So-net無料ブログ作成

「娼年」 [映画]

shonen.jpg
〔2018年/日本〕


リョウ(松坂桃李)は、
一流大学の学生でありながら、
学校にはロクに行かず、
バーでバイトをするだけの、
無気力で覇気のない青年。


ある日、彼は、
客としてやって来た御堂静香から、
秘密クラブ「パッション」の一員となるための
試験を受けないか、と言われる。


その試験とは、
静香の娘と、静香が見ている前で性交し、
合否を決めるというもの。
静香は不合格の採点だったが、
娘がリョウを気に入ったため、
辛うじて合格となる。


男娼として働き始めたリョウは、
客である、女性たちから気に入られ、
「パッション」の中で、
VIP待遇に昇格してゆくが・・・。





公開前から、
主演の松坂桃李くんが、
全力で性行為の場面に臨んだと、
話題になっていた一作。


私は知らなかったけれど、
彼は舞台でも、
リョウ役を演じているという。


確かに、性交の場面が殆どで、
それも、激しい。
AVに近いものがある。


しかも、上手く撮っている。
ボカシが入るわけでもなく、
でも、肝心の箇所は見えないように。


と思っていたら、
監督は、「愛の渦」の三浦大輔さんなのね。
なんか、納得、というか。
 ↓
http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2014-03-27


映画を観ながら、
男が女を金で買うのと、
女が男を金で買うのとでは、
もう全然、意味が違うんだなぁと、
あらためて思う。


男は、
女を買ったとしても、
性欲が満たされれば、
とりあえずスッキリ(?)して、
帰ってゆくって気がするんだけど、
(私のイメージか?(笑))


女は、やっぱり、
例え金で買った男だとしても、
ある程度、心を求めるというか、
自分語りをしたり、
相手の話を聞きたがったり、
そして、なぜ自分は男を買ったのか、という、
理由付けも必要なようで。


それはもう、
性差だから、仕方がない。
女というのは、
そういう風にできているんだと思う。
もちろん、例外もあろうけれど。


松坂君が、
同級生の女の子に、
「もし君が、男を金で買うとしたら」という質問をぶつけた時のやりとりが、
一般的な女の反応かなと思うし、
あの女の子より、
ずっと年上の私でも、
同じように答えたと思う。


それから、
多くの人は、
初めての性的体験
(ダイレクトな性交という意味でなく、性を初めて意識した体験)が、
後のその人の性的嗜好に
関係してくる場合が多いんじゃないかなって、
前からなんとなく思っていたのだけれど、


それを証明するような場面があって、
なんか、すごく納得だった。


原作は石田衣良さん。
今度読んでみたい。


評価 ★★★☆☆

nice!(61)  コメント(13) 
共通テーマ:映画

nice! 61

コメント 13

hatumi30331

一人でゆっくり見たい映画。(笑)
石田衣良の原作なのね。
昔は、彼の本、いっぱい読んでたよ。
覚えておかなきゃ!^^
by hatumi30331 (2018-05-06 14:01) 

薔薇少女

この映画見てみたいと思います!
「愛の渦」もビデオ借りて観てみたい!
娼年をググっていたら、『心と体』っていう映画も観たくなっちゃったわ。
やっぱ今『躁』の季節なのか、心が騒ぎだしちゃってるんよ(ウフッ??!)
by 薔薇少女 (2018-05-06 16:58) 

green_blue_sky

男と女で違うのですね(^_^;)
ホストに注ぎ込む女性には、理解不能です。
by green_blue_sky (2018-05-06 18:16) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

私は友達と一緒に行ってしまいました(笑)。
ただ、お互い自分のベストポジションの席に座りたいので、
隣同士には座りませんでした(笑)。

hatumi30331さんも
いつか観てみてくださいね^^

by 青山実花 (2018-05-06 18:46) 

青山実花

薔薇少女さん
コメントありがとうございます。

ぜひぜひ観てください^^
「愛の渦」は、
「娼年」よりコメディタッチで面白いかもしれません^^
「心と体」、私も未見ですので、
調べてみます。

心が騒ぎ出すって、良い事です^^
春ですもの、
どんどん騒いじゃってくださいね^^

by 青山実花 (2018-05-06 18:49) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます。

私はケチなので、ホストにつぎ込む事って、
おそらく一生ない気がします(笑)。

きっとホストに夢中になる女性も、
性欲ではなく、
心の穴を埋めようとしているような気がします。
by 青山実花 (2018-05-06 18:52) 

とし@黒猫

男性の性欲は、子孫を残すための生殖本能ですから、
お腹がすいている時に、美味しい料理があれば、理由や、説明などなくして、賞味するのと同じかと思います。
そのへんの事情が、女性とは考え方が異なると思います。
「心」の優先度が低いがゆえに、家庭を持っても、浮気だなんだ、って、痴話が多いです。
女性の浮気は、実は「本気」でしょ。
左脳と、右脳の違い、大きいですよね。
by とし@黒猫 (2018-05-06 19:12) 

青山実花

とし@黒猫さん
コメントありがとうございます。

私も同感です。
「生む性」と「生ませる性」の違いは大きいと思います。
男性が、できるだけ沢山の女性に
子供を生ませたいという本能なのに対して、
女性が、一生の間に子を生む数には限度があります。
つまり、男性は相手を選ばない、
女性は相手を吟味する、という事なのではと思います。

これはもう、本能なので、
どうしようもないのですよね^^

by 青山実花 (2018-05-06 19:53) 

きよたん

小説が読んで見たくなりました。
by きよたん (2018-05-06 20:28) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

そうなんです、
この内容が、どんな風に文章で表現されているのか、
とても興味を持ちました。
by 青山実花 (2018-05-06 20:48) 

Ginger

確かに・・・キャバクラ行くのとホストに通うのでも、男女の湿度が全然違う気がする。
by Ginger (2018-05-07 16:51) 

裏・市長

全力で性行為の場面に臨むだけで
話題になるのか・・・。

・・・がんばります!。

その時はドキュメントで記事にしてくださいね。
あの!裏・市長がっ!惜しげもなく!脱いだ!、
隠しもせずに!カレーうどんを受け取りに行く!と。

「愛の渦」な!これ、一部では「名作」扱い
されてるっぽくって、一時、月に一回ぐらい見る
機会があったんだよ。

土屋アンナみたいなオバちゃんが実に印象的だった、が、
「名作」というより「迷作」だったわ。
あーゆー場所に恋愛感情を持ち込むのは、
NGだと思われる。引きずられるのも、相手にとっては
迷惑だと思われる。・・・って、「愛の渦」のコメント欄じゃ
ないっつーの。

このような映画は、松坂桃李だから成立するんだろうな。
蛭子能収だったらアウトなんだろうな。
リアルなのは、圧倒的に蛭子能収なんだけれど・・・。
by 裏・市長 (2018-05-08 10:13) 

薔薇少女

調子に乗って、『愛の渦』の記事にも、ムフフ?なコメント
書いちゃいました。。。
残念ながら、映画もビデオもまだ観るには至ってないです・・・
by 薔薇少女 (2018-05-13 15:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。