So-net無料ブログ作成

「レディ・バード」 [映画]

ladybird.jpg
〔2017年/アメリカ〕


カリフォルニア州サクラメントの
高校生・クリスティン(シアーシャ・ローナン)は、
自分を「レディ・バード」と名付け、
家族や友人にも、そう呼ばせている。


クリスティンは、
東海岸の大学に進学したいと考えているが、
地元の大学に行かせたい母と大喧嘩。
父は現在失業中で、
看護師をする母の収入だけでは、
色々難しい。


そんなクリスティンに恋人ができる。
彼・ダニーは、
クリスティンを大切に思っているからと、
キス以上の事をしなかったが、
その後、ある出来事があり、
クリスティンは衝撃を受け、彼と別れる。


次の恋人・カイルと、
初めての体験をしたクリスティンだが、
彼の言葉に傷つき、ショックを受ける。


母に内緒で受けた、
東海岸の複数の大学から、
合否の通知が届いた。
一校だけ、補欠合格したクリスティンは・・・。





試写会で観た。


アメリカの中都市に住む、
女子高生・クリスティンが、
何とか現状を打破したい、
ここから出て、もっと違う世界で生きてみたいと願う様子を描いた、
青春物。


女子高生からは
もうずっと遠い所にきてしまった私だけれど、
クリスティンの気持ち、
ちょっと分かる。


彼女は、自分に「レディ・バード」と名付けて、
周囲の人にも、
そう呼ばせたりしているけれど、
私も自分の名前が、
結構最近まで大嫌いで、
自分から名乗る事はなかったし、
差支えない場所では、
違う名前を名乗ったりした事もあって。


注目すべきは、
クリスティンと母親との関係。


2人の関係は、
決して良好とは言えず、
常に反目し合っている。


自分の名前の好き嫌いって、
やっぱり、それを付けた親との関係性もあるんじゃないかと、
普段からちょっと思っていたので、
この映画で、
あ、私の考えていた事って、
あながち間違いでもないんだ、と
嬉しくなったりして。


でも、
クリスティンと母親が
一緒にドレスを選ぶ時、
すごく気の合った様子を見せて、
2人ではしゃいだりするのを見ると、
人間の感情って、
1つでなく、
複雑に絡み合ってるのよね、とも思ったり。


恋人との関係も、
面白かったな。


パンクなクリスティンは、
早く初体験をしたいのだけれど、
最初の恋人とはそれが叶わず、
次の恋人と、チャレンジ(笑)。


そして無事、目的達成した(笑)はいいけど、
やっぱり色々あって。
恋愛は、
若いから、とか、
年食ってるから、とか関係なく、
傷つく事は同じなのかも。


最近の私は、
少し自分の名前を好きになり始めている。
いい年ぶっこいて、
超今更感あるけど、
少なくとも、この先の人生、嫌いなままで生きていくよりは、
良かった。


評価 ★★★★☆

nice!(59)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 59

コメント 2

裏・市長

>>自分に「レディ・バード」と名付けて、
>>周囲の人にも、そう呼ばせている。


ヘンなオンナ!。

ワシの近所にも自称「暗闇のジョー」、
自称「波乗りジョニー」というのがいたが、
陰ではみんな、「ブータン国王」「エテキチ」と
呼んでいた。

>>自分の名前が最近まで大嫌いで。

え~~~~~~~~~~~~~っっ!。
いい名前じゃん!。

>>違う名前を名乗った事も。

それって水を売りますお商売ですか?!。
それとも小林旭の歌ですか?。

いい名前ですよ。実に女の子らしい名前です。
きっと色んな思いを込めてご両親が
つけられたのだと思いますよ。

ボクはいつもかわいらしい名前だなぁと、
思いながら呼ばせていただいてます。

もう、何度も何度も呼びますよ。
あなたが自分の名前を大好きになるまで、
呼んで差し上げましょう。

高田の中心から愛をさけびながら。

もちろんブログネームの「青山実花」ではなく、
本名の「ケメ子」と・・・。
by 裏・市長 (2018-06-04 09:03) 

青山実花

裏・市長さん、
あなた、自分の人生、産まれてから死ぬまで、
「ケメ子」という名前で
生きなくてはならならい
わたくしの苦悩をご理解いただけないのですか。

「ケメ子」ですよ、「ケメ子」。
漢字で書いたら、「毛目子」なんですよ。
何処へ行っても
笑われるんですよ。
昨今流行りの、ドキュンネームなんてもんじゃないんですよ。


だから、銀座のホステス時代は「アンジェリーナ」、
錦糸町のバーでは「クリスティーン」、
川崎では「カトリーヌ」と名乗っておりましたのよ。
今の鶯谷では「マドンナ」で出ておりますので、
ご指名、宜しくお願い致します。


裏・市長さんのお友達のお名前も
素敵ですわね。
特に、「波乗りジョニー」なんて、
大和高田市にピッタリ。

その方は、いつも、
大和高田海岸でサーフィンなさるのでしょう?

なにせ、大和高田海岸といえば、
サーフィンのメッカ、
世界中のサーファーの憧れの海ですものね。

いつかあの海で、
一緒に焼きそばを食べたいものですわね。
それ日まで、アディオス!

by 青山実花 (2018-06-04 10:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。