦ない、
子供の視線や、言動に傷つく。


子供は、時にとても残酷で、
自分と違っている人間を受け入れない。
「みんな違ってみんないい」なんて言えるのは、
大人だからであって、
子供というのは、
経験値が少ない分、とても狭量だ。


この映画のいい所は、
オーガストの目線だけでなく、
登場人物それぞれの立場から、
物事が描かれている事。


例えば、オーガストの姉は、
オーガストの事は大好きだけど、
それとは別問題として、
両親の愛情が、
ともすればオーガストの方に多く行きがちな事に
気が付いていて、
でも、我慢している。


母親も、
やりたい事は沢山あるけれど、
やっぱりオーガストが大切なので、
諦めている面がある。


友人にしたって、
家に帰れば、
学校とは違う、それぞれの事情がある。
それを考えさせられるこの映画はいい。


それから、
オーガストをいじめていた少年に対する
校長先生の毅然とした態度がいい。


揉み消そうとしたり、
加害者側を庇う事など一切しない。
日本の一部の学校も、
そういう所を見習った方がいいんじゃないのか。


それから、一つ。
オーガストの姉の友人役を演じている、
ダニエル・ローズ・ラッセルという18歳の女優さんが
可愛くてビックリした。
これから出てくるのかしら。
伸びるか伸びないかは、本人次第だと思うけど、
ちょっと注目。


評価 ★★★☆☆

nice!(61)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

nice! 61

コメント 8

U3

見てみたいね。
by U3 (2018-06-07 17:57) 

馬爺

おはようございます。
映画はほとんど見た事が無いんですが最近アマゾンで映画が見れるのでそれを見たりしております。
by 馬爺 (2018-06-08 06:59) 

mitu

ジュリアロバーツのお母さん役が好いらしいですね。
 誰もがみんな、それぞれの悩みや事情をかかえて生きている
だから、生きているだけでエライことなのだと思います(^^)v


by mitu (2018-06-08 16:29) 

青山実花

U3さん
コメントありがとうございます。

中々感動的でしたので、
ぜひご覧になってみてくださいね。

by 青山実花 (2018-06-10 10:00) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます。

今は、色々な媒体で映画が観られますし、
以前より、本数も増えて
楽しいですよね^^

by 青山実花 (2018-06-10 10:01) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます。

ジュリア・ロバーツは、
美人で優しくてカッコいいお母さんを
演じていました^^

悩んだり、悲しかったり、
でも、嬉しい事や楽しい事もあって、
生きるってそういう事なのでしょうね^^

by 青山実花 (2018-06-10 10:01) 

su-nya

インスタグラムに、
たぶんこの病の父子の写真が載っていました。
美醜ではなく、「普通じゃない」その姿は衝撃的です。
今、ひょんなことから障害のある人と関わる
仕事をしています。ご本人、ご家族、大変なことがたくさん
あると思い知ります。
「普通」でも生きづらい世の中、それでも生きていく、
生きるという重さも。

by su-nya (2018-06-14 21:35) 

青山実花

su-nyaさん
コメントありがとうございます。

日本人でも同じ病気の青年が
ニュースになっていましたね。
見た目は衝撃的でしたが、
優秀な好青年でした。

障害のある方と関わるお仕事ですと、
色々考えさせられることも多いのでしょうね。
生きづらさについては、
私も日々思うところがあります。

by 青山実花 (2018-06-16 16:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。