So-net無料ブログ作成

「モリーズ・ゲーム」 [映画]

mollysgame.jpg
〔2017年/アメリカ〕

幼い頃から、
父親からモーグルの特訓を受けていた
モリー・ブルーム(ジェシカ・チャステイン)は
ソルトレイクシティオリンピックの
代表選考会で、大怪我をしてしまい、
選手生命を絶たれる。


ロスに行き、
クラブで働き始めたモリーは、
そこで知り合った不動産会社を営むのディーンから
ポーカーゲームのアシスタントを
頼まれる。


ポーカーはど素人のモリーだったが、
そのコツを掴み、
あっと言う間に、テクニックを磨いてゆく。


それを快く思わないディーンは、
モリーを解雇するが、
モリーは自らが、
ポーカーゲームの経営に乗り出し、
大成功する。


しかし、FBIに目を付けられた彼女は・・・。





試写会で観た。


モリー・ブルームといえば、
アメリカでは、知らない人がいないらしい。


凄いなぁ、
こういう人っているんだなぁ、
というのが、
最初の感想。


だって、彼女は、
大学は主席で卒業、
オリンピック級のスキーヤーでもあり、
ポーカーを覚えれば、
大変な凄腕、
経営者としても大成功って、
なにもかもがパーフェクトじゃないか。


それに、
おそらく人間としても、
大変に魅力的なのだろう。
そうでなければ、
彼女のサロンに、
それだけの人が集まるわけがない。


それにしても、
やっぱり、
「秘密クラブ」ってあるのね(笑)。


モリーの経営するポーカーサロンは、
賭け金最低でも1万ドル、
顧客はセレブばかり。
プリオや、ベン・アフレックや、トビー・マグワイアも
名を連ねていたらしい。


いいなぁ、
一度だけでいいから、
そのような場に行ってみたいけど、
モリーの招待状がなければ、
覗くこともできなかったそうだ。


そりゃあ当然か。
私みたいなミーハーが
そんな所で、
キャーキャー騒いだりしたら、
「秘密」でもなんでもない、
ただのゲームセンターになってしまう。


モリーは、
そんな派手な世界にいたけれど、
実際の彼女は、
真面目で堅実な人のように思える。


ポーカーのアシスタントになったのも、
最初は頼まれただけで、
特別野心があったわけでもないし。


つまり、最初からギラギラして、
狙っていかなくたって、
出来る人は、
何をしても出来るって事だわね。


評価 ★★★☆☆

nice!(53)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

nice! 53

コメント 1

裏・市長

実話なのか・・・。すげぇな。

ポスターを見て思いだしました。

以前、一度青山実花秘密地下大邸宅へ
まちがえてお邪魔した事がありましたが、
青山さんのベッドルームが丁度、
こんな感じで札束を積み上げていましたね。

ボクはなんと怖ろしい世界を覗いてしまったのだ…と、
衝撃を受けて、それから無口で寡黙な男となりました。

もう時効なので、書いてしまいますが、
あの時、実はこれだけたくさんあるなら
バレはしないだろう…とつい魔が差して、
リュックサックひとつ分に詰められるだけの
札束を黙って持って来てしまいました…。

ですが、今も使えずに隠し持っています。
すべての紙幣に「子ども銀行券」と
書かれていたからです・・・。

…青山…許さない…!。
by 裏・市長 (2018-04-18 02:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。