So-net無料ブログ作成

「ふんどし医者」 [映画]

fundoshiisha.jpg
〔1960年/日本〕


大井川の近くで、
医者をしている小山慶斎(森繁久彌)。
彼は、徳川家の御典医になれる
能力がありながら、
貧しい者たちのために、
この地に残って開業したのだ。


妻のいく(原節子)は、
慶斎によく仕えていたが、
半丁の勝負事が大好き。
そんないくを、
慶斎は心から愛している。


ある日、近所のチンピラ・半五郎(夏木陽介)が、
腹を刺され、
慶斎は、腎臓の片方を摘出するという
大手術を行う。


半五郎はそれをきっかけに心を入れ替え、
医者になる決意をし、
長崎に渡った。


8年後、立派な医者になり、
帰ってきた半五郎に慶斎は驚き・・・。





凄いな。
凄いものが色々詰まってる。
いい映画だ。


森繁久彌演じる慶斎という医者は、
大変な能力の持ち主でありながら、
大井川の近くで、
貧しい者たちのために、
安い治療費で診療をしてやっている。


そう聞くと、
まるで神様のような人だと思われそうだが、
それだけではない。


慶斎は、
長崎で最新の医学を学んで
帰ってきた半五郎の知識に、
激しい嫉妬心を燃やし、
自分の診断に異を唱えた半五郎の意見を
受け付けない。


能力もパーフェクト、
人間性もパーフェクトな人など、
いはしない。
どんな人間にでも、
嫉妬心はあるし、
それがコントロールできず、
表に出てしまう事もあるだろう。


そこをきちんと描いている、
この物語は面白い。
この映画に
深みを感じる一因だ。


それから、
森繁さんも凄いけど、
もっと凄いのが、
妻のいく役を演じた原節子さん。


はぁ。。。
もう溜息しか出てこない。
なんてなんてなんて素敵なの。
いくは貞淑な妻で、
夫に献身的に尽くしているのだけれど、
でも、博打が大好き(笑)。


賭場に夫を伴って行き、
賭けをし、
持ち金がなくなると、
夫の着物を脱がしたりしている(笑)。


私は賭け事をした事はないけれど、
自分を失わず、
ストレス解消として、
遊ぶのなら、
それはいい利用法かも、と思ったりもして。


半五郎の夏木陽介さんも、
彼の恋人の江利チエミさんも、
そして、
慶斎の親友役の山村聰さんも、
とにかくみんな、
凄くいい顔している。
いい映画だった。


評価 ★★★★☆

nice!(60)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

nice! 60

コメント 10

green_blue_sky

素敵な作品なんですね。
見てみたいけど、この映画見るにはどうしたらいいのやら(^_^;)
by green_blue_sky (2018-05-13 14:55) 

裏・市長

ばくち狂いの原節子さんなんて、
なかなか見られないよ!。

ばくち狂いの青山実花さんが見てみたいので、
今度、関西にカジノが出来るらしいんですよ。
ぜひ、ご一緒いたしましょう。

そこでボクはこう言うでしょう。

実花、今日はキミの誕生日だったね。
よし、実花の誕生日、13月32日、
1332に全財産だ!と。

その後の運命は神のみぞ知るでしょう…。


しかし、この作品もほとんどの出演者が
鬼籍に入ってしまわれた。
時の流れとは無情なものよのぅ・・・。

まぁ、現在公開されている最新作だって、
50年、60年後はクラシック扱いされて、
出演者の多くは亡くなっているのだろう。

その時、またコメントを書きに来ますね。
「のみとり侍」の阿部寛という俳優が昔、おってのぅ。
彼の代表作は「はいからさんが通る」じゃ・・・と。
by 裏・市長 (2018-05-14 01:20) 

mitu

ふんどしスタイルのお医者さんなのですね^^
ふんどしで手をふいたり、いざという時には包帯になったりも!
・・・それはないね(^^ゞ
by mitu (2018-05-14 06:56) 

馬爺

コメディ委ではないようですね、森繁さんと云えばすぐに浮かぶのがコメディイなんです。
by 馬爺 (2018-05-14 10:59) 

Ginger

現在の医療はヒポクラテスの教えはないなー、と感じてます、お医者様を生み出す環境も。。。ふんどしドクターも今のドクターも人間なんだけど。。。
by Ginger (2018-05-14 11:50) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます。

この映画は、
名画座でたまにかかっているようです^^

by 青山実花 (2018-05-22 21:23) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

今日という今日は、
本当にビックリいたしましたわ。

裏・市長さん、なぜ、
わたくしの誕生日をご存知なのですか?

いままでは、「まさか」と思いながらも、
その疑惑を、心で打ち消して生きてきましたの。

でも、今、ここでハッキリお尋ねいたしますわ。
裏・市長さんは、私をストーキングしているのですか?
家に忍び込んで、
私の年金手帳を勝手に見たんですか?
私がいくら年金をもらっているのかも
知っているんですか?

そうねぇ、
時の流れは無常ですわねぇ。

なにせ、女学校時代の同級生、
原節子ちゃんも、
この間死んでしまいました。
裏・市長さんのご学友の森繁さんも、
もうとっくにこの世にはおられませんものねぇ。

阿部寛?
あんな青二才、問題外でございますわ。

by 青山実花 (2018-05-22 21:23) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます。

そうなんです、
ふんどしは、ふんどし以外の用途があって、
便利・・・
・・・って、それはないね(笑)。

by 青山実花 (2018-05-22 21:24) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます。

これも、コテコテではないですが、
コメディの要素もいっぱいで楽しいです。

by 青山実花 (2018-05-22 21:24) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます。

現代の医療・・・
あまり病院に行かないので、
現状がわからないのですが、
やっぱりそうなんですかね。

いつかお世話になる日がきたら、
色々観察したいと思います。

by 青山実花 (2018-05-22 21:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。