So-net無料ブログ作成

「ラジオ・コバニ」 [映画]

radiokobani.jpg
〔2016年/オランダ〕


試写会で観た。


2015年。
イスラム国に占領されていた、
シリア北部の町・コバニが解放され、
大学生のディロバンは、
ラジオ局を始める。


そんな彼女の奮闘を描いた、
ドキュメンタリー。


冒頭から、あまりのショックに驚く。


イスラム国に爆撃された建物の中から、
人々が、
パワーショベルを使って、
何かを掘り起こしている。


瓦礫でも片付けているのかと思っていたら、
なんと、彼らが探しているのは、
被害に遭われたかたの遺体で、
傷つき、泥だらけになり、
かろうじて、
「元人間」だっただろうと思われるような、
「物体」が沢山出てくる。


普段、映画の中で、
人の死体は山ほど見ているけれど、
あんなものは作り物なのだと、
この映画の生々しさを見ていると、
それがハッキリと分かる。


遺体をパワーショベルで掘り起こすなんて、と、
話を聞いただけだと、思ってしまいそうだけど、
そんな呑気な事が言えるのは、
平和な国だからであって、
手作業で一体一体掘り起こすなんて、
とてもしている状況ではない事は一目瞭然。


上映後のシンポジウムでは、
この映画を日本で上映するにあたり、
その場面の強烈さに、
気分が悪くなる人が出てくるのではないかと
懸念されたというお話があった。


このコバニという街が、
イスラム国から解放され、
ラジオ局まで開けるようになった事に
ホッとする。


シンポジウムで、
心に残ったお話しがあった。


それはシリアの女性の言葉で、


「シリアは発展途上国ではありません。
 日本とそう変わらない、文化の発達した国です。
 難民がスマホを持っている映像があると、
 ”難民のくせに”みたいな事を言われる事がありますが、
 それは違います。
 難民がスマホを持ったのではなく、
 スマホを持って普通に生活にしていた人が、難民になったのです」と。


私も、
難民の受け入れ、その他の問題に関しては、
色々思う所があるので、
あまり余計な事は言えないけれど、
何も事情を知らないくせに、
知ったような事を言ってはいけないなと、
少し反省したような気持ちになった。


評価 ★★★☆☆

nice!(55)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

nice! 55

コメント 10

don

なんていうか、いい映画を観られましたね。
シリアのドキュメンタリですか。
by don (2018-05-01 12:04) 

馬爺

シリア辺りの方達では習慣の違いがありすぎて難民として受け入れるのは大変でしょうね。
by 馬爺 (2018-05-01 13:35) 

きよたん

知らないことが多すぎるので
こういう機会に遭遇して考えることって
必要だなあと思いますね
by きよたん (2018-05-01 20:42) 

Ginger

ラジオのチカラ・・・!!
by Ginger (2018-05-02 13:02) 

裏・市長

死んでしもたら「元人間」どころか、「モノ」よ。

なんでやろな。
マスコミの扱いも、事件がひとたび起これば、
被害者は顔写真まで晒されて、
ヘタすれば小学校の卒業文集で
将来はso-netブロガーになりたかった…なんて、
事まで報道されてしまう。

故人はそれを望んでいるのだろうか?。
その写真は使ってほしくないのではないか?。

逆に犯人には将来があるから、
個人情報が守られて、ひとたび精神鑑定に
引っ掛かれば、以後は匿名になり、
やがて報道すらなくなる。

死んだ者に将来はない。もう、モノなのだ。

生きながらにして、青山実花さんに
モノ扱いされている裏・市長さんという
物体も存在するけどな!。


…おにいさま…、涙がとまりません。



by 裏・市長 (2018-05-03 11:17) 

青山実花

donさん
コメントありがとうございます。

はい、とてもいい映画でした。
勉強になりました。

by 青山実花 (2018-05-06 21:12) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます。

そうなんです、そこが難しい問題なんです。
現実に、日本が難民を受け入れるのは、
難しいのではないかと想像しています。

by 青山実花 (2018-05-06 21:13) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

この地球上には、
知らない事が多すぎですね。
たまにはこういった映画もいいです。

by 青山実花 (2018-05-06 21:13) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます。

ラジオって、声だけの分、
心に沁みるって事がありますね。

by 青山実花 (2018-05-06 21:13) 

青山実花

おにいさまさん
コメントありがとうございます。


「将来の夢」
               6年2組 青山実花

私の将来の夢は、
so-netでブログを書く事です。
so-netでブログを書くには、
難しい試験にいくつも合格しないと駄目だと、
お母さんが言っていました。
だから、中学に入ったら、
今よりもっといっしょうけんめいに勉強するつもりです。

ブログにはコメント欄というのがあって、
そこに、嫌がらせを書く人もいるそうです。
なんで大人は、そんな事をするのでしょう。
私は嫌がらせなんかに負けない、
強い大人になりたいです。

もしもso-netでブログが書けなかったら、
オリンピックのビーチバレーの選手か、
ノーベル化学賞を取るような学者になるつもりです。

でもやっぱり、一番の夢はso-netでブログを書く事です。

by 青山実花 (2018-05-06 21:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。